山下和仁の伊藤多賀之

October 08 [Sun], 2017, 1:55
実は、看護師の初任給は仕事の割に少ないと思います。実際に病院に入院して看護師の仕事ぶりをみていると、深刻な患者が入院治療中でなければ、勤務時間内で一定の作業をするだけですが、その仕事量だけでもかなり大変です。重篤なクランケが入院している場合には、ますます多忙となってしまい、精神的にもキツイことになるでしょう。看護師の仕事の中身は入院している患者の医療的なケアだけでなく入院患者の身辺的なサポートもやっています。クリニックで、ナースほど忙しい方はいないだろうと感じます。ですから、そんな看護師の仕事の中味に合った待遇になってほしいと思います。なぜ看護師をやるのかといわれたときに、よくいわれる動機の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。

例えば、一年目の給料で見てみても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも高めだといえるでしょう。
ただし、そんなに高いお給料ももらえるのですから、その分、研鑽に励み、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。


知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語に「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。



何のことか見当がつきますか?これは、食事をとりに休憩してきます、ということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として普段から使用されているようです。そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、その影響です。何であれ現在に至っても普通に使用されているようです。
看護師は病院などで就業していますので、勤務時間が多様です。安定して休日を取得できないといった難題があるでしょう。看護師という職業は医療機関にとって大事な職業ですが、働く立場とってはお世辞にも良いとは言えない就業状態が多いようです。看護師不足の病院も結構あるので、再就職は素晴らしいと思います。


しかし、あまり仕事をしていた時期から経過しているとなんだか不安でしょう。転職を紹介してくれる先などを上手に利用して不安な時に、相談にのってもらえるネットワークを使うのがいいでしょう。看護師が転職をうまくするには、これからのことを考えて早めに行動することが必要です。

また、何に重きを置いて考えるのかを考えておくべきでしょう。これからどうなりたいかを明らかにして、その計画に合った転職先の情報を少しずつ取り寄せてください。
収入、職場の環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考慮しておきましょう。看護職の人がジョブチェンジする動機としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、否定的な事由だったりすると、それだけで評価を下げることになりかねません。要因として現にあったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、建設的にキャリアを積もうとしているということを表明してください。学校を卒業したばかりの新人ですとか、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、労働に見合うだけの残業手当が払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、新人だということは何の言い訳にもならず労働に関する法律に、明らかに違反しています。
残業も完全に仕事のうちですから、せっかく働いたのならその時間分、働いた人に支給されるべきでしょう。もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には表に出ていないものも珍しくありません。


ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、仕事場のカラーといったこともチェックできます。
躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあります。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる