塩酸ロメジリン

July 06 [Sat], 2013, 10:41
片頭痛を起こりにくくするための薬を予防薬と言います。
この予防薬には様々ありますが、代表的な薬として「塩酸ロメジリン」があります。
市販名を「ミグシス」、「テラナス」と言います。

予防薬を飲むことで頭痛の頻度が減ったり、頭痛に伴う吐き気や嘔吐などの症状がなくなったりします。
実際に頭痛が起こってしまった場合には消炎鎮痛薬を飲みます。
これらの薬は早めに服用した方が効果はあがります。

「ミグシス」はファルマシア・アップジョンから、「テラナス」は日本オルガノンから発売されています。
どちらも1錠あたり5mgです。
1日の服用回数は2回で、1回に1錠ないし2錠服用します。
塩酸ロメジリンとはカルシウム拮抗薬の仲間で、日本国内で始めて片頭痛の薬として保険適用が認められた薬です。
脳の血管に向けて作用して、脳血管の収縮を抑えてくれます。
そのため片頭痛の発作回数を減らしたり、時間を短縮してくれたりします。

治療の対象者としては1ヶ月に2回以上片頭痛の発作が起きる人が医療機関を受診すると治療してもらえます。
通常は1日2錠つまり10mgを2回朝食後と夕食後あるいは就寝前に服用します。
症状によっては1日に20mgまで服用量を増やすことがあります。
服用期間は一般的には3ヶ月程度です。
最後薬の服用を中止するときは、1週間から2週間の期間で半量ずつにしていき徐々に減らします。
症状を診ながら進めていき、頭痛の発作が現れなければ服用を中止します。
薬の副作用として、眠気、めまい、ふらつきなどがあります。

おすすめ商品・ネックウォーマー
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ending96
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる