逆流性食道炎

December 31 [Mon], 2012, 11:59
逆流性食道炎とは口から入り食道を通って胃にいきますがその胃に入った食物や胃酸などが何らかの原因で胃から逆流してくることを言います。
以前は胃の機能の低下は高齢の方が中心でしたが最近は食生活の欧米化による脂肪が多い食事、ストレス症状が深刻になり胃の機能障害も若年層から起きるケースが多くなっています。
逆流性食道炎にならないためには消化が良く、脂肪分が少なく、ストレスを貯めない事などが大切になってきます。

鶏のささみ、白身魚等の良質のたんぱく質を含んだ食材は胃に良いと言われています。
またタンパク質を分解するのには大根が優れていると言われています。
寒い冬は大根の「おでん」が美味しいですがタンパク質を分解する大根はサラダや大根おろし等の生をお勧めします。
熱を通す事で大根のタンパク質を分解成分(プロテアーゼ)の効力が減少してしまうからです。

逆流性食道炎とストレスはストレスが貯まる事によって胃酸の分泌が異常に多くなる、胃液の分泌が異常に多くなり食道に流れ込んどり胃の炎症を起こしてしまいます。
ストレスによって暴飲暴食をするとさらに症状は悪化してしまいます。
近年学校や地域での虐め、家庭での虐待等で子供の時代からストレスは問題になってきています。
子供時代からのストレスも逆流性食道炎の若年層かの原因に挙げられています。

食事の欧米化も胃の機能低下を促進します。
以前は欧米諸国で問題になっていましたが最近では日本でも欧米化の食事か若年層から食べる事になってから胃酸の逆流、胸焼け、吐き気、物が飲み込みにくい、胸の痛みだけではなく今までの好物が食べられなくなったり、夜の睡眠が出来なくなる等の症状にも影響しています。

逆流性食道炎は一度症状が起きると慢性化してします症状です。
逆流性食道炎には牛乳、卵、納豆、大根、山芋、キャベツなどが良い食材とされています。
逆流性食道炎に良い食材を上手に活用したバランスの取れた食生活が逆流性食道炎にとってのベストな食事療法なのです。

逆流性食道炎
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:enatu
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/enatu1212/index1_0.rdf