DMと津野

October 15 [Sun], 2017, 18:57
株には詳しくない者が基礎を学ぶためにすべきことは、株式投資について書かれた本を読むことで、一定の評価を得ている本を5冊以上読まなければならないと思われます。株式投資についての本を五冊くらい読めば、それらの本を読み終えての共通する部分は大切なことだということが判明するからです。株の初心者からベテランまで絶対確認しなきゃいけない数値が日経平均なのです。
日経平均というのはトヨタ、ソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日本代表の全225社の株価を平均したものをいうのです。



始めたばかりの人でもしばらく続けて日経平均を確認すれば、株価の大きいトレンドが把握できるようになってくるのです。一発集中の投資を行う方にはそんなに必要ありませんが株とか債権、海外投資など、多様な投資を行うケースではポートフォリオを重要視して投資判断をするべきです。投資に関して一番大切と思われることは、リスク分散型の投資の型ですからポートフォリオによって優れたバランス投資ができているのか、常に確認することが必要でしょう。株では株式チャートによって売買判断を行うという方法が存在します。

そして、その1つの方法が押し目買いという名で知られている方法です。株価が移動平均線と接する値を底値だと考えて、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いなのです。


これまでの経験からいって、今後株価が上昇に転じる傾向が強くなるポイントといえます。

信用取引というのは、現物株や現金を担保にして資金以上の取引ができることや空売りができることが大きな特徴なのです。

特に空売りは下落相場の場合に大きい力を発揮し、うまく利用すれば高い相場でも低い相場でも儲かる武器となります。その一方で、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の方は資金の管理を慎重にすることが大切です。

株投資で失敗しない方法などといった記事や本を頻繁に見かけます。それでも、100パーセント失敗しないことなんてありません。

ただし、ちゃんと勉強して、ルールを決めて投資するなら、成功することもありえるのが株です。

失敗することに怯えたり、一回の失敗で諦めないで学んだ先に、株の楽しみが待っていると思えるのです。



上昇や下落の大きさを時系列で整理するものとしてチャートを分析する投資家は少なくありません。



例えていうと、大きく上髭が伸びてきている場合、その株のローソク足はその後、下がっていくのではないかと見て取ることができますし、ローソク足の長さによって売買のタイミングを決める材料になります。自分は最近株を始めたばかりの初心者で、株式初心者用の本を購入し、読み進めています。役立ちそうな本もあれば、「おや?こっちの本と触れられていることが異なるぞ?」とちょっと疑いを持つ本もありますが、良い部分も悪い部分も一切を勉強していきたいです。


円安の意味とは、円の価値が他国の通貨よりも相対的に下落していることなのです。

一般的には円安の状態になると株が上がりやすいとされています。
輸入により商売をしている企業の場合には輸入にかかるコストがあがってしまい収益減となりますが、逆にいえば、輸出企業の業績は好転します。



つまり、自動車や機械などの日本製の商品が売れやすくなり、結果、業績の向上につながり、株価が上昇するのです。自分は最近、株を始めたばかりの未熟者です。株を購入して、ある水準まで儲かったら、すぐに売るべきなのか、もしくは、長期的に持っていた方が収益につながるのか判断できなくて、今なお悩んでいます。



長期間、所持していたら、優待が利用できるので、悩ましい部分です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヤマト
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる