日々の密度 

December 15 [Wed], 2004, 2:57
気が付けば師走も中ほど。
今年も一年早かった。年々早くなる。
近い将来、この2004年を思い出そうとするとき、おそらく一番に出てくるだろう単語は「アテネ」。一番印象深い出来事が、テレビで観たオリンピック。あとは、個人的需要はまったくなかったにもかかわらず、やたらと耳に入った「ヨン様」と「韓流」か。
水のように無機質に流れた一年という月日。
わたしには特別な変化をもたらさなかったが、一月に生まれた友人の赤ん坊の成長振りを目の当たりに、同じ歳月がある場所では活発に、有機的に働いていること知り、ひどく複雑な気分になる。
ふにゃふにゃと乳を吸うことしか出来なかった赤ん坊が、寝返りを打ち、固形物を食べ、座り、今まさに歩き出そうとしている。
時間のスピードの感じ方は、その人の生きた日々の密度によって変わる。
そんなことを、改めて気付かされた年の瀬。
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:emu_emu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる