ブリアンの口コミを参考にしてみた

July 21 [Thu], 2016, 21:54
家を売って借金を返すことが必要になってしまったので、知人に教えてもらってしっかりと知識を得ておこうと考えました。最初に知るべきことは、不動産はどのくらいの価格で売れるか、大手不動産と地元密着の小さい不動産屋さんのどちらを選ぶか、これら2つが必須と言えます。いくらで売れるのか知らないでいると売った後の収支が見えませんし、不動産屋さんが決まりませんとそもそも物件を売ることができません。
不動産の価格を知るための一般的な方法の1つは、REINSを使うことです。REINSは誰でも利用することができます。REINSを使うと不動産のおよその値段を把握することができますので、自分の手持ちの不動産がいくらで売れるのかおおよそ知ることができます。不動産屋さんへ行く前から価格を知ることができれば、シロウトだと思って適当にあしらわれて妥当でない価格で処分しないで済むと思われます。
不動産を売る時は、予想外の出費がかかることを覚悟しておく必要があります。経費については事前によく知っておく必要があります。費用としてもっとも負担が大きいのは不動産屋さんに対して支払う必要のある手数になります。仲介手数料は売買代金の3.24%+64800円が必要なので、4000万円の物件ならおよそ130万円もかかります。この他に税金(所得税、住民税)も必要ですし、自宅を売却するなら引っ越し費用も必要です。仮に取引が4000万円で成立しても、全額を次の不動産購入に充てる計算をしてはいけません。
土地を売らなければいけないケースとして、相続をあげることができます。相続だと権利関係が複雑な場合があります。遺産の分割協議によって分割内容が決まった結果、1つしかない不動産を1人で相続することが難しいという場合、何とか換金しなければいけないわけです。相続税は通常、現金で納めるものですが、どうしても現金が難しければ物納という方法もあるのですが、できるだけ現金での納付ができるよう努力すべきです。
土地活用の様々な手法の1つとして、駐車場経営は人気のある方法です。アパート・マンション経営と比べれば手軽であることが理由の1つです。駐車場を運営する方法には、月単位で貸す(月極め)もありますし土地勘があるなら直感で判断して決めても良いでしょう。所有者の立場で大事なのは儲かるかどうかなのは当たり前ですが、顧客視点で考えないと、下手をすれば赤字になってしまいます。
マンションは買い手もじっくり吟味しますので、売り急ぐのは得策ではありません。最低でも3ヶ月から6ヶ月の期間を見ておくべきです。売り主が急いで処分したいと思っていることを見込み客に分かってしまいますと、売却価格をたたかれてしまい、思うような価格で処分できないかもしれません。住宅を住み替えのために売るなら、次の住宅の頭金や諸費用を売却価格でまかなえるのが理想ですので、しっかりと計画を立てて売却活動をしましょう。
家を売るなら買い手による自宅への訪問がありますが、その時の注意点がいくつかあります。物件をなるべく高く売る上で重要です。何でもそうですが、第一印象が肝心要です。訪問を受ける際、最初に目に入る門や玄関などの入り口をキレイにしておきましょう。あと、誰もが気付くような目立つ汚れは取っておき、窓も開けておくことで、買い手の購買意欲もずいぶん改善し、前向きに買おうと考えるようになるかもしれません。
土地を売った時の税金ですが、そもそも土地自体が高いので、税金もとても高いですよね。モノが高いだけに、税金の金額も高額になりがちです。家や土地を売ったことで生じた利潤は税金用語で「譲渡所得」という呼び方をするのですが、基本的にはこれに対し、国税である所得税と地方税である住民税がかかります。さらに、土地の場合は取得してかあ短期間で売却すると、土地転がしとみなされてしまい、税率が高くなってしまいます。5年以上所有していませんと、2倍も税金を取られてしまいます。
「一物四価」という言い方は、土地に複数の値がつくことから言われているものです。それぞれ計算方法が違いますので、ややこしいです。これらを2つに分けるなら、税金を計算するために必要なものと、現実の取引で使われるものとに分類されます。税金を計算するものは、相続税や固定資産税のためで、これらは公示価格の7、8割程度になるようです。時価も公示価格も実際の取引の上で参考にはなりますが、実際につく取引の価格は、それらと違うのが普通です。不動産屋さんは直近の取引価格を知っていますので、お役所的なデータであるそれらを現場でそのまま使わないのです。
マンションや一戸建ては1,000万円以上するのが普通なので、サラリーマンにとっては一生に一度の大イベントです。そのため、知識不足で買いに走ると買ってから致命的なミスに気付く危険があります。住宅ローンを何年で返済すべきかシミュレーションすることも大事ですが、実際に住む予定となる土地を、自分の足で確認することが一番大事なことではないかと言うのが、私の経験で言えることです。イメージで土地の印象を判断してしまいがちなので、注意が必要です。例えば自由が丘、吉祥寺などは良いイメージではないですか?でも、たまに買物に行くのと生活するのでは大きな違いがあります。候補となる物件は実際に足を運んで決める慎重さがあった方がいいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤネ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/emu03cmeyl9nyk/index1_0.rdf