シャンプーと白髪

November 05 [Sat], 2016, 21:00
強い紫外線で、毛髪や頭皮が刺激を受けてしまい、乾燥してパサパサの髪になります。紫外線の影響で、髪の毛や頭皮に栄養がいきわたらなくなったりします。ヘアケアは雨が降っていなくても、忘れずに保湿ローションなどを使いましょう。髪の毛は濡れた状態では、刺激を受けやすいのです。乾燥していない頭髪は髪の毛同士がこすれあって、髪の毛のキューティクルがなくなってしまうかもしれません。頻繁に髪のセットをヘアアイロンでしていると、髪のキューティクルが剥がれてしまします。髪の乾燥を必要以上にすると、髪の毛のタンパク質が潤いを失ってしまいます。シャンプー時のお湯の温度は、人肌くらいが適温です。熱いお湯で髪の毛を洗うと、髪の毛が膨らむ原因になります。熱めの温度でシャワーやシャンプーをすると、ヘアカラーの色が抜けやすくなります。髪の保湿対策には、洗い流さないトリートメントなどが人気です。生乾きの状態と、乾いた髪の状態の時のどちらにもトリートメントを使用します。ヘアドライヤーで乾燥させるときには、頭皮に近い髪から乾かします。髪の毛をドライヤーで乾かすときは、途中からドライヤーを冷風に切り替え髪を乾燥させるのがポイントです。おすすめですからやってみてください。白髪染めをするには手間がかかりませんが、短期間に何度も自宅でカラーリングすることは危険です。水分がついている頭髪をブラッシングすることは、すぐにやめてほしい危険な行為です。濡れた髪の毛はすぐにダメージを受けてしまいますから、髪を引っ張る行為やこする行為は最も危険です。髪が湿っていることもダメージを受けやすいですが、乾かし過ぎは逆にダメなんです。元気な髪の毛は、内側のタンパク質で保水能力が正常だからです。雨模様の日にサラサラヘアを作るには、きちんと乾かすことと、髪の毛の水分を保つことです。オシャレ染めなどでダメージや負担がヘアにあると、ダメージに水分が入り、髪の毛がうねってきます。ヘアダメージの対策としては、保湿力の高いトリートメントなどを使うと髪の内部にまで栄養が入っていきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:健
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/emtesnr9eiorn5/index1_0.rdf