逃走 

2005年08月24日(水) 1時55分
嫌なことから逃げたくて

この世界から逃げたくて

甘い方向へと行きたくて

私は生きているのが辛くなりました。

心に秘めた思い。 

2005年08月24日(水) 0時47分

私だけを見て。

その笑顔を誰にも見せないで。

そんなワガママは言わないから、

・・・どうかせめて1日だけ傍にいてください。

お願い。

迷い苦しみ 

2005年08月14日(日) 14時11分


大好きでたまらなくて、もう回りも見えなくなるほど好きだった。

でも気付いたときには、大切な大切な人を傷つけてた。

好きで好きで好きで、でも好きになっちゃいけない。

そう思って大好きな人から離れると、私にはもう何もなくなった気がした。

心はぽっかり。頭はぼーっと。

そしたら、大切な人も苦しんでた。

・・・私はどうすればいいのかわからない。



 

2005年08月11日(木) 17時07分


シリアスです。。また死にネタ。ご注意を。









............................................................................................................................................................





届かない声 

2005年08月10日(水) 0時03分
会いたくて、会いたくて。でも会えなくて。そんな日々がつらかった。どうする事も出来なくて、ただ彼女がいた場所に腰掛けて・・・空を見上げた。

空は雲ひとつなくて、すごく綺麗だった。透き通った水色が何処までも何処までも続き、向こうの山へ海へと消えていく。彼女もこんな綺麗な空を見ているのだろうか。

「会いたい。」


空に向かって呟いてみても、その声は届かない。彼女には届かない。


「会いたい、会いたい、会いたい、会いたい、会いたい、会いたいっっ!!」


声が遠くまで響く。それでも彼女には届かない。

泣くな。そう自分に言い聞かせて、言い聞かせて、いままで生きてきたのに。気付けば、目からぼろぼろと涙が零れ落ちていた。

目から落ちていく涙を指で拾い、濡れた指を思い切り服でこすった。


「空のように、お前が傍にいてくれたら。」


・・・・よかったのに。




.........................................................................................................................................................


たまには更新してみました・・・放置しててごめんなs(強制終了)

頑丈な鎖 

2004年09月26日(日) 17時05分
キャラ崩壊してます。原作に忠実な2人をご希望な方はご注意を。シリアス…です、たぶん。苦情は受け付けておりません、申し訳ないです。。









.....................................................................................................................................................










片道切符 

2004年09月20日(月) 21時21分

下のが暗かったので、こちらはラブラブモードに。最近短編書くの好きみたいです(笑)どんどん思いつきます(何)出来たらパラレルから抜け出したい。でもやめられない。相当パラレル好きなんだと、そっと見守っててやってください。









..............................................................................................................................










記憶 

2004年09月19日(日) 0時57分
少し長いので、追記の方に。またもや死にネタです。ご注意を。

悲しい事があったり、心が沈んでいると書きたくなるみたいです。ごめんね、犬夜叉・かごめちゃん。。自分の感情に任せてこんなの書いて・・・と謝りたくなります。(土下座)










.......................................................................................................................................................................








時間 

2004年08月26日(木) 17時20分
何事もなかったかのように時間は過ぎていく。

みんなはもう忘れてしまったかもしれない。

貴方の笑顔、貴方の声、貴方の温かさ。

私は今でも忘れる事が出来ないの。

忘れよう、忘れよう。そんな事を何度思った事か。

でも記憶の中に刻まれた貴方との思い出は消えてくれない。

消えない思い出を胸に、もう5年も過ぎました。

私の周りの時間は過ぎていくけど、私の時間は止まったまま。

いつまででも貴方を追い掛けて、追い掛けて。

そして待っている。帰らぬ貴方を。

生きていて、死んでる私をどうかそのままにしておいて。

貴方の事を思い続けてる私をどうかそのまま静かに眠らせて。

貴方をただ愛させて。

望む 

2004年08月26日(木) 6時09分

「かごめ。」

「なあに?」

名前を呼ぶと返事が返ってくる。

話し掛ければ、笑顔で笑い掛けてくれる。

抱き締めれば、彼女も抱き締めてくれる。

唇に触れれば、優しく受け入れてくれる。

それだけで幸せだったのに、己はそれ以上の事を望んでしまった。

彼女を求め、彼女と一つになった。

もう彼女を離す事が出来なくなった。


そんな夏の夜。




2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:empty-nozomi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる