遺伝子組み換え、脳細胞でも高頻度…初の実証

October 31 [Mon], 2011, 9:03
 人間の脳細胞では遺伝子組み換えが高頻度に起き、各細胞ごとにゲノム(全遺伝情報)が異なっていることを英エディンバラ大学や理化学研究所などによる国際チームが発見した。

 人間の細胞で遺伝子が組み換わるのは免疫関連の細胞が知られているが、脳細胞でも組み換えが起きていることを実証したのは初めて。2万数千個しかない人間の遺伝子を使って脳細胞が記憶や思考といった複雑な活動をどうやってつかさどっているかを説明する成果で、英科学誌ネイチャーに31日発表する。

 チームは、細胞内で動き回ることができる遺伝物質レトロトランスポゾンに着目。この物質の影響で組み換わった遺伝子を検出する方法を開発、脳に関係のない病気で亡くなった人の脳組織と血液を比較した。その結果、血液では組み換えはほとんど見つからなかったが、脳組織では少なくともその100倍以上の頻度で組み換えが起きていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000865-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


求人で仕事を探す方に必見!地方の企業に興味のある方Uターン就職を考えてみよう!!



現在、就職ができずニートと呼ばれる若者が後を立ちません。大不況の世の中、企業などもリストラを実施するなど、雇用する側、される側にとってもつらい時代が続いています。
そんな中で、学生の就職に関する考え方に変化が生まれてきています。
最近では、農業や漁業、林業といった、主に年配の方が支えていた日本の生産をこれからは若者が支えようと考えている方が増えてきつつあります。それだけ、この時代は就職の幅が不況ながら増えてきているのかもしれません。
一昔前は主に大学生が卒業後に選択する進路は「有名企業に入社したい」という意識と傾向がありましたが、最近は自分に合った職業は何なのか、自分はどんな仕事をしたいのかといった視点で就職を考えるようになってきています。
そんな中で、現在でもあるのがUターン就職というものです。簡単に言ってしまうと、首都圏などの大学で卒業して、地元や地方の企業や会社に就職しようと思っている方のことを指します。
先ほど、農業などについてもご紹介させてもらったように、地方で何かしたいと考えている方が増えているのが実際の話しとしてあります。不況の中で求めた結果とも考えられますが、方向性としては個人的には悪い事ではないと思っております。
地方などの企業には独自の方法で発展していたりと首都圏では考えられない方法で企業が運営されているところが、たくさんあります。それに伴って、資格などの専門技術を取得して就職する方も増えてきているので今後も注目されていくことでしょう。
最近の若者が大学を資格などの専門技術を取得する為に考えたり、中には就職率が高い大学を選択したりなど、この不況に合わせて若者の思考も、現在の状況を考えて行動していることがよく分かります。
このホームページではUターン就職に関係する情報をご紹介して、これからの就職について、何かのお役に立てればと考えて作成したものです。
お時間の許す限りご覧下さい。

求人で仕事を探す方に必見!地方の企業に興味のある方Uターン就職を考えてみよう!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:employment
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる