ガキん子まめだけど福富

January 13 [Fri], 2017, 10:58
いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃ほどまで上がって調子が悪かったので、翌日受受診しました。

先生はインフルエンザの検査が可能ですよと教えてくれました。

万が一、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んでもらえるので、検診したいと念じました。

近頃は毎年のように冬が来るとインフルエンザが大流行しています。

年々予防注射をする人数も増える一方ですが、都市部ではかなりの人数が感染しています。

実際の感染の原因は色々考えられますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と空間を共にする場所で感染することが考えられます。

というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うものという説があります。

その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急激な高熱となって、3日から7日ほどその状態が続きます。

タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。

場合によっては、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、怖くもある感染症です。

ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは一緒なのですが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作る働きがあるのだそうです。

だから、ノロ対策に効果があるとされているのですね。

近頃は、いろんな感染症の話を耳にするので、意識して摂取するといいのかもしれません。

例えば、乳酸菌の選択方法としては、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試用してみると良いでしょう。

このごろは、おいしい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリとも販売されています。

おすすめの腸まで届く効き目の乳酸菌飲料を試したとき、次の日、トイレから出られないぐらいの状態なったので、試すのは休日の前がおすすめです。



昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところにある天枢(てんすう)であります。

また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結というツボにも同じように効果があると思います。

手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。

便秘のパターンによっても、効果的なツボが異なるので、自分にとって適切なツボを押すと改善が見られやすいでしょう。

私は花粉症になってしまってから、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。

二年前より花粉症となってしまって、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。

お薬を飲むことは気が引けたので、テレビにて紹介していた乳酸菌サプリを試しました。

現在の段階では、花粉症を抑えられています。

以前より、アトピー克服のためには食事も大事になります。

アトピーに対して効果的な食べ物を心がけることで良い状態の肌へと生まれ変わることができると思います。

胃腸などの消化器系を労わって免疫力を強める成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品を日々バランスよく摂取するとアトピーの改善に良い方法です。

肌がキレイになると知って、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、実のところは、ヨーグルトと同様にお味噌や納豆といったものも乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。

「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。

何となくちょっと照れくさいです。

毎日続けて摂っている乳酸菌のおかげで私の体はとっても健康的になることができたのでした。

一日が始まる朝には欠かさず、ヨーグルトを摂取していくよう心がけています。

ヨーグルトは工夫すれば味に変化をつけやすいですし、便秘にならずにすみます。

乳酸菌を摂ることにしてから、お肌の調子がすごく良くなって、体重まで落とすことができました。

私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。

効果があった対策は、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。

友人がこの方法で成功したという話を聞いて、実践してみようとヨーグルトを買いまくって、毎日食べるようにしたのです。

毎日食べているうちに、お通じが改善されてきて、今では、便秘で困ることもなくなりました。

私が便秘になったのはなぜかというと、普段あまり運動をしないからでしょう。

会社への毎日車で通勤しているので、あまり歩く事もありません。

犬などのペットがいるわけでもないので、散歩に行くようなこともないのです。

そういった理由で、私は便秘がちなのではないでしょうか。

便秘の改善にもなるはずなので、今日からウォーキングを行おうと思います。

実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として目を止める存在となっています。

オリゴ糖を投与された乳酸菌は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、お腹、環境を良好にしてくれます。

そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方ともお腹の機能増進や健康の維持には必須な成分だと主張することができます。

ぱっと乳酸菌から思い浮かぶのはカルピスでしょう。

昔から、毎日飲用していました。

なぜかというと乳酸菌が含有されているからです。

毎朝私に、母親が出してくれました。

そのわけで、私は便秘の経験がありません。

きっと、カルピスを飲み続けていたので大変健康になりました。

最近の話ですが、アトピーを改善すると言われている入浴剤をサンプルで頂きました。

どのような品物でもそうですが、少しだけ使ってみないと評価できないものです。

サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、思っていた通りの印象でした。

痛みを感じることもありませんし、肌がつっぱるような感覚もなくて、水分をよく保ちます。

一般的な乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。

みなさんはこの事を知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、生まれて初めて知った事実です。

便秘になってしまっても、薬を飲むことで簡単に、対策はできるとは思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。

食物繊維を多く含んでいる食事を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をあわせて摂るのが大切です。

野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。

ヨーグルトは便秘を解消するのに効果があるといわれますが、私が試してみると、たくさん食べないと、あまり効かない感じがします。

1日に1パック位食べて、お通じがやっとあるという感じです。

ヨーグルトを好む人はいいですが、抵抗がある人も、ジャムで味を変えたりしてできるだけ摂取するとよいでしょう。

主に一歳から五歳くらいの子どもがインフルエンザというものに感染し、高熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症というものです。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、回復した後に後遺症の残ることもまれにあります。

母は重度のアトピー持ちです。

どうやら遺伝していたみたいで。

私も同じくアトピーになってしまいました。

肌が荒れてしまって、日々の保湿が欠かせません。

お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も厳しいのです。

母を責めるわけではないのですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、絶望的な気持ちになります。

乳児がインフルエンザになったら、殊の外大変なことに陥ります。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、結果、インフルエンザで死亡することも考えられるでしょう。

インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを外に出さない方が正しいかもしれません。

最近の調べで、乳酸菌にはたくさんの健康作用があるのですが、中でも腸を整える効果が高いというふうにいわれています。

腸の中の善玉菌を増殖させることで腸内が活発になり体内に停滞していた便が出やすくなります。

それにより、便秘や下痢が改善されるのではいかと考えられています。

乳酸菌を日々飲むことで腸を整える効果が強まります。

気にする人もいますが、乳酸菌を多く摂りすぎても特にこれといった副作用はございません。

ただそうは言いますが、いくら体に良くてもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーがオーバーすることはありますよね。

消化し吸収できる量には限界があるので、ある程度の範囲内に限っておくと大丈夫でしょう。

アトピーになると非常にきびしい症状になります。

季節関係なしに1年中痒みとの根くらべになります。

汗をかく夏場は痒みが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。

そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸が困難になってしまう可能性があります。

最近、乳酸菌がアトピー改善に効果があることがわかってきています。

引き起こすものはいろいろありますが、日々蓄積されたストレスや偏食などによって引き起こされる場合もあります。

アトピー患者の大体は腸の状態がよくないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピーを完治する手段となります。

少し前に、インフルエンザになってしまってクリニックに行きました。

どのくらいの潜伏期間なのかわからないままなのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触して感染してしまったのだろうと思われます。

高い熱が3日わたって出て苦しい思いをしました。

高い熱が続くインフルエンザは、通常の風邪より辛いですね。

私の子供がアトピーであると診断されたのは、2歳になったところのことでした。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。

ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、赤みのぶり返しはやまず、まったく良くなってくれませんでした。

そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。

息子がインフルエンザにならないための接種に通院しました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射を接種しています。

注射が終了した後は怖い!と伝えていました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も語れませんでした。

乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でも理解できます。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃で死滅して効き目が出ないのではという考えを持つ人もいます。

でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、それが身体の健康づくりに大変効果的です。

私はずっと先天性のアトピー性皮膚炎を持っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、かなりひどい見た目でした。

いろいろな治療法を施してみても、効果を全く感じなかったのに、家を引っ越したところ、あっという間に肌がきれいになり、痒みもなくなりました。

思い切って住環境を変えるのも、アトピーに効果的かもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウシン
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/empbreenmrjcte/index1_0.rdf