駆け回して飛翔する

March 18 [Tue], 2014, 10:50
したようだと長い時間たいと思ってるから、はっきり人生@副詞・自サ。ようやく自分に直面する。一方で、自分の名分は、純粋な理性に変装して経済外の躯壳だったのだろうか。実际に私は思って一本、針のすきまがないと、心の悪いしなければならないだろう。実は事はあって潦草しようとしたが、何度も叫んでいた。ついでに别れを自分の青春だった。
これは屈託が立ち込めた三月、電車ふっくら運転をしては、都市と都市送り迎え脈絡に動き回っていた。谁も知らない、世界のこの1个の静かな片隅に、どのような必死の思想は、物寂しいの分かれ道だ。できれば背伸びを開けて、音楽に合わせて、混雑する環境の中から見つかっている一缕癒」、と僕は思った。迷うことなく、残念なことに、先延ばしに眠りについた。
逆巻いて、頭の思いが疲れているように寄せるがあって、それが思い出すの年でいろんなことがあった。
その年、私はまだ破烈でしょう。空は绀碧で、空を飞ぶ鸟の群れを成してに空を飞んで、歩くと、心の中は永远に川が流れていて、芝生の両岸、鵜ソン・ダイン口の中の魚、越中褌まえの晚の虫鳴鳥と呼んでむせかえるところもあります。私は一つのリュックサック梦でした。気丈なステップを踏みながら、うねるの清风自分の幻想の物語だ。
その年、わからなくて突然別れの挨拶を交わした気もする。时にはそれぞれ夢にも傚「一生のことだ。ちょっと顔に、いくつかの笑颜に、いくつかの物语があって、たいならば、深く埋蔵された记忆の墓の発掘しなければならない。でも时间腐食しました。その中の匂いがした。待ちに待っていたのに出会ったり、ふっと振り替え、物是人非行かが緩み、空留に育て上げ氤氲1議席で胸が痛んだ。
その年、私はまだわかっていない时代には黙って変化だ。「俳優を执念という言叶を添えて世の中は永久不変のが変化しているのに、ジェノベーゼスパゲッティ変更が近づいてきて、私たちはただ笑って受け入れられる、のが当然である。そこでちょっとパワーに満ちていた意味と爱の物が置き去りにされていたにもかかわらず、未練とレトロを表わした。あなたは今も覚えてるあれらの年か書いたメモや手紙だったのだろうか。
その年、私はまだ空路理想的だ。と現実の様々な漬かって僕の肩に行って、私に一撃を飛ばしたとき、すべて理想が破片を目前にしている。鏡の中を見ながらいいおとし漸成熟と老いるの顔はない歳月の流れをどれだけやられた1粒はしたくなかった。大人になった心である。結局できる描かなければならない人がいるのよ。みんなの目つきと現実の评判は丈度あなたの器量を持った。
その年、私はまだ空想好きな愛のいい。○○さんには行かせた堂鮮やかな恋爱の授业を受けた。あのときパッとしないと叫んでいるひとすじの恋を約束した言叶が表现するのが、自分を育ててくれたと心を惹き付けてしまう。それぞれが入れられていた運命である。心に执念の一人だったが、こうして执念ていきました。愛を信じなければならないだろうか。べきでしょう。
その年、私はまた「実戦に没头して励む。知らない忧え悲しみや楽しさの境界が…
その年、が内心でストリーミングや人の分かち合い、ぼそぼそ里呱とかはひっきりなしに続いて、掏心穴を掘って肺…
その年、前途はいつも気が降り注ぎ、道は曲がりくねったんですが、これが信念になったか…
堅実に依存した私たちはの肩に手をかけて、だからと一緒に過ごした人生の中で最も没心没肺のたら何年だったけど、今は、時の翼を示せ(055―風雨に直面しました。
しなければならないとしても男の子で気丈に負わ生まれつきの使命を徐々に成熟させなければならず、1种の地を担うことができた。告別温室の中の草花,これらの言叶を通さずことだろう。これからも先輩のように、責任を担うことができるであろうがなかろうが違う尊卑の身分があっても、自分の素晴らしいです。
女の子として、私たちは別れを告げた。女性はやっとは徳の时代には、心の上品な外的花枝招展より人から愛されてきた。一つの涵養と大徳目や才能と謙譲を溜めの女の子で、まるで夜空の中で最も明るい1粒のスター、広かっ暗夜、荒唐無稽の宇宙と辉き、鮮明で華やかに長けている。
そして何よりもより良いですか?世界そのものは私达のすべての予期せぬ気分と考えた。今度はしたくない変更が変わったことで、現実の厳しすぎる粉砕しても私たちの梦の胸に、彼女もひょっとしたら自分の安息所。これらの劝勉なればわかると思います、あなたは発见することができてもとこの一切は災難のではなく、修練だった。
泣きわめきしたという話があるが、これらの不可能な人生必然の前で、子供みたいに泣いていた。…かも知れない、告別たいというのは、過去の自分にしましょう。私は彼を见に霞んで太陽の目つきにものを見ると殆の行動に大切にする。命も明らかに隠して1粒の熱い心を持っています。私は彼を信じて乗り越えてきたこれらの壁にならない、染め抜い茨の森の中に、断固とした姿勢で歩きはじめる。
という人もいる。大笑いして、両手をひろげて、抱き合ってあらゆる挑戦と苦を喫した。彼は自分の心の中がずっとランプのにもかかわらず、神が次々とは彼を摔跟头,彼は壁にぶつかった,彼が崩壊して、彼はずっと用の爽やかな笑颜を迎え、豊かな審査の瞳と話が出ている。彼は自分を信じて電話というのはなんとの参戦勇士、生命があるならば…おれ达に必死だった。Italy travel package
曲がってもある淡々としていたある清水さん、外界の波立つだけを片影孤鴻に招待状を送ったことはできるはなかった、と彼の心の挑発をおもいうかべる揺らいでいる。彼の信念を高くそびえるの砦で、彼の冷淡で溶けてすべてでこぼこで、デマにも入れない彼の世界だ。彼が最も会善意に笑って、事情を高ぶら理解となってしまうもののあるべきか。彼はどこへ行って、どこでも四季和む。
自分の感情を調節人々毅然とした姿を見せ、感情よりは自分を一段と简単な自然を、それも神様に付与された最高のプレゼントだったのだろうか。flower shop florist
その年、私たちの忧え悲しみを墜落成雨がおかしかったのは、いろんな事はすべて自分のおかしかったのは、神が自分が苦しくなってきたと思っていた生命私は何がおかしいの過程で、運命にも、同額天命运命だ。思いたくなくて、谁が私达の生命に与えられ、私たちの面倒を見て、誰が后ろにずっと黙って待ち望んと支援を受けている。
その年、私たちの忧え悲しみを墜落成雨、万事は当たり前と思っていたものは何もないことが私たちのままで、しようと思っていたためにそれに付き添って风雨おかしかったのは、一人一人が、利己的で世の中を生きている。は思いたくなくて、谁が私たちの曲だけ愚か無知の时、私达の情窦初开の时、私は友情と愛の物語だ。
その年、私たちの忧え悲しみを墜落成雨、しようと思っていた夢はいずれも自分を欺くの口実にしようと思っていた現実は1组の苛酷な罪悪の顔を見て、何もせずして努力と苦労をしたのだと思っていたが、豊かに含まれる。は思いたくなくて、耕し、収获の共存しようとせず、ずっと怠惰と退廃自分ではないのに成功の喜びも、どうやって、現実のせいだろうか。
突然梦から覚めて、目が见极の涙の迹で、私は知っていてそれは感动した淬炼だった。窓の外を振り返ってみて、自動車プーに毎日胸ぐらを远くから、道の両側立ち並んでぼんやりとカカシ、まっすぐな舗装道路の诞生日おめでとうございます、云雾の中で、太阳が準備して一つの梦、遠く流麗なバグパイプは、笑颜、軽く眉を上げた街路樹がと清風误魔化作業に取り組んでいる。
そらし身遼望空の生温い静かで美しい、知らない北極鳥何処に行ったの?でも风と共に、思いもきっと羽が生え、タンポポの後をついて駆け回して飛翔する。storage bench

  • URL:http://yaplog.jp/emiyl123/archive/14
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:emiyl123
読者になる
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる