わたしがかみさまだったら 

April 11 [Sun], 2010, 15:22
こんにちは。
普通に生きてます。大学にも新入生が入ってきたし、平和です。
現在エントリーシートから逃避中……志望動機なんて存在しません。捏造万歳。
一つ面倒なことがある度に「だったら死にたい」と思ってるのはご愛嬌。
何とか大丈夫。来月にはどうなってるか解らないけれど、今は。

先日、神保町シアターの乙女映画の企画に行って参りました。

http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/calendar/tokushu29.html#main

こんな素敵な企画があると終了ぎりぎりまで知らず、忙しい時期だったのもあって
「月曜日のユカ」しか見に行けませんでした。もっと色々行きたかった……。
筋書は兎も角、加賀まり子が綺麗でした。コケティッシュ。
春琴抄は以前DVDで見ました。百恵ちゃんが可愛いです。
谷崎はあまり好まないんですけどね!何故ならナオミが嫌いだから!
ドロレス然り、男性目線のニンフェットには共感できなーいー。前も書いたかな?

花粉症で喉が痛いです……お花見に行こうか迷ってた日があったんですけど、
耳鼻科で貰っているお薬を丁度切らしてしまったので諦めました。
今年はお花見に行きませんでした。、まだ先月のこと後悔してるのかな私。莫迦。



文章を書くのが好きな人や文学的な人と交流したいと思うけれど、
自意識ってやっぱり気持ち悪くて受け容れられない。
書く文章が私と同等以上、と言うか自分に馴染むものでないと
対等と見なすことが出来ないのは私の所為だから、
不特定の「彼ら」に近付いて哂うことはしたくない。
自分に似ているのかもしれないと思った相手には、
理解している自分の特性が相手にも内在していることを考えると
安易に近寄ることが出来ない。
一言で言うと、「片思いが好き」。
巡り巡ってつまりは自分しか愛せない。
それを先に気付いてしまったら、負け。
自尊心に邪魔されない様に、相手に失望されない様に、
前を歩いていると見せかけて、あと一歩のところでその腕から逃げ続ける。
本当は誰よりもその腕を求めていたとしても。
同じ方向へ進んでいくけれど、決して交わらない。
自分に似ていると思える、大好きな相手に寄り添えない。
そんな自覚と事実があるから、これからも。?

消えていくのは、私の中のどの部分だろう。
いなくなるのは私、と、日常に「私」は介在出来ないと、思っていたけれど。


さて、そろそろ現実に向き合います。なんて。
ヤプログ本当使い辛くてイライラします。使い方が悪いの?
文字打つ度にがたがた画面が動くんですけどー。

更新少ないのに見に来てくださってる皆さん、いつも有難う御座います。


まっしろな夢  

March 26 [Fri], 2010, 21:52



一年、早かった。何も無かった。


どうしていいか判らなくなって、結局普通に過ごしました。
メールを受信した時間には、
去年のあの日と同じ様に、彼氏に抱かれて眠ってた。
……いや、セックスしてたかな? 
眠りに落ちる寸前に少しだけ泣いたけど、それだけ。


ひとりで京都に行くつもりだったけれど、土壇場で止めた。
でも今日になって少し後悔してる。
これも“正解”じゃなかった。

今日は苦しいと思う前に、涙が流れる前に、眠ります。
忘れられないし、忘れちゃいけないけど、もう泣くのは止める。
死にたいって相変わらず思ってるけど、それも暫く保留。


ヤプログ使い辛いし、移転するかも。雨風呂。笑
次からは普通、の、日記を書きます。

例えば僕が君の心臓なら 

February 18 [Thu], 2010, 23:24
髪を切りました。
伸びすぎだったんですよね、さすがに。
そろそろ太ももに届きそうで。
暫く分けようか切ろうかとうろうろしていた前髪も、
やっぱり真っ直ぐに揃えて貰いました。
髪を切るの大嫌いだし、短くなった髪に触れると、罪悪感というか喪失感というか、
兎に角毎回間違ったことをした気分になります。
今回はほんの数分で済んだけど。
髪の毛を洗うときに、また少し憂鬱になるんだと思います。

これからも私、黒くて(程度の差はあれ)長い髪で生きていきます。
しるしなのです。忘れさせないで、。


先週嬉しいことがあって(うつくしい人と交流出来るなんて素敵!)、
それにバレンタインに作ったトリュフチョコレートは美味しかったし
就活やめるだなんて言ってそれなりにやらなきゃいけないことはやってるし
と、何だか順調に?普通に?生活しています。
来月になったら、また変わるでしょう。
どちらかに沈むことなんて一生無いのだとしたら、
順調な生活、なんて思い過ごしでしか無い。
かといってそれを止めることは、きっとしない。

最近アールグレイティーに嵌まってます。
今日も新しいの買ってきましたよ。ティーバッグだけど。
寒いのでこれから飲みます。
まだ黒いワンピース見つからない。
 

ばらばら。


道化師の朝 

February 09 [Tue], 2010, 0:40

わたしたち から あなたとわたし、になる。

それはきっと、気付いた時。


    
『 真白い闇の中手探りで出会った 』

『 穢れ得ぬ半神 』
 
『私たち、  なのでしょう?』




昨日のあなたを、ずっと待ってる。






青が降る夜 

January 22 [Fri], 2010, 19:53


お久しぶりです。

生きています。


ここを見に来てくださってる方がいらっしゃるので久々に更新します。
メールを未だに返せていなくてごめんなさい。
でも今あの子について語るのは無理です。
忘れたくないし、私だけは本当に忘れちゃいけないと思う。
だけど、記憶になった時点でもう離れているのだという事実についていけない。
時間は確実に進んでいるし、身体も心もその流れに逆らえない。
置いてけぼりなのは 私、だけ。

どうしたらいいか解らない。
私と対話(敢えてこの言葉を使います。)出来る人は、やっぱりいない。
あの子と同等、もしくは私と同等と思える人と出会いたい、。

栗山千明ちゃんの歌手デビューのニュースを見ても、
森見登美彦の小説を読んでも、赤いマニキュアを手にとっても、
パソコンに向かっても、自分の長い髪に触れても。
カップ麺、マシュマロ、MARS、桜、色んな本、曲、人。
思い出す。ちくりと刺す。
日常になんて沈めない、の。


私が欲しかったのがコレ、なら。もう死んだって良いじゃない。
訳が解らない。
感情を返して。人間らしく生きたい。

ね、いつまでもループ。誰も報われない。
だけど。

私が断つから、きっと。





はじめからそんなのわかってたよ 

October 25 [Sun], 2009, 11:51


あの子が私と同い年だったら、私のことなんて相手にしなかったでしょう、
それは、決して悲しいことでは無くて、

(寧ろそれが当然あるべき姿。……何故言えない?)

咲けなかったけど実を結んだ柘榴。
私が選んだんじゃない、あの子に選ばれたの。
私だけ根が無かった、今になってそれが痛い。
どちらが重いかなんて、比べなくたって分かる。
そうして増した虚無感を足したら? 測定、不能。

二人と世界から、一人と一人と世界。
いいえ、一人と一人と一人と一人と一人と一人と一人と一人と一人と・・・・・・
ひとりは全部、恐ろしい。
だけど、あの子は皮膚の下に を  ている。

(依る所があるだけましだなんて思うのは、私の傲慢。)

滑稽だと哂って欲しい。
綺麗すぎると罵られることより、それが望み。


(反転。それなのに赤は溝に落ちた。)


弾けた柘榴の中身はニンゲンの味なんかしなくて、
だけどそう思い込んで齧っていたからとても甘かった。
握り潰して、掌が染まる頃には感覚さえ麻痺して、
たった一つの正しいものを捨てて頬に擦り付けた。
あの日から私は微温湯に埋めた身体よりも柘榴が大事。



真理なんて誰にも教えてあげない。
私の本音なんて聞かせてあげない。
、誰も正しくなんてないのよ。正義はあの子。
それに準ずる……殉ずる私は誰よりも天上に近い。

(近いだけで決して辿り着けないことに気付いた……!)

哂って欲しい、なんて、誰も私のことを哂う権利など無いという
完全な裏打ちがあるから平然と口に出来るの。


(そんなこと、言えない。)


あのひ の ゆめ  

September 19 [Sat], 2009, 12:08

メールくださった方に返信し終えました。
遅くなってしまって本当にごめんなさい。

返信出来なかった方がいるので、
もしも返信が欲しい、とお思いでしたらもう一度メールを下さい。
追記にメールアドレスを載せておきます。



つきのむすめ 

August 18 [Tue], 2009, 22:24
やってくる毎日を、騙し騙し過ごしてる。





認められないのかもしれない。
向き合えないの。

黒く長い髪のあの人なんて、もう随分前からいないのに
未だにその髪型の人を見かけると、目で追ってしまう。

ひとりになると苦しい。
突然、思い出す。思考も纏まらないのに涙が流れる。
頭痛。血が流れていることを感じる。嫌悪。後悔。
後悔。たぶん一生続くのでしょう。
秤、だった。
片方を取ったから片方を失くした。
空いてしまった片方は、一生埋まらない。
やっぱり私は自分本位の考え方しか出来ないから、
だからそう思い込まずにいられない。妄信だって。
否定出来る唯一の人はもういない。
真実は永遠に失われたまま。

ふたりも、気づけば苦しい。
この人は人間なのだと、ねぇ、私も感じる。よ。
だけど意地でも手放したくない。手放せない。
自分がどんなに馬鹿だったか、ずっと悔やみ続ける。
あれで良かったのだと、ずっと安心し続ける。

ずるい?わらってください。





忘れない。
消化すら出来ない。昇華、も。

知ってよかった。それだけは言える。
確かに『在った』のだと、信じられるようになったから。
うれしかった。
どうしようもなく後悔した。
遅かった。


鮮明。朦朧。朦朧。

あなただけが、確かだったよ。





だって、もう。 

June 04 [Thu], 2009, 18:47



もう誰もいないから、どうしていいかわからない。
私のことばを理解してくれる人なんて、きっともう現れない。

日常生活に支障を来してきたので、病院に行きました。
だけどあの子以外誰にも言ったことのない本音を、
医師になんて言える訳もなく、症状の説明だけして薬を貰いました。
暫くはきっと平気です。日常は過ごすものです。

後悔と、これで良かった、が。消えない。
やっぱり消せないの。たった一人の人だった。

何もいらないし望まないし望めないし持ってない。
私の彼氏はとても可愛らしいひとです。
抱き締められているときだけ、続けられると思える。
でも一人になった瞬間、もう終わってもいいと思う。

どうでもいい。

それ以上をことばにすることなんて、多分もう無い。
これから、どこに行くの。
辿るの?思い知るの?忘れる、の?

わかんないよ。




 

March 29 [Sun], 2009, 23:52
後悔、だって。
どんなことばもやっぱりすり抜けてしまうよ。
涙すら、そろそろ出なくなってきた。


私の隣にはやさしい人が、います。
ごめんなさい。
あなたがそう思わなくても、私は思う。
彼を選んだ、って。
あの日、間違えたかなぁ。
あなたについていこうと本気で考えてた、って
今更弁解なんて出来ないのにね。

あの時。いつものように抱き締められて眠っていた。
返事を送って泣き出した私に気付いて、
何時間も背中を撫でていてくれて、我儘、聞いてくれた。
多分、離れられない。

「悔しい」ってあなたは言ったね。
私だってあの頃、あなたを抱く男の人に対して思ってた、よ。笑
だけど違うの。あなたとは違う。
可愛らしい人です。人間、です。
正直、私といるべきじゃないって思ってる。

あなたとそれ以外。やっぱり私の世界はそれで構成されてる。


2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像佐伯
» 紫に項垂れる薔薇 (2011年03月29日)
アイコン画像yuki
» 紫に項垂れる薔薇 (2011年03月04日)
アイコン画像はじめまして
» 衝動のない慟哭 (2010年11月05日)
アイコン画像
» わたしがかみさまだったら (2010年06月26日)
アイコン画像Emily
» わたしがかみさまだったら (2010年04月21日)
アイコン画像
» 青が降る夜 (2010年01月26日)
アイコン画像ゆき
» はじめからそんなのわかってたよ (2009年10月28日)
アイコン画像あり
» だって、もう。 (2009年06月08日)
アイコン画像ツバキ
» だって、もう。 (2009年06月07日)
アイコン画像
» だって、もう。 (2009年06月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:emily-zu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる