暗記力 集中力アップ

November 26 [Mon], 2012, 9:05

試験範囲を必死に覚えているけれど、忘れる量も多く、穴の開いたバケツ状態から抜け出せずにいたとしても、
時間がたっても覚えていられる情報量がどんどん増えていき、試験範囲の記憶量がどんどん増えていく方法がこちら






○○式暗記術のような、あなたの脳の力を引き出すトレーニングを行い、暗記力アップさせる方法は、

実際にはトレーニングにばかり時間がとられる上に、ほとんど能力アップ効果がないケースがほとんどです。


しかし、脳の力を引き出すのではなく、暗記の仕方そのものを見直し、もっとも効率よく覚えられる方法を実践していけば、

記憶の定着率が驚くほど上がっていき、↓のようになることができます。




■勉強時間を短縮できる

思い出せるのが普通になる

いろんな資格試験にもチャレンジしたくなる

■暗記のために余計な時間や労力をかける必要がなくなる






浅田哲臣さんの東大式IT記憶システム hyper e-memoriaは、

ノートの取り方を工夫するとか、単語帳の使い方を教えてくれるわけではなく、

エクセルベースのシステムを使った暗記プログラムです。


暗記したい項目を、数日にわたって繰り返し覚えていくという点は、あなたの現在のやり方とほとんど変わりませんが、

決定的に違うのは、記憶の定着率が実感できるほど変わってくるという点です。


さらに、時間がたっても記憶を維持することができ、勉強の効率が見違えるようにアップしていきます。





浅田哲臣さんはちなみに、この方法の元になる方法を高校時代に編み出し、

見事に東京大学理科一類に現役で合格しています。


それだけではなく、合格率が10%の難関資格第一種情報処理技術者試験でも、わずか半年の勉強で一発合格するなど、

勉強で最も手間と時間のかかる暗記を、見事に攻略しています。


浅田哲臣さんのその他の実績などはこちらでもっとたくさん紹介しています。







P R
カテゴリアーカイブ
暗記力アップ
記憶力を上げる方法
Add to Google
My Yahoo!に追加
人気ホームページランキング
PVランキング
ブログランキング



ブログランキング
ブログランキングプレステ2