阪口だけど田川

December 29 [Thu], 2016, 7:51

MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債(国債など)や短期金融資産で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものです。万が一、取得から30日未満という定められた期間に解約するような場合、その手数料には罰金が課せられるというものです。

きちんと知っておきたい用語。バブル経済(日本では昭和61年からが有名)の内容⇒不動産や株式などといった時価資産が取引される価格が過剰な投機により実際の経済の成長を超過しても高騰し続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指す言葉。

MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産で運用して利益を求める投資信託のことを言うのである。あまり知られていないが取得から30日未満という定められた期間に解約するような場合、残念ながら手数料に違約金が上乗せされることを知っておこう。

金融庁が所管する保険業法により、保険の取り扱い・販売を行う保険会社は生命保険会社もしくは損害保険会社に分かれて、どちらも免許(内閣総理大臣による)を受けた者しか経営できないきまり。

つまり外貨MMFとは何か?日本国内であっても売買することができる貴重な外貨商品。外貨預金の内容と比較して利回りが高いうえ、為替変動によって発生する利益が非課税なんていうメリットがある。証券会社で誰でも購入できる。



【用語】外貨預金というのは銀行が扱える外貨建ての商品である。外貨で預金する商品の事。為替の変動による利益を得る可能性があるけれども、同じ理由で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。

ということは安定的であり、さらに精力的な新しい金融市場や取引のシステムを作り上げるためには、民間金融機関や金融グループだけでなく行政(政府)が双方の解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければならないのだ。

「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行の経営が破綻したのです。これによって、金融史上初めてペイオフが発動することになった。これにより約3%(全預金者に対する割合)、それでも数千人を超える預金者の預金が、上限額適用の対象になったと推測されている。

バンク(bank)はあまり知られていないけれどイタリア語の机やベンチを意味するbancoに由来すると言われている。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行。15世紀初頭にジェノヴァ(現在のイタリア北部)で設立され大きな影響力のあったサン・ジョルジョ銀行なのである。





特別の法律により設立された法人である日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の株券などの有価証券に関する売買等に関する取引業務を公正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体が健全な振興を図り、投資者を保護することを協会の目的としているのです。

タンス預金ってどう?物価上昇(つまりインフレ)の局面では、その上昇した分相対的に価値が下がるという仕組み。すぐには暮らしに必要なとしていないお金⇒安全かつ金利が付く商品にお金を移した方がよいだろう。

ほぼ全てのすでに上場している企業であるならば、事業運営のための方策として、株式だけでなく社債も発行するもの。株式と社債の最大の違いは、返済義務の存在なのである。

保険業法(改正平成7年)の定めに基づき、保険を販売する企業は生命保険会社または損害保険会社に分かれることになり、2つとも内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社のほかは設立してはいけないということ。

【解説】デリバティブっていうのは伝統的なこれまでの金融取引に加えて実物商品さらに債権取引の相場が変動したためのリスクを避けるために実用化された金融商品の名称であり、とくに金融派生商品ともいうのだ。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:朱莉
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる