そうかも

May 18 [Wed], 2011, 15:17

寂しいと言えば何かしてくれるの?
会えないのに会いたいと言ってもムダ。余計カレを疲れさせて負担になるだけ。

ほわん

May 18 [Wed], 2011, 15:15
忙しい恋人を持つ方へ。私は、ある方のこの言葉で元気になりました。
《忙しいときは、連絡する気も起きないけど、 嫌いになったわけでも、どうでもいいわけじゃない。ただただ自分の中の記憶の中の大好きな相手を思い浮かべて、その記憶を頼りに、自家発電で、好きなあなたを心の支えにがんばってるよ。》

結婚観トカ。

May 15 [Sun], 2011, 20:27
今日は会えなかったんだけど、

電話でけっこう重い話した。

それは けっこん について。


彼もdoctor6年目でイイ歳だし、わたしも今結婚願望強いし。。

でもわたしが学生中に子供産むのはどうなんだろう・・?

ってなって結局保留。

まだつきあって2カ月だしね。

また次直接会ったときに話すのかなー。


でもね。

いずれにせよ、わたしは


mしかいない。

mじゃないとダメだ。


って言われてor思われて 結婚したい。

わたしがあなたに望むことはそれだけ。

寝てるときのhug

May 14 [Sat], 2011, 14:28
kの好きなところ。


車の中でわたしと話すときいまだに照れてるとこ

彼の匂い

何でも「いい?」って相手を気遣ってお伺い立ててくれるとこ

頭いいとこ

そのうえ努力家なとこ

センスがいいとこ

わたしのわがままになるべく応えようとしてくれるとこ

体温が高いとこ

多趣味なとこ

・・・・・


とまだまだたくさんあるんだけど、


わたしが

「このひとだ!!」

って思ったのが

寝てる時のhug

びっくりするくらいしっくりきて、幸せで、そう確信したんだよね〜。


そろそろあったかくなってきたから暑いときもあるけどw


寝てるとき彼が無意識にしてくるhug・・・

だいすき

手を繋ぐ

May 14 [Sat], 2011, 13:47
2日前はデートだった

1週間ぶりだったから嬉しかったなぁ。

彼氏kはお仕事がめちゃめちゃ忙しいから、

なかなか会えないけど

それでも時間を作ってくれる彼氏に感謝



kとはお付き合い始まって以来、

あんまり手を繋いで歩いたことがなくて。

わたしが一方的に腕を組んだり、

逆にkがわたしの腰に手をまわしてきたりとかはあったけど。


なのでこの前のデートでは

「絶対手をつなぐ!!」と意気込んでたわたし


で、無事手をつなげたわけですが←あっさりw


夜に彼のお部屋で

「今日はね〜 手をつなぐっていうミッションを達成したからしあわせなの〜
ってkに言ったら

「うん?手〜?(ニコニコ) 手なんていつでもつなげばいいじゃん。」

ってこれまたぶっきらぼうだけどしあわせそうに言ってるの見て、ますますわたしの方がキュンキュンした



あーーーーだいすき。

2ヵ月

May 14 [Sat], 2011, 13:44
今日は2カ月記念日

でも今日は当直明けでそのままお仕事だから会えないんだぁ

しかたない。。。

わたしも今日はお勉強しようと思って。

来週試験だしがんばろーっと。

備忘録2

May 10 [Tue], 2011, 9:32
忙しいひとの気持ち その2

忙しい側も、色々我慢してるんですよね。
眠いのも、食事を摂るのも、趣味も、友達と遊ぶのも。
毎日本当に仕事しかない日々。
本当にあらゆることを我慢してるから、会えない、ということは多くの我慢の一つにすぎない。
待ってる側からすれば、それは最大の我慢なんだけど。
だからすれ違うんだろうなって思ってました。
当時の彼からの、残業中の連絡催促や会いたい辛いと電話で泣かれるのが本当に嫌だった。
始発で帰って風呂だけ入ってまた出勤したり出張したりしてるほうが辛いんだよ、
電話や連絡する間あるなら、私は家に帰りたいし、寝たいんだよ、と、こっちが泣きたかった…。
しかも私が心配で寝れないと言う。(社内恋愛なのに!)
私よりも寝れる環境にいるくせに、自分が心配だからと、仕事で寝てない私に連絡しろというのか!と憤慨しました。
週に1、2通の精一杯送ったメールも短い冷たいと言われ…
結局すれ違って別れました。
相手は私を思いやってたつもりのようです…。
私も仕事でカリカリしてたので申し訳なかったとは思いますが、彼は私が心配なのではなく、自分に連絡がないことが心配だったのでしょう。

そんな私がまさか待つ側になるとは思ってもみませんでしたが…。
あの時の辛さを思えば我慢できますが、さみしいものはさみしいんだなあ。

備忘録

May 10 [Tue], 2011, 1:12
勉強になったのでメモφ(..)メモメモ



ちょっと忙しい方の弁護を。

確かに恋愛という面では待っている方は我慢をしている側といえると思います。

しかし忙しい方も社会的に我慢を強いられています。会社では様々なことを要求されます。一つ一つ要求されたことをこなしていく毎日となっています。
そんな忙しい毎日ではどうしても「自分は被害者ではないか」と考えてしまいます。
そんな時にどんな内容であれ恋人から連絡がくれば「寂しい」「私は我慢してるよ。被害者だよ」と受け取ってしまいます。
本当にそれがどんな内容でもです。
受け取った側は「寂しい思いをさせてしまっている」と自責の念を感じると同時に「自分だって被害者なんだ!」とイライラしてしまいます。

決して恋人が鬱陶しくなったわけではありません。


もう一度言いますが、忙しい方は恋愛の面では恋人に我慢を強いているかもしれません、しかし忙しい方もそれ以外の面で様々な我慢を強いられていることを知っていてください。

そして忙しい方はあなた達を愛していると思います。

長文失礼しました。

わたしの好きなひと

May 10 [Tue], 2011, 0:26
彼(k)に出会ったのは もう二年も前のこと

最初の印象は

『喋っててめっちゃ楽しいひと』

お食事会で出会ったものの
当時わたしには彼氏がいて
そのお食事会も22時過ぎにはお暇(いとま)した

幹事の子がメアドを教えたらしく
翌日さっそくメールが彼から届いた。

そのときは社交辞令で返信したものの、
めんどくさいことになっても困るし
失礼にならない程度にしてたつもりなんだけど

ある晩、kから突然の電話


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
医学生とdoctorのカップル


彼氏
お医者さん
出逢いは2年以上前のお食事会。
今年の3月に再会して おつきあい開始。
月別アーカイブ
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/embrasse-moi26/index1_0.rdf