マッサージ、タイ古式マッサージ、出張マッサージ 東京。

NPO法人日本タイマッサージ連盟の公式ブログ『タイマッサージの神秘!』は東京を中心にタイ古式マッサージの普及運動を行うセラピストあいが描く、タイマッサージ健康情報&タイ文化情報です。
   
マッサージ タイ古式マッサージ 出張マッサージ タイマッサージの神秘

タイ古式マッサージ健康法の普及運動を行う、NPO法人日本タイマッサージ連盟のチーフセラピストとして日々現場で施術を担当する立場からタイ古式マッサージの可能性を追求したタイ古式マッサージ流現代養生訓&Viva タイカルチャー♪

病気になりたくなければ、
下手なマッサージは
絶対受けるな!
メルマガ登録・解除
病気になりたくなければ、下手なマッサージは絶対受けるな!
 
タイ古式マッサージ健康法普及
には、アナタのワンクリックが
必要です。

 開ききってから閉じるのがコツ(完全
 に開かないうちに閉じると、せっかくの  一票になりません)


タイマッサージ店ランキング

タイマッサージ店ランキング

タイ・ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

連盟主催ブログランキング、リンクバナー

タイ古式マッサージ全国ブログランキング

お疲れ様でした。よろしかったら、お礼に今日のアナタの運勢を鑑定差し上げます。

メールフォーム
タイトル

内容

全てのブロ友に幸運を!
生年月日入れるだけ。




お時間があれば、twitterも見ていってください。

2008年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
携帯からもご利用ください
『愛のブログ』・・QRコードを使って携帯からもご覧になれます♪
『プーケの休日』HP携帯サイトです♪


«タイマッサージ 研修リポート セラピストAdachin | Main | 出張マッサージ 東京 店長のお話»
セラピストFarの最後のチェンマイリポート−後編 【チェンマイのみなさん、ありがとう!】  / 2008年06月25日(水)
タイマッサージ プーケの休日









セラピスト FAR です


チェンマイでお世話になった方々への感謝の言葉です。


毎回本当にお世話になっている日本人のJさん

今回も本当に!お世話になりました。

私だけでなく、周りの友達にも親切にして下さって、感謝しています!


そして、ニマンヘミンの先生方とフォンちゃん、

中野さん、カズキ君も、再会出来てとても嬉しかったです。

楽しく授業を受けることが出来ました。

その節はご迷惑をおかけしました・・・

また、チェンマイに行ったら遊びに行きます。


レックチャイアの先生たち、

真面目で優しいJ先生とサバサバしたカッコ良いP先生、

毎日楽しい授業でした。

またアドバンスを習いに行きたいと思っています。

そこに、毎日通ってきていたD君。カレン族の出身と聞いて驚きました。

あなたのマッサージは気持ちが良かった!

お昼ご飯を、ご馳走してくれたおのお店、美味しかったー!!


毎日店先で魚を焼いていたおじさんは、元気でしょうか?


そして、Aちゃん、タイ語を教えてくれました。

彼女のおかげで、話せる言葉がまた増えました。。


マッサージ屋のおばちゃん

いつも私の事を心配してくれていました(色々と)。

お別れの挨拶をしたときに、

抱きしめられたときには思わず涙が出ました。

また行きます。

皆さんのおかげで、私の毎日の健康は保たれていました!

皆さん、元気でマッサージを続けてくださいね。


そしてそして、カフェのお兄さん

ファンです!

私の毎日がより素敵なものとなりました(笑)。

いつまでも、お店を続けてください。また、毎日通います!


ラム病院のGさん、お休みの日まで出勤で大変でしたが、

通訳していただいて本当に助かりました。


マンションの大家さん

ヴェトナムでは鍵を取られ、コップも1つ割れ・・・

すみませんでした。

とても過ごし易いお部屋を用意していただきました。

今度はお土産を持って行きます。


と、まだこの他にも沢山の方々に会い、その全てが素敵な出会いでした。

人と、タイの国に感謝感謝です!これからも、宜しくお願いします!

Kopkhun maak kha!!


最後の最後になりましたが、

日本出発のお見送りから、

滞在中のフォローまで、見守ってくださった、

所属先の日本タイマッサージ連盟の田中理事長様始め

チーフセラピストあい様、セラピストの皆様、編集部の皆様、


不在中も本当にお世話になり有難うございました。

紙面をお借りして御礼申し上げます。



これにて、チェンマイレポート

一応終わりとさせていただきたいと思います。

sawat dii kha !!


*FAR*



--------------------------------------------------------



一月下旬から開始された「セラピストFarのチェンマイ研修リポート」

早いもので6ヶ月の長期連載となりました。

そろそろクロージングの時が来たようです。

この間、講読頂きました全ての読者の方に感謝です。

また、後半から、この連載を知ってお読みくださいました方、

HTMLのメールマガジンの方でも連載が開始されております。

写真を大きく、加筆されアップグレードバージョンに

仕上がっておりますので、宜しければ、ぜひ下記からご講読下さい。


タイマッサージ師ファーのチェンマイ研修リポート

現在このテキスト形式の公式メルマガで

進行しているリポートに更に加筆したものです。

◎説明ページ:

http://www.melma.com/backnumber_174452/


-----------------------------------------------------




RSS


 
Posted at 06:17 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
セラピストFarの最後のチェンマイリポートー前編【バンコクのみんな、ありがとう!】 / 2008年06月19日(木)
タイ古式マッサージ プーケの休日







セラピスト FAR です



-----------------------------------------------------------

一期一会の縁・・・


は計り知れないものがあります。

どこで誰と知り合って、その結果どんな生活が、

どんな人生が展開していくのか。



若くて、若いがゆえに感受性と可能性に満ち満ちている

セラピストFarが今回で第二回目となるチェンマイに長期滞在して,

もちろんスキルアップもたくさん出来ました。

だがそれ以上に、一期一会の縁を感じ取っています。



人種も、国籍も関係有りません。

今回の長期滞在でどんな計り知れない

一期一会の縁を得ることが出来たのでしょう?

これらは、恐らくセラピストFar一生の宝となった事でしょう。

セラピストFar 「チェンマイ研修リポート」 最後の登場です。


(編集部)

------------------------------------------------------------



今回の3ヶ月のタイ生活でも、多くの方々に本当にお世話になりました。

ここでそんな方たちをざっとご紹介していきたいと思います。



まず、バンコク

学校の先生方、毎日楽しい授業を受けることが出来ました。

毎日学校に行くのが楽しかったです。



(ディプロマを持って先生と記念撮影です)



そして、その学校でお友達になってくれたタイ人のSさん。

お母さんのように優しくしてくれ、家族を紹介してくれたり、

一緒にオイルの練習をしたりもして、楽しい時間をくださいました。



(左が私、右がペアになった生徒さん)

あのイタリアンの素敵なお店での食事は美味しかったです!!

タイはイタリアン料理が美味しいですね!





トゥクトゥクのお兄ちゃん、Wさん。

バンコク市内をトゥクトゥクでドライブしてくれたり、

ゲストハウスとワットポー間を無料送迎

してくれたり(ラッキー!)と、ありがとう。

またカオサンに行ったら会えそうですね。





サイアム近くのゲストハウスの女の子達。

毎朝、美味しい朝食をありがとうございました!





RSS



 
Posted at 06:39 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
セラピストFARの海外特派員リポート【タイの若者語】 / 2008年06月11日(水)
タイマッサージ プーケの休日






セラピスト FAR です


今回は、タイ語について少し。


タイ語と言われても、皆さんピンとこられないでしょう。

私も、タイにハマるまでは、タイ語なんて勉強しなくても、

少しの英語さえできれば良いじゃん!と思っていました。




ところが、やはりタイではタイ語なのです。

反省をしました。






「こんにちは」「美味しい」「トイレはどこですか?」


(編注;最後のは知っている「ホンナン、ユーテナイ」って言うんだよね)


など、簡単な言葉から、今では言葉で困ることが少なくなり、


友達を作れるようにまでなっています。




少し慣れればとても楽しい言語ですが、

難しいのはやはり発音ですね。



日本語には無い発音が多く、

また少しの音の違いで全く意味が違うと言うのにも参ってしまいます。



そんな中、最近はタイ人との会話を楽しんでいますが、

チェンマイと首都バンコクでは多少言葉が違います


全くのチェンマイ語というのもありますが、


これは本当に私たちの知っているタイ語ではなくなるので・・・






チェンマイのタイマッサージスクールで、仲良くなった男の子は、

バンコクからチェンマイへ来たという子でした。

ケンとの会話で、なんだか言葉が訛っているように感じ、

初めは本当にバンコクの人!?と疑っていました。


後で考えると、田舎のチェンマイ語の中で生活をし、

私自身もチェンマイ人から聞いて覚えるタイ語なので、

私の方が訛っていると言うことになります(笑)


私の日本人のチェンマイ友達も、時々ラオス人に間違われるそうですが、

理由はタイ語の訛り方だそうです。


この話にも笑いましたが、私たちには少々ショックな話です。

その、ケンとの会話の中、よく「ニッノイ(少し)」という言葉を使うのですが、

私が「ニッノイ」というと、必ずケンは「ニッヌン」と繰り返すのです。

なんだか少し可愛いですよね。

「ニッヌン」…


初めは近い意味の少し違う言葉なのかと思っていましたが、

最近の都会の若者が使う言葉の1つのようです。

チェンマイ人の中に「ニッヌン」を使う子はいません。



まぁ、来年にはみんな「ニッヌン」と言っているかも知れませんが。

タイの最近の音楽の中にも時々出てきます。

そう思うと、バンコクっ子の流行言葉はおしゃれな感じがして

私も「ニッヌン」と言うようにしました。


タイ人も都会と田舎の言葉の違いについてはよく言いますが、

きっと私たちは東北弁を話す外国人のような感じなんだと思います。

でも、1つ、私のタイ語は一応バンコクでも通じてましたよ(笑)!


ここで1つ、よい言葉を。

「tham wannii tii dii sut(今日1番良い事をする)」

タイ人の好きな言葉です。今日が大切。

タイ人らしい言葉ですね。私もこの言葉が好きです。


では、Pot khan mai na kha(またお会いしましょう) !




タイで見つけた看板です。 『い』 の字 が難しかったのでしょう…


RSS


 
Posted at 09:14 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
セラピストFARの海外特派員リポート【噂のタイマッサージを受けに…】 / 2008年06月04日(水)
タイ古式マッサージ  プーケの休日



セラピスト Far です
--------------------------------------------------

タイでのスキルアップ研修から帰国しましたが、

セラピストFARの海外特派員リポートは、

まだまだ続きます♪ 

--------------------------------------------------


チェンマイ滞在中に1度は行きたいと思っていたタイマッサージ。


今回は「盲目マッサージ」に行ったお話です。

チェンマイにも、私は2軒しか知りませんが(2軒しかないかも?)、

盲目の人たちのマッサージ屋さんがあります。


ブラインドタッチと書いてあったり、

目のマークが目印だったりと、



数え切れないくらいマッサージ屋さんがある中でも

比較的見つけやすいと思います。



中に入ると、お客さんでいっぱいでしたが、

すぐに受けることができました。

お客さんは、白人さんが多かったです。

やはり有名なんですね!




そして、やっぱりマッサージを学んでいる

という人が何人か来ていました。



施術者の皆さん、目が見えないにも関わらず

混雑した店内をしっかりと歩きます。

すぐに着替えの服を持ってきてくれ、

着替えのためにトイレに案内されました。


店内は、綺麗だとか明るい雰囲気だとかはありません。

リラクゼーション的な雰囲気もありません。

何と言うのか、独特な雰囲気がありました。


マッサージは、指圧がほとんどでストレッチはありません。

やはり、危ないのでしょうか。

でもゆっくりと進む指圧マッサージも気持ちよかったです。

センも外れることなく、体勢が変わっても大丈夫でした。





私なんて、手の感覚だけでマッサージをするのは、怖くてたまりません。


相当集中しているのかなぁなんて思いながら受けていたのですが、

普通のタイマッサージ屋のおばちゃん達と同じように、

やっぱりおしゃべり無しではダメなようですね(笑)

私にも「日本人?」「チェンマイにはどのくらい居るの?」「何歳?」など、

隣で施術しているおじさんも、色々話しかけてくれました。

始めはドキドキもあり、どんなマッサージをするのかも気になりで

全く眠気が無かったのですが、半分終わった辺りで

やはり睡魔に襲われ受け初めて安心したのもあり、爆睡しました。


ストレッチも無いので、完全に目が覚めたのは終わってからで、

座位もほぼ寝てました(笑)

終わってから改めて、みんなすごいなぁと感心しました。



ただ、やはり普通のタイマッサージが良いなぁと思い、



その後普通のマッサージ屋さんに行こうかと考えましたが、帰宅しました(笑)

正直に、また行こうとは思いませんでしたが、

人が違えばマッサージも違いますから、機会があれば行こうと思います。






※ 盲目マッサージの盲目という言葉は、差別語にならないのか

ヤフー知恵袋で識者のご意見を聞いてみましたが、

結局はよくは分かりませんでした。

そもそも差別語というのは、報道が自主規制している言葉である、

ということで、そういう意味では、対象にはなっておりませんでした。

反面、ヤフーで「盲目マッサージ」と検索すると、

かなりの数のサイトが索されるので、

盲目マッサージという一分野は、確立されているようにも思いました。





AセラピストFarは、先にお伝えしたように、ベトナム旅行中、

貴重品一式を引ったくりに遭い、自分が行った盲目マッサージ店の

写真も喪失してしまいました。



そこで

タイブログランキング1位の

★元外交官夫人・タイ・パタヤ・海外・国内ニュース便り★

の管理人である、パタヤのリア様のご好意で、

盲目マッサージ店の画像をお借り致しました。

ありがとうございます




RSS


 
Posted at 05:01 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
海外特派員リポートセラピストFARのタイ訪問記【ヴェトナム編Vol.4】 / 2008年06月01日(日)
タイマッサージ  プーケの休日



セラピストFARです

-----------------------------------------------------

先月、タイでのスキルアップ研修から帰国しましたが、

セラピストFARの海外特派員リポートは、

まだまだ続きますよ♪
 

今回は、3ヶ月のタイ滞在にあたり、

2回ほど他国に出国する必要があり

訪れたヴェトナムでのお話の最終回です。

ヴェトナム編Vol.3は >こちら

-----------------------------------------------------




ヴェトナムのお話をもう少し。



ヴェトナム2日目に、サムローで、

(下の写真のようなチャリンコタクシーです。)


名付けてチャリタク


街を周り少し離れた所にある市場まで行きました。






そこで、1日で仕立てられるというアオザイ屋さんに行き、

私はアオザイをオーダーメイドしました。



サムローのおじさんが、翌日またここへ連れてきてやると言うし。

でも、その翌日に待ち合わせ場所に、おじさんの姿は有りません。

2人でもう少し待とうと、20分くらいは待ったでしょうか。

来ないのです。


ただ、私達は元々来ない事を予想していました。

それでタクシーで受け取りに行ったのです。



その市場の人たちは、ほとんどの人が英語を全く理解しないので、

旅の指差し会話帳を駆使して何とか伝え、

私の事を思い出してもらい、

無事ステキなアオザイドレスを持って帰る事が出来ました。



これから始めてヴェトナムへ行かれる方、

全部がそんな適当なサムローのおじさんではありませんが、

半分は疑ってかかった方が良いでしょう。



でも、サムローで街を走るのは楽しかったです。

バイクや車と一緒に走るサムローは、

ちょっとしたスリルも味わえました(笑)




また、街には緑が多くて良いなぁと思いました。



ほとんどの通りに背の高い街路樹が植えてあり、ステキでした。




そして、女性達に嬉しいお話。

イケメンが多かったです(笑)

日本人好みなカッコ良い顔の男の子達が沢山いました!

いつかヴェトナム語も少し話せるようになりたいなぁ(笑)



数日間のヴェトナムを楽しみましたが、

私はやはりタイとタイ人が好きです!

去年いったマレーシア(クアラルンプール)もそうでしたが、

ヴェトナムもタイ人のような陽気な明るさが無いなと感じました。

タイ人のあの明るさは、

マイペンライから来るのでしょうか。


(タイ語のマイペンライの意味は、どういたしまして、大丈夫、気にしない、

しょうがない、何とかなるさ、心配ないと複数の意味合いがあります。)




最後に…

ホーチミンで、私の鞄を持っていってしまったお兄ちゃん。

さすがの私もこればかりはマイペンライとは言えませんでした

(今はマイペンライ レーオです)、

いつかはちゃんと仕事をしてほしいです。


顔は解りませんでしたが、せめて、

あなたがイケメンであると良いなー、と思います(笑)


----------------------

次回は、場所はタイに戻り、

噂のタイマッサージを受けに行った時のお話を書きます!

お楽しみに!
--------------------------------------



 
Posted at 08:40 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
海外特派員リポートセラピストFARのタイ訪問記【ヴェトナム編Vol.3】 / 2008年05月26日(月)
タイマッサージ  プーケの休日


セラピストFARです

-----------------------------------------------------
先月、タイでのスキルアップ研修から帰国しましたが、

セラピストFARの海外特派員リポートは、

まだまだ続きますよ♪ どうぞお楽しみください!
-----------------------------------------------------

<前説> ヴェトナムにて、

パスポート、お金、クレジットカードを

盗られてしまったセラピストFAR。

タイへ戻ることは出来るのか!?

ヴェトナム編Vol.2は >こちら
-----------------------------------


領事館の方に事情を話し、

緊急の渡航証を発行して欲しいと伝えると、


「あなた、ヴェトナムから出れないよ。」なんて、

言われた時には、「えーっ」と、笑ってしまいました(笑)


外国でパスポートを失くした際、

帰国日が近い場合だと緊急の渡航証を発行してもらい帰国します。

ですが、その渡航証では日本人は、日本への帰国しか出来ないのです。


ですが、私はタイに帰りたいのです!!



ということで、

パスポートをホーチミンで作ることになりました。

母へ戸籍謄本をファックスでホテルに送ってくれるよう、

電話をしたのでした。

心配をかけて申し訳ないですが、仕方ありません。

無事にファックスが届き、月曜日の朝1番に領事館へ。

最低4・5日かかると言われていたパスポートの交付を、

その日の内に受け取れるようにしてくださいました。

その瞬間、友達と顔を見合わせ、考えることも同じでした。



日にちを延ばした飛行機のチケットを、

再度明日に 変えてもらわなければ!!


いつもには無い速さで領事館を出て、タクシーを止め、空港へ!


タイでは数日後に控えたソンクランのため、

BKKまでは戻れても、

BKKからCNXの空席がもうほとんど無い状況で…





私は、本気でタイの神様にお祈りしていました。

タイに帰りたい!大切な人達もチェンマイにいるのです。

どうか、空席がありますように!!と。

そんな私を見て、タクシーのおじさんは、かなりとばしてくれました。

そして、神様に祈りながら、空港カウンターへ…


 ・・・YES!!


やっぱり、タイの神様!!




チェンマイまでの空席がギリギリあり、飛び上がって喜びました。

こうして、無事にタイへ戻ることが出来ました。




今回の事件でも、

やはり人は1人では生きていけないんだなぁ

と改めて思い、皆に感謝です!




毎回チェンマイでお世話になっているJさん

今回はタイだけでなくヴェトナムでもお世話になりました。

そして、本当に感謝です!!


タイに戻ってからも、皆が本当に心配してくれていました。

男の子達はアパートにまで心配で見に来てくれていたり、

ニマンヘミンタイマッサージスクールの先生達にも、

もう大丈夫?と聞かれ…

私もみんなが恋しかった!!

本当に心配をかけてごめんなさい!でした。




そして、私のパスポートは、

交付官庁が在ホーチミン日本国総領事館

というレアな物になり、

10年間有効な記念の品となりました(笑)


RSS



 
Posted at 05:04 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
海外特派員リポートセラピストFARのタイ訪問記【ヴェトナム編Vol.2】 / 2008年05月19日(月)
タイマッサージ  プーケの休日

セラピストFARです

-----------------------------------------------------
先月、タイでのスキルアップ研修から帰国しましたが、

セラピストFARの海外特派員リポートは、

まだまだ続きますよ♪ どうぞお楽しみください!
-----------------------------------------------------


<3ヶ月のタイ滞在中に訪れたヴェトナムにて>

ヴェトナム編Vol.1は >こちらへ



この小旅行で私は人生初めて犯罪の被害者となりました。



引ったくりに遭ったのです!



ガイドブックでしか呼んだことの無い

友達や親戚にもそんな目に遭った人を

見たことのない引ったくりです。


普段、お財布どころか、ほとんど手ぶらで遊びに行く私ですが、

この日はヴェトナムの国で、最後に買い物をできる日でしたから、

小さな鞄を持っていました(勿論それなりの現金とクレジットカードと共に)。



そして、パスポート…



ホテルを出る前まで預けていたのですが、

出掛ける前に手渡され一緒に持っていくことになったのです。



場所は、ホーチミン市内ダイヤモンドプラザというデパートから

近い大きな通りでした。


右手から左手に鞄を持ち替えた瞬間の出来事で、

「キャッ」と声は出ましたが、

少しの間、ボーゼンとしてしまいました。

これが引ったくりかぁ・・・なんて、呑気に思いました(笑)



とにかく警察に行こうと、

辺りの人に聞き、聞いたとおりに道をたどれども、

全く警察が無く…(ヴェトナム人テキトー!!)



私たちはホテルに戻り、事情を話しました。

ホテルのマネジャーがとても親切に、

警察や領事館へ連れて行ってくれ、やっと1息。

間が悪く土・日曜日だったので、日曜日まる1日は長く感じました…




-------------------------

海外でパスポートを失くした場合…

セラピストFARは、タイへ戻ることが出来るのでしょうか?!


次回へ続きます。
-----------------------------------------

RSS


 
Posted at 05:26 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
海外特派員リポートセラピストFARのタイ訪問記【ヴェトナム編】 / 2008年05月16日(金)
タイマッサージ【プーケの休日】

セラピストFARです

-----------------------------------------------------
先月、タイでのスキルアップ研修から帰国しましたが、

セラピストFARの海外特派員リポートは、

まだまだ続きますよ♪ どうぞお楽しみください!
-----------------------------------------------------


今回は、タイから少し離れて、ヴェトナムのお話を。

3ヶ月のタイ滞在にあたり、

2回ほど他国に出国する必要がありました。


1回目はお決まりのミャンマー(メーサイ)へ行き、

2度目は、私の所に遊びに来た友達と共に

ヴェトナム(ホーチミン)旅行をすることにしました。

初めてのヴェトナム、とても楽しみでした。


あんな災難に遭うとも知らず・・・(笑)?!



ヴェトナムの食べ物は、日本人好みと聞いていました。

毎日辛くて濃いタイ料理を食べていた私には、

辛くないヴェトナム料理の味に始めは物足りなさを感じました。

が、フォーはさすが本場!!

美味しいお店がありました☆

今まで食べたフォーの中で1番美味しかった!




意外だった美味しい食べ物は、パンです。



タイで食べていたパンより美味しいのは勿論、

日本でも同じ美味しさのパンはきっと高いでしょう。


そしてそして、これもヴェトナムの代表的な物…

ヴェトナムコーヒーです。



コーヒーにはあまり興味の無かった私でも、ファンになりました。



こんなに美味しいパンとコーヒーがで1日を始められるのは、

幸せだなぁ
なんて思いました(笑)



朝といえば、タイもそうですが、ヴェトナムも皆朝から元気!



どんよりと朝から疲れきっている日本とは違います。

私はこの朝の喧騒が好きです。

低血圧ですが、寝起きが良く朝に(も!?)強い私は、

タイで迎える元気な朝が大好きです。

まぁ暑い国ですから、暑くなる前から動き出すのかも知れませんが。


----------------------------------------
その後セラピストFARは、ヴェトナムの地で衝撃的出来事に遭遇(!)
次回へ続きます…
----------------------------------------

 
Posted at 05:20 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
海外特派員リポートセラピストFARのタイ訪問記【ソンクラーンVol.2】 / 2008年04月29日(火)
タイ古式マッサージ プーケの休日

セラピストFARです


<前説>----------------------------------------

ソンクラーンとはタイにおける旧正月のことで、

タイにおける旧暦の新年です。

4月13日から15日(仏暦・西暦)が祝日となっていて、

水を掛け合う大賑わいなイベントになっています。

----------------------------------------------------


ソンクラン期間中は、ネット環境の悪さで全然メールが出来ませんでした。

ソンクランが終わり、やっと普通に使えるようになりました。

ソンクランも終わり一昨日、昨日は皆少し疲れていました(^^;)

今年は長かった・・・4日間いや、5日間弱の間、

チェンマイは濡れ続けていました。


ちょっとそこまで・・・でも確実に濡れます(笑)


今年も、お友達に戦闘用の水鉄砲を借り、

1日だけお堀の周りを歩いてワット・プラシンまで行きました。

(1日で十分です^^;)


今回は、仲良くなったタイ人の男の子と一緒でした。

が、やはり女性は狙われます(笑)

とても暑く日差しも強い日でしたが、乾く暇なしでした。




アパートを出てすぐに、通りがかりのピックアップトラックの荷台から、

バシャーン!!

塗りたくっていた日焼け止めが白く流れ落ちていきました。

解ってはいたけど、意味なし!!

街中に音楽が溢れ(静かな場所なんて有りません)、

皆ビールを飲んで踊ります。

タイ人は、本当に面白い(^^)


本番2日目、3日目は疲れ切っていたので、

友達と一緒に飲みながら、私の部屋から水掛をしていました。

濡れずに水掛って、ずるいですが・・・

これもなかなか面白かったです。


下に居るタイ人皆が、ずっと降りて一緒に遊ぼうと誘うので、

私1人が少しだけ・・・と降りていった瞬間に、

ホースにバケツ、水鉄砲でびしょ濡れにされました(笑)



ソンクランはタイの旧正月ですので、

水をかけるときには、新年の挨拶をします。

「サワッ ディー ピー マイ カァ!」

ピー マイは、新年という意味です。

そして、水をかけることで悪いものを洗い流します。

今年もしっかりと悪いものを流しました(^^)


雨乞い祭りの意味もあるようですが、

今年は全く降りませんでした。

今日もとても暑いです。


ただ、やはりソンクランの時は救急車が増えます。

大量のお酒、バイク、とても危ないです。

私の友達の1人もお堀に落とされたそうですが、

男の子にも深いので、お堀も危険です。

私たちは今年も怪我など無く、

無事にソンクランを終えることが出来ました。

そして、見事に日焼けをしました!ますますタイ人です(^^)V


写真は、友達がアパートから取ったものです。こんなのがチェンマイ中に溢れます(笑)

かわいそうだったのは、ピザ屋の配達のお兄ちゃん達でした。




 
Posted at 06:59 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
海外特派員リポートセラピストFARのタイ訪問記【ソンクラーン】 / 2008年04月27日(日)
タイ古式マッサージ プーケの休日

セラピストFARです




毎年4月13日から15日まで行われるソンクラーン、

日本では水掛祭り、欧米人の間では

ウオーターフェスティバルと呼ばれている『ソンクラーン』。

それは、旧暦の新年を祝う伝統行事なのです。

そして熱狂の水掛けバトルとともにタイの一年は幕を開けます。

私はこのソンクラーンも楽しみにしていました。




一寸,モノの本から得た知識をご披露すると、

ソンクラーン=水掛祭りでは実はないのです。

本来のソンクラーンと言う言葉の意味は、

旧正月と言う意味で、水掛も、お寺へ言って仏像を水で洗い清めたり、

お坊さんなど尊敬する目上の人の手に、手水から水をかけて差し上げたり、

また耕作期には十分な雨が降りますようにと願いが込められているといいます。

この時水を手にかけてもらった人は、お返しに水で解いた白い粉を相手の額や、

頬に一寸塗り、言葉を返すと言う非常に整然とした清らかな行事だったようです。




所が、今回私が体験した水掛祭りと言うのは、水掛祭りと言うより、

水掛合戦といった方があたっているようです。



事実、タイ人の友人に聞くと、

水掛祭りはタイ全土で行われているものの、

私のいるここチェンマイの旧市街とバンコクのカオサン通りが最も激しく、

もはや礼儀の何もあったものではなく、ただ、

「水を掛け合ってバカ騒ぎをするだけの場所」

に成り下がっているとのことでした。

水はバケツや水鉄砲で掛け合うのが常識(!)

 

しかもその水は氷で冷やされているので、

いくら暑いチェンマイと言えどもいきなり予期せぬ方向から

氷水をかけられると肌が凍りつきます。

それはびっくりさせる目的なのです。

その昔は額やほほに一寸だけ塗りつけられた白い粉は、

いまやバケツの水に溶かして相手にぶっ掛けます。

顔にべっとり白い粉を塗りつけることも・・・。(続く)



<次号予告>さて、その水掛合戦に参加した私は、

若い女性ゆえに狙われっぱなし・・・乾く暇は全くありませんでした。


 
Posted at 16:50 / タイマッサージ 研修リポート セラピストfarのタイ訪問記 / この記事のURL
ブックマーク登録
タイマッサージ師の派遣による草の根普及運動を行うのは直営店【プーケの休日】です


電話番号:0120−441・107(携帯OK)
営業時間:17:00〜翌03:00
定休日:月曜日

★料金表(抄)★

動画でよく分かる料金表はコチラへ>>

その他、オプション、各種キャンペーン多数あり。
各コース派遣費別途。

★派遣範囲★

常設東京23区、神奈川、千葉の一部
及び、特注にて全国一円。



●タイマッサージ普及運動●

ワンクリックで出来るタイマッサージ普及運動に参加しませんか!(無料)下記バナーのクリック数が増えると読者の目に触れる機会が増しタイマッサージ普及に大いに役立ちます


●ブログ

ブログ村(健康法)

オモブロ


●ホームページ
マッサージ店HP

R人気Webランキング

ニュースリリース公式サイト


●モバイル

オモブロ



●全国ブログランキング

オモブロ

R人気Webランキング



中の人

無料アクセス解析

| 前へ
 
Powered by yaplog!