あの人は、今・・・E 

November 25 [Fri], 2005, 15:46
彼との昼休みの短い間・・・
その短い時間が、私にとって、大切な時間になりつつ、月日が経ちました。

春が過ぎ、6月の終わりに、キャンプの計画がなされました。

そして、待ちに待ったキャンプの日、
ある期待を胸に・・・

貸切観光バス1台で、丹沢へ ・・・
キャンプ場は、木々が、生い茂ったかなり急な坂道を降りたところにあり、
降りたところには、バンガローが点々とあり、近くには、川が流れていました。

私達のバンガローは、比較的川の近くでした。
私に相談を持ちかけてきた彼女は、私と同じバンガローで、
彼に猛烈にアタックしている彼女は、隣のバンガロー・・・・

何か私は、変な胸騒ぎを感じ始めたのでした。






あの人は、今・・・D 

November 07 [Mon], 2005, 17:01
誘われるままに、会社の近くの喫茶店に入りました。
そこは、コーヒーがとても、おいしいお店で、
私と彼は、同じオリジナルブレンドコーヒーを、頼みました。

私の前に彼が座っている。
なぜか、気にもしていないはずなのに、胸が、ドキドキして・・・
胸が、ドキドキしながらも、浅黒い顔の理由を聞きました。

私  「趣味は、何かやってらっしゃるのですか。」
彼  「テニスを、やっています。」
私  「それで、焼けてらっしゃるのですね。」
彼  「最近、あまり行けなくて。」
私  「サークルにでも、入っていらっしゃるのですか。」
彼  「テニスの好きな仲間がいて、その仲間達と。」

彼は、テニスのサークルに入っているらしく、休みの日は、
練習や試合との事でした。

そんな話をしている内に、あっという間に、お昼休みは終わってしまいました。

その時の時間が、とても短く思いました。

あの人は、今・・・C 

October 25 [Tue], 2005, 16:30
お昼休みのある日、「○○さ〜ん」
と遠くから、呼ぶ声がした。

なんと、彼では・・・。
そばまで来ると、「お茶でも」と、私を誘ったのだった。
私も、頼られている後輩に、いろいろと想いを
打ち明けられているので、彼とお茶を飲むことにした。
それに、断る理由もなかったので・・・。

それが、はじまりでした。

あの人は、今・・・B 

October 05 [Wed], 2005, 13:20
好きなんです。好きなんです、彼が・・・と
突然、相談された私、唖然としてしまいました。

彼女には、入社してきた時から、何かと頼られて
いたのですが、こんなにも真剣に。
でも、彼を、猛烈にアタックしている女性がいる。

おんなの壮絶な戦いが、これから始まろうとしている。
いや、もう、始まっているのでした。

あの人は、今・・・A 

October 03 [Mon], 2005, 10:28
社内の何人かの女性に、アタックされるようになった彼・・・

何ヶ月が経ち、アタックしている女性達
の行動が、すさまじくなってきた。


特に恋愛については、鈍感な私でもわかるような勢いでした。

その内に、相談を持ちかけてきた女性がいました。
「好きなんです。好きなんです彼が」・・・と


あの人は、今・・・ 

September 26 [Mon], 2005, 10:45
逢いたい・・・
あれから、何年がたっただろうか・・
私が、OLだった頃。
新入社員で、入社してきた。
長身で、浅黒い顔、やわらかな声。

上司に紹介されて、とても好印象でした。
これが、私の第一印象でした。

何ヶ月が過ぎ、彼のまわりには彼のファンが、いつの間にか、
何人かの女性が、とりまくようになりました。
長身で、誰にでも優しく、やわらかに話しかける声は
若い女性をとりこにしてしまったのでは・・・

いつの間にか、ひとりの女性が彼を、猛烈にアタックし始めたのでした。
 
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像アコ
» あの人は、今・・・ (2005年09月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:emanohimitu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる