肌のカサカサに対処する場合にはセラミドを

September 13 [Tue], 2016, 16:25
肌のカサカサに対処する場合には、セラミドを補充してください。セラミドとは角質層において細胞の間で水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、このセラミドが細胞同士を糊のように結合させています。それが、表皮の健康を保つバリアのように機能することもあるため、欠乏すると肌トラブルの原因となるわけです。冬になると空気が乾いてくるので、それによって肌の潤いも奪われます。潤いが肌に足りないと肌トラブルの要因となりやすいので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。乾燥によって起こる肌トラブルを予防するためにも保湿・保水といったケアを普段より気にかけてください。冬季の肌のお手入れのポイントは肌を乾燥させないという意識を持つことです。乾燥肌の時、スキンケアが非常に重要になります。間違った肌ケアは状態を悪化させるので、正確な方法を理解しておきましょう。初めに、洗いすぎは禁物です。皮膚のてかりが気になるからといって1日に幾度も幾度も顔を洗ってしまうと肌が水分を失ってしまいます。結果的に皮脂の分泌量が、増えてしまいますから、朝と夜の2回だけで十分です。