ジャーマン・ハウンドと山家

October 21 [Fri], 2016, 23:12
妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。


体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、代謝が落ちて、排卵障害や子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。



古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。


血行不順を緩和して自然な代謝を促進し、体全体をリラックスさせる効果があります。冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。妊娠をきっかけに専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。
多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。


皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。



あるいは、野菜も代表の一つですね。
こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、加熱すると分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。


葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取が求められています。


葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なく無いそうです。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普段の食事でも葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。
妊娠期間中だけでなく、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、普段の生活を送っていると、十分に摂取できないという悩みもあります。そんな不安を解消してくれるのがサプリです。サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も心配する事なく、普段通りの生活を送れます。むかし流産しています。


その時は自分を責めて苦しかったのですが、流産してから1年後くらい経つと、やっぱり子供が欲しいと思い、そこから妊活を始めました。身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を改善するためにまず運動で、体を変えてみようと思いました。

大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、低かった基礎体温が上がり、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Wakana
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/elubrkgtaodkba/index1_0.rdf