トビで高田真理

July 18 [Mon], 2016, 13:30
葉酸の効果や効能については色々なものがあり、発育する過程において脳や神経を作るので、お腹に赤ちゃんがいる時は1人分だけではなく、胎児の2人分必要になるために不足するとも考えられています。

実は葉酸は特定保健用食品でもあり、子供の二分脊椎などといった神経間閉塞障害を防ぐといった効果も期待できると書かれているため、正しく摂取するのが良いと思われます。今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、ご家庭での普段通りの食事に加え、よりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。
葉酸の適切な摂取は、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。

そうしたサプリを利用する方は、赤ちゃんに悪影響が無いように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大事です。熱に弱いという特長がある葉酸は、普通の食事で必要量を確保するのは困難なことが多いので、サプリメントなども飲んでいった方が良いのです。
葉酸のサプリもいろいろありますが、加熱処理されていない製品を見つけることがとても重要です。その成分が自分の身体を構成していくので原料が天然のものに由来していることや、余分な香料や添加物でごまかしていないことという安全面もよくチェックしてください。なるべく体温を上げたり、代謝を良くしたりすると妊娠しやすい体づくりに繋がります。日常的に運動をしない妊活中の女性は出来るだけ、身体を動かすようにしてください、ハードである必要はありませんから、ヨガとかストレッチといった緩やかな運動がお勧めです。
近頃は妊活ヨガというヨガのコースがあるスタジオもあり、話題になっているそうです。

子供は結婚後できるだけ早く欲しかったので、雑誌やインターネットのサイトで葉酸の摂取は、妊娠の前から続けていくと赤ちゃんの順調な発育を助けると、同じことが書かれていたため、妊娠に向けて葉酸サプリメントを飲むことにしました。


後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。摂りすぎに注意していれば授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。

実際、妊活の一環にヨガを生活の中に取り入れる事は効果が期待できると思います。

その理由は、深い呼吸法を繰り返す事により免疫力が向上したり、精神的にも落ち着いてくるといった良い部分があるからです。

さらに妊娠した後も、マタニティヨガという形で続ける事が出来ますし、出産時にも役に立つといわれています。

パッと見では何の関係もなさそうなのですが、「妊娠」そして「歯の健康」という二つの事柄の間に、大変深い関係性があるのです。近年の研究により、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などのリスクを高めることが明らかになりました。妊娠中は控えた方がいい治療というものも存在しています。今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方はすぐに治療を受けた方がいいと思います。

妊娠を視野に入れている、後、妊婦の人であれば、胎児の健全な成長のため、意図的に葉酸を摂取しようとするものです。
でも、摂取する量には注意するべきです。取り入れすぎると、デメリットがあるようです。
どのくらい摂取すればよいのか、ぜひ確認してみてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:彩羽
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/elrtcekkqttcki/index1_0.rdf