フィリップスとYoung

March 10 [Thu], 2016, 2:24
浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。男手一つで育てることも、また同様に仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、歳や婚姻年数など色々な事を考えて裁判所に委ねることとなります。探偵が気づかれないようにしていても、依頼者のちょっとした言動で、調査対象が警戒を強めてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、うまく行かない事もあるのです。探偵に依頼したからといって、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。失敗した場合の代金についても、依頼をする時に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用は安くなりますよね。しかし、浮気をしている日時がわかっていたとしても、友達に何とかきいてもらって、証拠を撮ってきてもらうにしても、ほとんど駄目でしょう。知られずに証拠写真を手に入れるにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。浮気の裏付けがSNSで発覚することもあります。コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるのでついうっかりパートナーが、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が珍しい事ではありません。時には、浮気を証明してしまうような内容をネットに書き綴っている人もいるのです。相手のアカウントに気づいているのならチェックしてみて下さい。不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は少なくなってしまいます。それに、不倫した相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には必要なのは証拠です。無関係な人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。飲食店などの領収証の記載には飲食時の同席者の人数が記載されている可能性があるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。あわせて、クレジットカードの支払い項目はしっかり月ごとに見るようにします。出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で宿泊したにしては高額だったりすると、浮気相手と宿泊したと見られることがあるのです。探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。でも、浮気の証拠を自分だけで集めようと思っても、相手に気づかれてしまう可能性が高いです。なぜでしょう。答えは簡単で、あなたの顔が相手に認識されているのからです。浮気の調査をするときには、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、本当に浮気なのかを調査員が1人で調査をすることがよくあります。浮気が明るみに出てきたのなら、再度相談をしてほんとに離婚してもかまわない、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。けれども1人で踏み込むと、揉める元なので、止めるようお願いします。信頼する人に付いて行ってもらえば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵等に依頼すると良いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:一花
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eloe5fl53rh2e5/index1_0.rdf