タヌキで奥山

May 19 [Thu], 2016, 5:57
初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。買取額だけに注目するのではなく、その店が本当に信用できるのかどうかを厳しくチェックしてください。少しでも怪しげな点がある店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、安心安全を求め、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、思い切って専門店に売却して現金化するのも一つの手でしょう。ショップやネットなどの金買取の市場では、アクセサリーをはじめとして色々なものに値段をつけてもらえます。金というといかにも富豪の趣味という気がして、投資目的の地金が一般的にイメージされるのかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。意外なところではメガネなどです。金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯なども金製品として立派に買取の対象になります。現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。ですから、現実の買取では、それだけで200万円となると、その重さは大体570グラムといったところでしょうか。10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。1グラムあたりの価格は2000円ほどです。10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなど、数字が24以下になります。例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと様々に色合いが変わるのです。買取店に金製品を持ち込む際に、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている店舗も見られます。郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。できる限り高額で手放すためには、条件の良いお店を選ぶことが大切です。買取にかかってくる様々な手数料をゼロと謳っている店も最近は多いですので、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。金の買取が今流行りですね。近年では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を謳って営業しています。街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるところが多くなってきました。専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。最たるものが金でしょう。値段が崩れないのが金の魅力です。通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。高級品として世界中で認知されているのも、金が投資対象として魅力的である一因です。しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、手元の金を売ろうとする前に、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認することをオススメします。長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。一般に流通している金製品には、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントという印です。金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により買取額は大きく変動してきます。家のタンスなどに眠ったままの金やプラチナの装飾品があったら、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。ただし、同じ量の金でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、高額買取している店を探してみるのが吉ですね。特に、売りたいものが多い場合、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、それだけお店の選択が重要になるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウスケ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/elltfwerahitih/index1_0.rdf