パフェ 

2007年02月02日(金) 15時12分
背高ノッポのグラスにバニラアイスと生クリーム&盛り沢山のフルーツ♪
・・・と言えばパフェ

パフェの語源はフランス語の< parfait / パルフェ:完璧な>だそうだ。
英語の< perfect / パーフェクト>である。
へ〜・・・そうなんだぁ.。oO

どっかのシェフが自分の作ったパフェを見て
「Hmmm...パルフェ」とでも言ったのかなぁ・・・・(^^;)
それを聞いた日本人は、Rを発音できなくてパフェにしちゃったのかも。
ノドの奥で鳴らすRの音は、そう簡単にはできないモン。

辞書には、「完璧な」という意味と共に、
ちゃんと<parfait /《菓》パフェ>とも載っている。
どうやらフランスでもパフェはパルフェとして存在するらしい。

よぉし♪フランスに行ったら食べるぞ〜o(^^)o

バーバパパ 

2007年01月29日(月) 14時29分
フランス語のCDを聞いていたら、『バーバパパ』と聞こえてきた。
聞きなおしてみると、「お祭りで『バーバパパ』の香りがする」と言っている。
『バーバパパ』の香り?あのピンクのプニョプニョお化けの香り?
何じゃそりゃぁ???
訳を見ると、『綿菓子』となっている。
辞書!辞書!

綿菓子 ⇒ barbe a papa / バーバパパ
barbe (バルブ) : あごひげ
お〜!! 「パパのあごひげ」って意味だぁ!!
つまり、フランスでは綿菓子の事を「パパのひげ」と呼んでるんだぁ!!

え〜っ!! んじゃぁ、あのピンクのお化け『バーバパパ』の正体は綿菓子?

『バーバパパ』はBarbapapaだって。
スペルが違う。
ふんわりピンクお化けと綿菓子のイメージがピッタリだったので『バーバパパ』と名付けられたらしい。

ん〜・・・。パパのヒゲって呼ばれる綿菓子じゃぁ、何かマズそう...(-_-;)
やっぱり『綿菓子』の方が、フワッときれいで美味しそう♪
日本の『綿菓子』名付け親に、一票

マンタロー 

2006年10月21日(土) 1時18分
フランス人の友達と話をしていた時の事。
「子供の頃は、よくマンタローを飲んでたよ。」・・・って彼女。
「へっ?万太郎?」
「そう、マンタロー。」
・・・・・・・何じゃそりゃ???

マン・タ ・ロー(menthe a l'eau)
    menthe : ミント
       eau : 水 (l'eauのl' は冠詞laの短縮形。theと同じ)

つまり、ミント水の事だった。水にミントシロップを混ぜた飲み物だ。
ははっ・・・どこかのオヤジの名前かと思ったよ(^^;)

ところで、この水という意味のオー/eau・・・
実は、日本人も使ってんだよなぁ〜♪

オーデコロン の オー。
     (eau de Cologne : ドイツの都市、ケルンの水という意味)
オードトワレ の オー。
     (eau de toilette : 化粧水・オーデコロン)


eau de toilette・・・トイレの水という意味じゃないぞ〜っ(^。^)

漫画 

2006年10月18日(水) 14時28分
今や、世界で通用する言葉「manga」
このmanga・・・、指しているのは日本の漫画だけらしい。

フランスの漫画はB.D(ベーデー :Bande Dessinee/バンド・デシネの略)という。
A4版の美しいカラー刷りで、表紙ピカピカ、お値段高めの立派な代物だ。
芸術品として認められており、どちらかと言えば大人向けに描かれている。
白黒刷りでコンパクトな日本の漫画とはちょっと違う。

勿論、フランスでもmangaの評価は抜群に高い!
沢山の漫画が翻訳・出版され、若者の人気を集めている。

翻訳されたmangaは、見開きが日本とは逆になっている。
つまり、左から右ページへと読み進む。
横文字で書かれているのだから、そりゃそっか・・・。

ちなみに、アメリカの漫画はコミックと呼ぶそうだ。
manga, B.D, comic・・・・それぞれに、それぞれの文化が詰まってるんだなぁ〜。

たんぽぽ 

2006年10月16日(月) 16時52分
たんぽぽ : (英)dandelion / ダンディライオン

歌のタイトルでもよく知られているこの単語。
花の形から言って、「ライオンのたてがみ」という意味だとず〜っと思っていた。
そう思っている人は絶対に多い筈。

ふとした事から、これがフランス語から来ている事を知った。

dandelion ⇔ (仏)dent de lion / ダン ドゥ リヨン

dent / ダン = 〈英〉 tooth 歯
de  / ドゥ  = 〈英〉 of 〜の
lion / リヨン =  〈英〉 lion ライオン

つまり、「ライオンの歯」という意味なのだ!
花ではなくて、葉っぱの形がライオンの歯に似ているから、そう呼ぶんだそうだ。

へぇ〜っ!! 葉っぱかぁ・・・・

dent de lion 英語にするとデンターライオン・・・・んなワケがないっ!
これは歯磨き粉。
Dentor Lionと書くらしく、願いを込めた造語だよん。

ラング・ド・シャ 

2006年10月14日(土) 15時29分
誰もが知っているお菓子、ラングドシャ(Langue de Chat)

langue ラーング / 〈英〉 tongue:舌
de    ドゥ  / 〈英〉 of : …の
chat  シャ  / 〈英〉 cat : 猫

つまり、「猫の舌」という意味だ。
可愛い形と表面のザラザラ感は、確かにニャンちゃんっぽい。

フランス語で「猫の舌」はお菓子の名前。
日本語で「猫の舌」と言えば、熱いものが苦手な「猫舌」

フランス語には猫舌に対応する単語は存在しない。
「私は猫舌ですから・・・」とフランス語で言う時、「ラング ド シャ」を使おうものなら
「ニャンだって????」って事になる。
「私は熱い食べ物が苦手ですから・・・」というしかない。

う〜ん・・・・意味はそうなんだけど、なぁんか違うんだよなぁ〜・・・・

エクレア 

2006年10月14日(土) 3時51分
エクレアを買ったら、<エクレアとはフランス語で「稲妻」を意味する>という説明書きが入っていた。
へぇ〜・・・エクレアってeclair(発音:エクレール)からきてるんだぁ〜!英語読みかなぁ?
正確にはeclair au chocolat(発音:エクレール・オウ・ショコラ)だそうだ。フランス生まれ。

名前の由来は、シュー生地に入った亀裂が稲妻に似ているからだとか、表面のチョコが光に反射してピカピカ見えるからだとか、色々あるみたい。

ダイエット中のため、普段は甘い物を控えてる私・・・
久しぶりのエクレアだ♪と口に入れると、あまりの美味しさに打たれ一瞬しびれた
Oooooh! これぞまさしくeclairだぁ!!
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:elleetchako
読者になる
Yapme!一覧
読者になる