羽生でヘイケボタル

November 09 [Wed], 2016, 0:41
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックとは要するに陶磁器であり見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果 歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わりインプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rinne
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/elleaveesiicpb/index1_0.rdf