体内時計とダイエットの関係

February 27 [Wed], 2013, 19:26
ダイエットエステメンズエステ


体内時計とダイエットは密接に関係しているのですが、昔はそんなことを心配する人はいなかったようですね。
昔というのは太陽とともにせいかつをしていた時代のことです。
それが産業革命の後、電気で街が明るくなってから、人間は24時間いつでも活動できることになって問題が発生してきたのです。
長い時間をかけて培ってきた体内時計のリズムが乱れてきて、その結果人は簡単に太るようになっています。


時計遺伝子はおよそ20種類あると言われています。
その中でも肥満にかかわりが深い遺伝子はビーマル1です。
役割は血液中のブドウ糖を増やすことや、脂肪合成を促すことです。


ほとんどの遺伝子が昼間増えて夜減りますが、ビーマル1は昼間に減って、夜に増えるのです。
昼間使ったエネルギーを補填して、翌日また日常生活を送れるように夜にエネルギーを作り出すためです。
このため、朝や昼に多少食べ過ぎても脂肪合成はそれほど進まないですが、夜の大食いは確実に脂肪増につながってしまうのです。

7時や8時に食事を終えていた時代ならまだいいのですが、現在のように夜更かしは日常に行われて、9時以降の夕食なんて当たりまえという食生活では太って当たり前ということです。
まさにこの生活パターンをしていて、体重が5キロ以上増加しているのが今の僕なんです。
だからこの考え方はすごく理解できます。

太ももを細くする方法!即効性ならダイエットエステのお試し体験です♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:elle65
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/elle65/index1_0.rdf