どうして日本で水中出産が流行っていませんですか?

April 19 [Tue], 2016, 12:11
どうして日本で水中出産が流行っていませんですか?

国際医療センターで働いて、毎日妊婦さんと接触して、分娩は水中出産は無理ってよく聞きます。

「どうして?」って聞けば、下記のような答えが出だ。

「泳げないだから、怖い!


本当の水中出産の時、泳げなくても全然大丈夫です。確かに誤解がありますね。今日は水中出産のことをみなさんに紹介したいんです。

水中出産は芸能人が実践したことで最近知名度が上がった出産方法です。道端カレンさんと長谷川潤さんも水中出産の体験者で、特に道端カレンさんは二人の子供を水中出産で分娩しており、フランスやイギリスなど特に欧州で普及している出産方法です。今回は水中出産について、自然分娩と何が違うのか、費用はどれくらいかかるのか、メリットデメリットなどをまとめました。



水中出産とははてなマーク自然分娩との違いは


水中出産とは、体温と同じくらいの温度の温水を室内プールにはり、羊水と同程度の塩分濃度になるように自然塩を溶かし、そのプールの中で出産する方法です。産む場所が水中ということ以外自然分娩との違いはなく、ずっと水中に浸かっているわけではなく、一度に浸かる時間は一時間と決められています。


水中出産のメリットは

リラックスできる

体温ほどのあたたかさの温水が、心身ともにリラックスさせてくれます。リラックスした気持ちでお産をむかえると、無理にいきんでしまったりなどのトラブルもなくなり、母体への負担も軽くなります。さらに水中は浮力によって体が軽くなるので姿勢を変えやすく、妊婦さんにとって楽な姿勢を取れるとリラックスできやすいですね。


陣痛が和らぐ

温水に入ることで筋肉が弛緩されて産道が柔らかくなり、陣痛が和らぎます。お湯の中で浮力を使いゆったりと動き回れることで、痛みも逃しやすくなります。


胎児のストレス低減

羊水の中で育った赤ちゃんはそのまま水中に出てくることに抵抗がなく、むしろ赤ちゃんも周りの環境が急激に変わらず負担が小さくなります。自然分娩の場合、生まれてくるときにお母さんの体とこすれてけがをしてしまう赤ちゃんは意外と多いですが、水中出産ではそのようなことも少なくなります。



水中出産のデメリットは

出血量が多くなる

血行が促進されるので出血量が多くなる傾向にあります。また陣痛の初期段階から水中に入ると疲労が増し、陣痛が弱くなってしまうことがあります。


赤ちゃんが感染症になるリスク

妊婦さんが入る水の衛生管理が徹底していないと生まれてくる赤ちゃんが感染症になってしまうリスクがあります。


施設が少なく、費用が追加でかかる

水中出産できる施設がまだまだ少ないのが現状です。産婦人科にプールを設置するのは病院側としてもお金がかかりますし、維持費も負担が大きいので、設置している病院施設が少ないのです。特に地方では、施設を見つけるのが困難になってしまうかもしれません。

水中出産の費用は


自然分娩以外の出産費用には細かい規定がありませんが、一般的には水中出産の費用は自然分娩の費用に5万〜10万円追加で費用が掛かる程度です。施設によってはもっとかかるところもありますが、しっかりと施設を見学し、内容を聞いた上で判断をしたいですね。


水中出産できる病院は少ないの


少しずつ増えてきましたがまだまだ少なく、特に地方では自宅近くで探すのは難しいかもしれません。インターネットで検索したり、実際に産婦人科に電話を掛けて質問したりしながら、最寄りの水中出産ができる病院を探してください。また、選択する際には衛生上の問題があるので、しっかりと管理されている専用のプールがあるか、どうやって管理されているか、過去にトラブルはなかったかを聞くなど細心の注意を払いましょう。

広州エリザベス国際医療センター、ラマーズ法、催眠分娩、水中出産の心理心療専門家がいますので、成立して以来、水中出産をやりたいママも増えて、前はアメリカ、フランスのママだけ水中出産しますが、現在中国のママも水中出産を試しました。プロの助産師、心療専門家、先進な医療機械、安全な衛生管理、水中出産のリスクを避けて、段々人気になりました。





出産方法は自然分娩や計画分娩、無痛分娩、催眠出産などさまざまな方法があります。場所も病院や自宅、助産師さんのおうちなど、選択肢がたくさんありますよね。体力や精神面、出産で重視したいことをしっかり考え、パートナーとも話し合い、納得のいく出産方法を選びたいですね。

エリザベスの星
elizajapan.jimdo.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:広州病院の通訳の星ちゃん
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:
読者になる
皆さん、初めまして、私は中国広州のエリザベス産婦人科国際病院の通訳担当の星と申します。

最近広州に生活している日本人がだんだん増えましたことを気がしました。音譜が、中国の病院で、日本語ができる看護師、医者が少ないので、広州生活している日本人は、病気になるときに、薬を買うとき、病院に行く時、言葉通じませんので、とても不便です。

私は日本人の友達がいっぱいいますので、彼らの悩みを聴いて、国際病院に働きたくなりました。

友達のAちゃんは妊娠婦です。ペンギン病院に行く時、私も一緒に行って、新世界のドアを開いたみたいで、いっぱいな医療知識を勉強になりました。虹

今の私は、エリザベス病院の日本語通訳担当です。広州に生活して、そして、妊娠している日本のお母さんたちにサービスを提供しています。

このブロクは妊娠婦さんたちに役に立つ情報を書きたいんです。

妊娠・出産する時に、なにかご注意しますか?定期健診はなにかを検査しますか?医者さんの言った言葉、どんな意味ですか?この状態になったら、どうすればいいですか?

できるだけ、いっぱい書きますヾ(@⌒ー⌒@)ノみなさんに役に立つために、頑張ります!

病院うちの病院のホームベージ:http://www.eliza.hk/

広州に住んでいる日本人の妊娠婦さんは必要があれば、うちの病院に来てくださいね。
住所は:広州市地下鉄1番線陳家祠、出口C 南の方500M


外国籍の先生、ホテルのような高級サービス、欧米風の室内環境、無痛分娩、催眠分娩、水中出産、産後回復手術、美容など。ぜひぜひ来てくださいね〜
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/elizayxx/index1_0.rdf