平賀とホープ

November 28 [Mon], 2016, 11:35
ニキビは体内に摂取したものと非常に関連性をもっています。食べるものに気をつければニキビも改善されます。食事は野菜中心の献立にして、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取る努力をしましょう。



野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を解消する点からも、ニキビの減少につながります。私が20歳の際、背中の痒みがひどく見てみると多数の吹き出物ができていたんです。
すぐに皮膚科に行きました。
すると、ドクターから、「この状態はニキビです。

こうなったのは食生活の偏りなんですが、脂肪分の多いものばかり食べているんじゃないですか?」と通告されてしまいました。


チョコがもっともニキビができやすいそうです。


アクネ菌がニキビの原因なので、フェイスタオルやメイク用のスポンジといった肌に触れる物を他の人と共有で使用していたり、肌に直接触れてほったらかにして洗わずにいると、ニキビの原因であるアクネ菌がうつる恐れがあります。

また、自分のニキビを触った手で、顔の他の場所に触れると、そこにニキビが増える可能性があります。


肌の潤いキープで、洗顔することが、ニキビに対抗するには欠かせません。

ことに大人ニキビの場合は、主要因が乾燥だとされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎてはいけません。



牛乳石鹸ならそれができます。


ミルクバターたっぷりの牛乳石鹸なら、肌の潤いキープ&汚れ落としで、ニキビ予防に有効なのです。ニキビ防止に効く飲み物は、耳にしたことがありません。ただ、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激するもとになるので、やめておいた方がいいということです。ニキビと肌荒れは異なりますが、肌にいけない事をすると、ニキビを悪化させる原因にも繋がることがあるのです。



ニキビは青春時代に起きる症状であり、赤ちゃんには発生しません。

乳児によくあるのは、よく聞くのはオムツかぶれなどのかぶれでしょう。

赤ん坊の肌は、すごくデリケートで、すぐにかぶれが発生してしまいます。ニキビはかぶれとは同じではありません。


赤ちゃんの肌に何か異変が起きてしまったら、できるだけ早めに病院を受診してください。妊娠してすぐの時期にはホルモンバランスの乱れといったことから非常にニキビが出来やすい肌状態になります。



また妊娠に伴う精神的ストレスもニキビの原因の一つとなります。


とはいって、抗生物質などは使用が出来ません。



正しくホルモンバランスを整えていられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、安静に体を休めておくようにしましょう。にきびで悩んでいるからといって洗顔をやりすぎると、必要となる油脂も落としてしまい、ニキビがひどくなる場合もあります。どれだけ多くても洗顔は一日に二度ほどにしておきましょう。

大切なことは洗顔料をしっかりと泡立てて、肌に直に手を触れずに、あくまでも泡だけで顔を洗うこと、顔を洗い終えたらすぐに保湿を行うことです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユア
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる