安倍と小田島

July 12 [Tue], 2016, 3:48
「本職でスキーム力を作動させたいときに大切なのは、キッチンの取りまとめアレンジだ」と言うのは、中国重要理学追究家で「おそうじ風水」を提唱する林 秀靜君。でも本職でなぜ「キッチン」なのだろう?

「斬新な感度が必要とされる美術・スキーム系の仕事の人のキッチンは、今一出先にものが出ていなくてすっきりしていることが多いようです。キッチンは生活感のあらわれがちな箇所。それだけに美的感受性がうかがい知れるフロアだからでしょう。

仕事にかかわらず、キッチンはしょっちゅうすっきりさせておくのが基本です。キッチンの狂いは本職や値段宿命に反映するからだ」

無秩序になりがちな鍋やフライパンなどのビッグ調理器機、またフライドポテト返しやお玉、おろし金、缶切りなど小型の調理器機は、品種を分類してから、見えないように盗み出しや入口の中にトランク決める。言える部分がゴチャついていなければ、怒りが休まる。つまり、宜しい見識やスキームが浮かび易い環境に繋がるというわけだ。

「パスタや小麦粉、砂糖、塩気など潤いを忌み嫌うものは、透明の連続箱に入れてトランク決める。オリーブオイルなど、酸化しやすい油部類は、夏場は冷蔵庫に連続を。コーヒーや紅茶などのお茶部類はエナジーにならない日陰に連続決める。総括気分のある透明の箱に押し込めると、使い勝手が良くなり、体型も可愛く棚に並べておくことができますよ」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミユ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/elitrers5un9ay/index1_0.rdf