ベニマシコだけどミミセンザンコウ

August 15 [Tue], 2017, 14:08
便秘にいい食べ物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食材などです。

大変な便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態になってしまいがちです。
少しでも早く、この状態を解放して、お通じを出やすく柔らかくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら乳酸菌で整えるといいでしょう。病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などには、5日間出席できなくなります。インフルエンザに感染してしまったとしても、2、3日で発熱は治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。平熱に戻っても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、第三者にうつしてしまう可能性があります。

とにかく出席停止の期間を厳守することが感染を防ぐのに必要なことです。



赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、きわめて大変なことになりかねません。



まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、そうなると命を失うことも無きにしも非ずでしょう。インフルエンザ患者が多い時には、絶対に外出させない方が確実かもしれません。オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分としてクローズアップされています。事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、内臓環境を整調してくれます。乳酸菌とオリゴ糖は両者とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには必要不可欠な成分であるといえます。

乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルトでしょう。
過去に白血病に罹患し、闘病経験をお持ちの渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。



みごとに白血病を治し、ハリウッドでまぶしい活躍をしている渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、おおきな効果が得られそうなような気がします。


昔から、乳酸菌が身体に優しいのは有名な事実ですが、一方で効かないという説もあります。
これも本当かもしれません。その理由は、個人差があるほか、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、即効性が期待できる治療薬ではないからです。
自分に合うかどうか確認してから判断するのがよいです。


肌が美しくなると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、実のところは、ヨーグルトと同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む食品みたいです。
「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。何となくちょっと恥ずかしかったです。どうして私が便秘になったのかというと、多分、運動不足のせいだと思います。

毎日の通勤は車なので、あまり歩く事もありません。

犬でもいれば違うのでしょうがいないので、散歩に行くこともありません。
そういった理由で、私は便秘がちなのではないでしょうか。


便秘の改善にもなるはずなので、ウォーキングをすることにしました。
わたしの母は重度のアトピー患者です。遺伝したみたいで、私も同じくアトピーになってしまいました。


肌がボロボロになってしまって、毎日保湿を欠かすことができません。ケアを欠かしてしまうと、外出もできなくなってしまうのです。



別に母を責めるつもりはないのですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、恐ろしくなってしまいます。以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が実体験したのは、かなりたくさん食べないと、効果があまり感じられません。1日に1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。
ヨーグルト好きはいいですが、嫌な人もジャムを入れたりして、可能な限り摂取すると効果アリです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kotone
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる