アルゼンチン 6大会ぶり4強

July 07 [Mon], 2014, 11:30
チタンサッカーワールドカップブラジル大会の準々決勝、アルゼンチン対ベルギーはアルゼンチンが1対0で競り勝ち、6大会24年ぶりに準決勝に進みました。

ブラジルの首都、ブラジリアで行われた準々決勝は優勝候補のアルゼンチンと、1986年のメキシコ大会以来のベスト4を目指すベルギーが対戦しました。
試合は序盤からアルゼンチンが、エースのメッシ選手にボールを集め、相手のマークが集中してできたスペースを突く形で優勢に試合を進めました。
ダイヤモンド前半8分、メッシ選手からのパスを受けた右サイドのディマリア選手が守備の裏をつこうとゴール前にボールを送ったところ、相手に当たってコースが変わり、それをイグアイン選手が右足で流し込んで先制しました。
イグアイン選手はフォワードの最前線のワントップのポジションですが、出場5試合目で今大会初ゴールでした。
アルゼンチンはその後もメッシ選手が決定的なチャンスを作るパスなどを見せましたが追加点は奪えず、前半を1点のリードで折り返しました。
後半に入ると追いつきたいベルギーは前の試合で決勝点を挙げたフォワードのルカク選手など攻撃的な選手3人を投入して反撃に出てサイドからの攻撃などで再三チャンスを作りました。
しかしアルゼンチンは集中した守りでベルギーの猛攻をしのぎきり、1対0で競り勝ちました。
モザイクアルゼンチンは準優勝した1990年のイタリア大会以来、6大会24年ぶりに準決勝に進みました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クネーム
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/elijahklsdfjkj/index1_0.rdf