Hawaii島旅行記 続き 

June 20 [Tue], 2017, 13:07
これはもう
去年の9/9の話なんだけど
ずっと書きたくて
記録残したくて
ケータイに写真保存したままでした。


レイラさんと2人で
初めてハワイ島に旅行して
火山の溶岩観たり
イルカと泳いだり
色々遊んだ後の
最後のお楽しみ☆


マウナケア山の
満点星空ツアー!



特別なカメラで撮ってもらったから
プラネタリウムにいるくらい
満天の星が写ってます。

頂上に行く手前
オニツカビジターセンターで
高山に体を慣らす目的もあって
ここで休憩兼ねて
天体観測をします。

ガイドさんが
ペンライトみたいな棒で
空に向かって光を放ち
星座について色々説明してくれました。

なんで
空に光が届くのか
それが不思議過ぎて
それに寒過ぎて
お話全然頭に入って来なかったけど!!



防寒着貸してくれたり、
それなりに防寒対策を
とって行ったつもりだったけど
予想を遥かに上回る寒さでした!

4,205mですもんね。
富士山より500m近く高いし、
富士山の時は自分の脚で歩いて登ってるからそれなりに汗かいて
体もあったまってて
あんまり寒く無かった。



マウナケアは頂上まで
車で連れて行ってくれるから
楽だけど
寒いのと
高山病対策がすごく大事みたい。

少しずつ少しずつ
空が白んで
太陽が頭を出し始めます。



iPhoneだから
太陽を撮るのは凄く難しいけど
記念の御来光です!



私の手
サルサダンサー



レイラさんの手
ベリーダンサー

面白いよね。
『摘む』
一つでちょっとずつ違う。

この『違い』が
今すごく楽しい私。

ガイドさんは7年
この仕事をしているけど
高山病になった方は
過去に2人しかいないから
みんな心配しないで、
って言っていたのに
稀にみる豊作で

老若男女合わせて5人も
「酸素ボンベください!!」
と頭痛や不調を訴える結果に!!



もれなく此の方も!!
気分悪くても朝日は浴びていたい
その前向きな気持ちが可愛くて
写真撮ってしまいました!笑



厳密に言うと
レイラさんが座り混んでいる
奥に写っいるこの三角が
頂上らしいです。



これは
日本の観測基地
だったかな…

もう一年近く前で
忘れてしまいました!!

またハワイ島に行く事があったら
是非行ってみたい
マウナケア山。

キラウエア火山も良かったし
イルカも海も綺麗だったし
人も穏やかで
とても平和でした。



最後に
ハワイ島のコテージのような空港に
たくさん咲いていた
ジャスミン。
いい香りでした!


帰っきてから
一週間ほど
ふわふわしていて
ハッピーで
時差ボケと言うのを基本しないから
きっとコレが時差ボケなんだ、


って思っていたのだけど、


今年3月に沖縄の久高島に行って
神様に会って帰って来た時も
私の体に同じ現象が起きたので


やっぱり時差ボケというヤツでは無い
と確信しています。




ハワイ島の素晴らしいエネルギーに
体が共鳴していたみたい





ひょんな事から
レイラさんにお誘い受けて
初めて行ったハワイでしたが、


また行きたい。
きっと行く。


そんな場所
空間でした!


2016年9月の
ハワイ島旅行記、
やっと!
おしまい☆


2017年3月、沖縄番外編 

April 12 [Wed], 2017, 9:10


斎場御嶽に行ったあと
サトウキビ生搾りジュースを
飲めるお店で
初サトウキビジュース

メーーッちゃ美味しくて
びっくりのこの顔!!

こんなに美味しいなら
今までも飲めば良かった!
見かけたら毎回飲もう!
って心に決めた!!

サトウキビを機械に刺して
ガリガリ絞ってもらう。
2本分でした。

ライオン丸みたいに
乱れてるのは
連日ハードスケジュールで
大変だったから、
という事にしておいて
笑!



隣の畑に咲いていたこの花は
何だろう?
とお店の人に訊いてみたけど
分からず…

沖縄も外来種が多いから
この花はここでも
珍しいと教えてくれました。


女神達と分かれ
最後1日一人沖縄に残り
知人に会いにいったり
お土産買いに行ったり…


国際通りいくと
必ず目に飛び込んでくる
おっぱいボールを
サルサの男子生徒さんにお土産で買い、

自分にも

お尻ボールとふかふかバナナさん


触り心地が気持ち良い!!


夜は
ヒロさんのお店
沖縄市のLatinSoulへ


大きなイベント後だから
空いてないかな?
と思ったけど
居ました^ - ^

去年15周年だった時の
記念Tシャツ頂きました!
次沖縄行った時着ます☆



最近のハードスケジュールで、
横になっているのに
目眩がするくらい
自律神経ヤバイ所まで
行ってしまってたけど、


沖縄来て治りました
m(_ _)mm(_ _)m


色〜んな
パワーのおかげです!








踊り


今、私に必要な場所みたい。





久高島2017年3月20日 

April 07 [Fri], 2017, 10:43
2017年3月20日

15年越し、
ずっとずっと気になっていた
久高島へ


やっと
参る事が出来ました。

人生には
タイミングがある。

今、
この時期。

それに意味があるんだって。

心の底から理解した旅。


私を
久高島へ
いざなってくれたのは
一緒にダンスを踊ってくれている
Dahliaのメンバーたち。
私の女神たちです。
人生の先輩だけど、
ダンスでは生徒さん。


この
時空を超えた関係が
なんとも好き☆


パワースポットとかいう
今風なチャラい言いかたで
呼んで欲しくないくらい
何故だか久高島には
想いがあって
ずっとずっと大事にして来た感じ。


全ての環境が整って、
やっと行ける状態になったんだと思う。
(私がね)
時間掛かりました。
でも、
今で良かった。。



斎場御嶽へ行った後
フェリーで久高島へ

フェリー乗り場に黒猫ちゃんがいて
お見送りしてくれた!
この子
産後のママさんなの。
写真撮らせてって言ったら
プイって顔背けちゃったけど、
フェリーで帰って来た後も
ふら〜っと現れて
車の方までお見送りしてくれました。

デッキで風を感じる姐さんC。
久高島に向かうフェリーの中で。

どんどん天気が良くなっていく!








かなりイケメンだったであろう、
船のメンテナンス担当っぽい
色黒のシュッとしたおじさまに

昔は島に渡るのに何時間掛かったの?

って質問したら、
トンチンカンな答えが帰っきた。
(^-^;
市場でも時々ある
標準語を聞き取ってくれない…。

これ
私の東北の祖母もそうなのよね。。

噛み合わないやり取りから
ようやく聞き出せたのは、
昔は違う場所から船が出てたから
此処じゃないんだよ。
ポンプ船で一時間くらいだよ。
との事でした(^-^;

久高島では
時間を有効に使うため
ガイドさんに案内してもらい
車で色々連れていってもらいました。

私が助手席に座って
シートベルト締めようとすると

しなくていいよ。
20キロ以上出さないし
久高島には信号ないから〜

あ、そうか。
と納得。



久高島の人は
土地を持っていない。

それは
神様からお預かりしている
土地だからなんだって。

素晴らしいよね。

畑として使える
土地を与えられたら、
境界線は
石ころ並べるんだよ、
って。
平和だね。
もうここで涙出そうだった。





この
パイナップルみたいなこの木は
アダン
だそう。。

食べられないらしい。
鳥たちが落ち実を食べるけど
人間はダメなんだって。
でも新芽は食べれるらしく
夜に入った居酒屋さんで
この新芽の炒め物食べました。
タケノコみたい。

アダンていう名前が
アダムとイブを想像しちゃう。
林檎はアップル
アップルはもともと
果物の実の総称でしょ?
アダンの実をみたら
食べたくなっちゃうよね〜〜。


茂みの境目で
二匹の白い大きな蝶が
綺麗に舞っていて、
私が近寄って行って
写真撮っていい?
って聞いたら

どんどん私に近づいて来てくれた!

近すぎて
カメラに収まらない!

しかも蝶の舞は激しくて
なかなか追いつけない!

やっと撮れた一枚。


歓迎してくれているようでした。



空と海と風と

気持ちよくて
心地よくて

やっと探していた場所に来れた感じで
ふわふわと幸せな時間。


魚釣りしている親子?に遭遇

女の子が採った魚を
手ではらわた割いて
内臓取り出して
海水で洗って

男の子がウロコ取って
さばいて切り身にしてくれて

それがあまりのスピードで
慣れた手つきで
驚きっぱなし!

お父さんらしき人が
燻製醤油をかけると美味しいよ、
と渡してくれました。



イラブチャーっていう
お魚だそう。

宝石みたいにキラキラ。

美味しかったです。
ご馳走様でした
m(_ _)m



お姐様達と


楽しくって
隠し撮り!





ガイドさんに
最後に連れて行って頂いた
御嶽。

陽と陰の二箇所。

陰は
地図にも載ってなくて
今もなお男子禁制なので
僕は入れないから
みんなだけで行ってきて、
と言われて入った茂みが

なんとも言えない穏やかで
愛に包まれた場所で
明らかにそこには
神様がいて
私たちを待っていてくれた。


私はこのメンバーで来れた事に
また嬉しくなり…
涙が溢れてきて

この数分間に
沢山を学びました。

時間が遡って幼少期の記憶が
走馬灯のように流れたり

見えないけと
感じる
そこに居る神様は
なんと私が大好きな
あのポーズそのものだったし!

身近だけど
神聖で
在る事が
当たり前なんだけど
尊いものだと
改めて気付かせてくれました。

久高島滞在
約二時間。

あっと言うだった。

でもまた行くから。。。


那覇に帰って
居酒屋で郷土料理。
さっきのアダンも食べた。


そして
まるで
精進落としのように
バーレスクを観に行くという
濃厚なスケジュール!


沖縄でMECAVちゃんの
ショー観れるとは!
そして
オッパイ観音サフィーさんも!

姐さん一人合流して
最前例でみんなで大盛り上がりだった!
ここが沖縄であることを
忘れそう!
幸せな1日でした。


そして
女性性について
考えさせられる日でもありました。

今日という日に
一緒に過ごしてくれたみんな
ありがとう






















沖縄Day of Salsa2017 

April 06 [Thu], 2017, 9:38
昨年秋の
大きなイベントに参加してから
沖縄サルサにどっぷりな私!!

もともと好きで何度も行ってるけど、
どんどん好きになって行くし
頻度も上がって来てる!
(≧∀≦)
LCCのお陰ですね!!

今回は前日が姫路トロピカーナの
イベントで朝まで仕事、
3時のショーを終えて
初めて徹夜のまま飛行機乗りました
(^^;;
前乗りしてるWilsonに
空港迎えに来てもらって
車の中で寝る。
楽屋で寝る。
トータル1時間の睡眠だったけど
アドレナリンていう
物質はやはり凄いのね!
まあまあカラダ動くもんです。。

会場到着してリハ、
本番。

前回同様
司会のマミさんの心地よい声が
会場に響き渡っていて
スムーズにリハーサルが
進行していく。

沖縄中の熱い
サルセーラたちが
群舞を披露していく。

頭半分ボーっとしながらも
この本番前会場に漂う緊張感が
心地よくて、
私はやっぱりステージが好き。
と実感する


Wilsonプロデュース
バチャータペアチーム
EstiloLibre

Elianaプロデュース
Dahliaも出演しました。

みんな
沖縄が大好きなメンバーばかり。
サポートメンバーも二人、
来てくれた!!

みんな本当にありがとう!!

本番後に
主催のヒロさんと!


打ち上げはお約束の
肉会!!




関西色んな地域から
集まって来てくれてるから、
ほとんど打ち上げする事ないし、
こうやって遠征した時が一番集まれる。
レッスンの時は私たち
スパルタらしいけど
(自分たちに自覚ないけど)
ダンスから一歩遠ざかると
二人とも
出来の悪いオトナなので、
生徒さんたちに
支えられている事を
痛く実感するのです。

いつも本当にありがとうございます
m(_ _)m笑


沖縄サルサの皆さまも
今回も素晴らしいステージを沢山
ありがとうございました!
また次回も
参加させていただきたいと思います。
そしていつか関西へも
いらしてくださいね!






Eliana Dance Lesson 

March 30 [Thu], 2017, 21:49
所属スタジオや
レッスン事情が変わったりするので
いつどこでレッスンしているか
わからない
どこを見たらいいのか

と問い合わせをいただいたので
簡易のHPを作りました!

ひとまずレッスン情報だけですが。
だいたい
イベントの告知は
Facebookにあげることが多いのです。
LINEのタイムラインにも
一時期あげてましたが
あっちもこっちもは
やっぱり続きませんでした・・・

ツイッターはしておりません。

HPもなるべくこまめに
更新できるようにしたいと思います。

興味ある方は
リンク
保存しておいてくださいね!!

こちら

TravellersDiary#Helsinki5ヘルシンキでサルサ☆ 

March 17 [Fri], 2017, 1:01
泊まっているホテルから
トラム(市電)に乗ると
看板が目に飛び込んできた。



DANCE!

シルエットだと
ペアダンスだけど
どうせ
社交ダンス
(ballroom dance)
なんだろうな、
って思っていた。

(社交ダンスのサルサと
私たちが踊っているサルサは
ちょっと違うから。。。)

朝お散歩に出掛けた
メカブちゃんが、
すぐ近くの港の横の
建物にサルサありますよ!
って名刺とか
撮って来た写真とか見せてくれて


わお!
SalsaLatinaって書いてある!
行かねば(*≧∀≦*)


大阪の中之島
中央公会堂に似た
歴史のある建物の中は
レンタル事務所やレストランや
色々。
そこに
サルサ教室もあって、
夕方寄ると
ちょうどレッスン中。

先生らしきラティーノと
綺麗なお姉さん、
日本語が少し話せるお兄さんも
出て来てくれて、
明日の夜
BachataNightだから
良かったらおいで
って誘ってくれた!

なんだろうな。
ほんの数日
ラテンミュージック
聴いてなかっただけなのに、
建物から漏れてくる音楽に
血が騒ぐ感覚と
落ち着く感覚。


じゃあ明日、
24時過ぎると思うけど
行くね!
って約束して帰った。


HelsinkiBurlesqueFestival
初日が終わって
みんなとお茶して帰ったら
1時になっていた。

急いで着物脱いで
ブーツ履き替えて
しんと静まり返っている
夜中のカタヤノッカ島を
てくてく歩いて
ダンススタジオに行くと
カップル二組が
マッタリ中。

1組は先生とアシスタントさん。
もう1組は生徒さんのカップル。


『もう、終わっちゃった?』
って聞いたら、
24時過ぎると
みんな帰っちゃうからね、
って。
そこは関西も一緒。


そっか〜〜遅過ぎたか〜〜と
残念そうにしていたら、
おいでおいで
って中に入れてくれて
ジュースを注いでくれた。



先生は
チリ出身の
Patricio
Assistantは
現地の女の子
Noora

それに
インド人の男の子に
フィンランド人の彼女

あっという間に
サルサが出来上がったわ!


この日は
SensualBachataParty
だったから
何曲か
パトリシオが踊ってくれた。
やっぱりLatino最高です。

パトリシオとノーラも
踊って見せてくれた。

SalsaもKizonbaも
Melengueも
Latin full-courseでした。

パトリシオは
日本人の女の子と
踊るのは初めてだ
と言っていたので

『初めてが私で嬉しいわ』
とお返ししたのだけど、
この含みのあるニュアンスまでは
伝えられなかった事が
悔やまれます



Salsaがあると
言語を超えて
国籍を超えて
人種を超えて
コミュニケーションが取れる。


きっと私と同じ思いで
パトリシオも熱い思いを語り出した。

帰る頃には3時過ぎてたから
かなり踊って語って
濃密な時間を過ごしたかと思います。


アシスタントのNooraは
まだダンスを始めて一年だ
と言っていたのに
なかなか上手で
これは貴女のセンスもだけど、
教える先生がいいのね?
だから
パトリシオは
凄い先生よ!
と日本語
Sugoi-Sensei
と伝授してみた。

PoleDanceしてる事とか
ChairDanceもするって話ししたら
今踊って、
って言われて…


今?
と一瞬躊躇したけど、
暖か迎えてくれたお礼に
踊りましょう、
と即興で踊ってみました。
ヒール履かずに
chairdanceするのは
ちょっと抵抗があるんだけど
踊ってみたら
みんな思いの他喜んでくれたり
絶賛してくれたりで、、
すごく嬉しかった。


文化水準が高いと
誰かが踊ったり
アートで表現したり
綺麗なお洋服をきたり、
そういうパフォーマンスに対して
おおらかで暖かい眼差しで
みてくれたり、
理解しようとしてくれたり、
褒め称えたり。


日本人には少ないこの感覚に
数日間触れていたので
居心地がよかったです。


パトリシオとの思い出のダンス。
暗いし、黒い服着ちゃってるから
見え難いけど
Bachataです。


https://youtu.be/YqL3acg-v50

残りの日数でタイミングが合えば、
Nooraにchairダンス
レクチャーしてあげる、
って言ったのに
結局タイミング合わなくて
もうこの日以来会えなくなった。


またヘルシンキ行きたい
理由の一つが
貴女たちに会いに行きたいのです。


サルサがくれた
素晴らしいご縁。
本当にありがとう!







TravellersDiary#4HelsinkiBurlesqueFestival 

March 14 [Tue], 2017, 23:01
ヘルシンキの街にも
慣れてきた4日目。
ポールダンススタジオが
何件かあるみたいなので、
メカブさんとレッスンを
受けに行ってみました。
吹雪いたりしてないし、
融雪剤のおかげで
足元も歩きやすいヘルシンキ。
室内はどこもポカポカで
京都より寒くないなんて
錯覚しがちだけど、
いやいや
平均気温マイナス1度は
やはり寒かった!


バスを待ってる間。
可愛い親子をバックに。


ヘルシンキのバスは
かなり大型でした。
ドアが三ヶ所もあった!
トラム同様、
アナウンスないし、
掲示板もないし、
泊まる停留所しっかり数えないと
見過ごしちゃう!

『高架下にダンススタジオ』
は世界共通みたいですね…。
レッスンは淡々と粛粛と行われまして、
まるでフィットネスジムの
スタジオレッスンを受けてる感じ。
生徒さん達の
馴れ合いがほぼなくて
外国人の私たちにも
誰もびっくりしないし
60分のレッスン終わったら
すぐ入れ替えで次のレッスン。
だから、
写真撮るタイミングなくて
スタジオの外から
中を取らせてもらいました。

入り口は暗いけど
中は明るくて
おしゃれなスタジオでした!



ヨーロッパでよく見る
真っ白なポール。
太さ5センチだけど
素材が手にフィットして
慣れないスタティックだったけど
私でもとても楽しめました
^ - ^

ヨガマット?
がびっくりするくらい大きかった!
だけど、
カラーに統一感があって可愛かった!

とにかくスタジオが広くて、
ポール何本あったか
数えられないくらい!!

更衣室で、
腕に【希望】って入れ墨してる子に
ポール何本あるの?ってきいたけど
その子も分からなかったみたいで、
Manyって返ってきた。笑


ロッカールーム
このロッカー沢山あるのよ!


シャワールームとお手洗いゾーン
いちいち可愛い

ヘルシンキでは
何処に行ってもインテリアが
さりげなくおしゃれで
北欧家具にハマる人の気持ちも
ようやくわかりました☆


夜は
いよいよHelsinkiBurlesqueFestival!!
コレを観に来たのデス!!!


第1礼装
ジャパニーズ
着物ドレスで鑑賞しようと
着物持ってきたけど、
私おたいこ結ぶの13年ぶりで…
すっかり忘れてしまって
後ろグチャグチャでした
(^^;;
メカブさんに
形直してもらって
出発!!


会場着いて他のメンバーとも
ようやく合流!
なんとそこへ
待っていてくれたかのように
巨匠Satan'sAngelと
オーガナイザーの
BettieBlackHeart氏が!!


この写真は宝物です!
一緒に観に行った
黒猫バーレスクのメンバー
古川真穂
うの
MECAV
ベロア
そして私

ここには写ってないけど
黒猫バーレスクのメンバー
『おはぎ』も観にきていたし、
みんなで凄いエンターテイメントを
目の当たりにして
感動して興奮しまくってました!


さすがにずっと着物は疲れる。。
大人気のイベントで椅子席はすぐに
SoldOutだったから
立ち見だったのです。
お腹空いて
ごはん食べれる所探したけど
ラストオーダーが
ほとんど23時。



仕方ないので、
バーのカウンターで
ホットココアを飲む
着物ガールズたち。
少なくとも
カウンターのお姉さんには
そう思われてたと思う。
お酒飲まないし…


華やかな着物ドレスは
人気が凄くて
何処行っても
写真、写真。
ショーはないのか?
とか話しかけられるから、
最初のうちは
丁寧にお相手してたけど、
メンバーみんな
だんだん面倒くさくなって
もう帰ろ〜〜って
帰ってきました
(^^;;
ありがたいのですがね…


私はもう着物疲れたので
明日はラフに
羽織りだけ羽織って行きます。。










TravellersDiary Helsinki#3バーレスクWS 

March 09 [Thu], 2017, 4:57
滞在3日目!
今日はバーレスクの
WS を受けに行きます!

なんとインストラクターは
バーレスク界のスーパースター☆
ImogenKelly
(イモージェンケリー)


実はその辺の事全く知らなくて
私はインスタで誰かがあげてた
彼女のピンナップを見て
なんてカッコいいんだ!!
美しくて
クレイジーで
素敵!
ただそれだけで
写真をストックしていたの。

HelsinkBurlesqueFestivalに行く
と決めたのも
なんか面白そう!
っていう軽いノリで!

HelsinkBurlesqueFestivalのHPをみて
そのめっちゃカッコいい
お姉さんが出演者だと知って
なんか運命を感じた!笑
そこで初めて名前も知ったわけです。

すると今度はタイミングよく
WSも受けれる、
って事で是非参加!

WSでは
何言ってるか半分以上
分からんかったけど
^_^;
一人一人の目を見て
真剣に向き合いながら
自分が大切にしている事を
伝えようとしてくれている思いは
十分に伝わったし
彼女から発せられるエネルギーを
身近で感じられてヨカった!

コーディネートしてくれた
メカブちゃんありがとう!
憧れの
イモ様に会えたわ!

昔で言うところの
レコードをジャケ買いしたら
『めっちゃ自分好みの音楽だった』
みたいな感じよ!

WSの会場となるスタジオ
Shangri-Laは
Googleマップでザックリ示されて
探すのに少し難儀したけど、
無事に到着。

スタジオがあまりに可愛くて
ただそれだけで
テンションあがる!!


受付後ろの壁

更衣室の椅子!

更衣室のミラー

ランドリールームへの簾すらお洒落


其処彼処に
burlesqueを感じる
インテリア

人がいたので
上手側一部しか撮れなかったけど、
レッスンルームの床も綺麗で
ステージもちゃんとあって
ゴージャスな椅子も何脚もあって
練習用グローブも
ストックが沢山あるから
セクシーなダンスやムーブメントが
気軽に練習出来る
本当に素敵なスタジオ!

だけど
玄関の案内が
白黒コピー1枚
ペロンと貼られているところが
【外国】って感じ(≧∀≦)



レッスン前に立ち寄った
ロハスなヨガカフェ

靴脱いであがるシステムらしいから
脱ごうとしたら
無理に脱がなくていいよ
って言われて
何故か私たちだけ土足。

そういう所
あんまりに気しないみたい
^^;

センス良く陳列されたケーキたち
リーズナブルで美味しかった!

私はチャイと
ビーガンチョコケーキ。
このチャイがすごく美味しくて、
ビーガンだから期待してなかったけど
チョコケーキも美味しかった!

隣のヨガスタジオも
クリーンで清潔な感じ。
なんだか
京都の左京区っぽいよね、
て感じた私たち。笑
(京都の人にはわかると思うこの感覚)



海沿いのアトリエの様な
タイル屋さんに入ったり
町歩きは沢山のアートに
出会えて面白かった。

乗り捨ててあるのか
飾ってあるのかすら
分からない自転車がお洒落。

凍った海に浮かぶ赤い船

可愛い建物がいっぱい!



私たちの学生寮ホテルでは
持参した電気ポットでお湯を沸かして
朝晩コーヒーや紅茶で
ブレイクしてました。



このポット、
ウチで使うとなかなか
お湯湧かないのに
ここフィンランドでは
電圧が230ボルトらしくて
30秒掛からずお湯が沸いて
ティファールより速い!
あまりに凄い勢いでお湯が沸くから
壊れるんじゃないかと思って
心配していたら
本当に壊れました!笑

共同キッチンの冷蔵庫が
銀行の金庫並みに小さくて
入りきらない野菜さんを
北国特有の二重窓の間に
収めて冷やす、
という奇才ぶりを発揮した
メカブさん

ネギ!!
もはやアート



明日はポールダンススタジオに
レッスン受けに行くの☆



















TravellersDiary Helsink#2お散歩と買い物 

March 08 [Wed], 2017, 22:28
Helsinkiの乗り物を
自由に乗り降り出来る
素敵なパスがあるらしく
3日券を手に入れた私たちは
トラム(市電)
地下鉄
バス
VR(特急電車)
全て制覇することが出来ました!!

やった!
なんか嬉しい☆


1番多く利用したトラムは
ベビーカーにとても優しい
設計&設定で
降車ボタンにベビーカーマークがあって
多分それを押すと
扉が長い時間
空いててくれるらしい…。

とにかく
日本みたいに
ベビーカーの方たちが
すみません、すみません
言いながら肩身の狭い思いを
してない所がヨカった。
子は国の宝
ですものね。
乗り込んでくる
お爺やお婆も
何処と無く穏やかでした。

ホテル前の1番多く利用した乗り場

江ノ電の様なフォルム


せっかく乗り放題チケットを買ったのに
私たちのいる
カタヤノッカ島から街の中心地まで
歩いて行ける事が判明!
思っていた以上に
小さいHelsinki!

散策していると
凍った海に
丸々のウミネコやカモメ

凍った海に立つメカブさん
何処と無くヘッピリ腰で可愛い!

海はさすがに凍らないけど、
池が凍るのは見慣れているから
私はテンション上がらず
冷ややかに
気をつけて〜〜って見守る。。。



亀のモニュメントが以外と
多かった。
棒が刺さったバージョンがあったので
メカブさんに
ストリートポール
してもらいました^ - ^
エルボースタンド。



入らなかったけど
ミュージアム
外観が可愛いから羨ましい。。

隣のビルの壁面
もはやなんでもアートに見える!

散策中でくわした
このエイズ対策ポスター
このポストカードがあれば欲しかったけど
それにはお目にかかれず…。


ビーナスの様にポーズを取るのは
フィンランドのアイドル的存在
アマンダ
だそう。
その周りを取り囲む
アザラシの表情が面白かった!


ガラス張りのお洒落な
カフェレストラン
Kappeliは
1867年創業の老舗らしく
地元の人たちにも愛されてる
カフェみたい。

私たちは日替わりスープ
グノーシャっていうのを注文。
ハンガリーの伝統スープのようで
酸味のあるクリームを添えて
食べるのが美味しかった!




Helsinki大聖堂にお参り

カトリックじゃない教会に
お邪魔するのは
初めてだったので、
シンプルな内装
ドームが新鮮でした!





スーパーでは沢山お買い物
これで残りの日
自炊してしのぎます。
一人3000円ちょっとだから
かなり節約生活出来ます!

なんとキツネの肉を見つけたので
買って鍋にしました。
味は鶏肉!

見た目も鶏肉

まるで寮母な私

キッチンとはいえ
包丁はなくて
ボウルもないし
限られたフライパン、鍋、食器しかない。
メカブさんが持ってきてくれた
スーパー調味料
塩!

そしてサランラップ、
ジップロックは
旅の必需品だと学びました。。

決して日本食が恋しいのではなくて
節約のために持参した
【サトウのごはん】は
やはり素晴らしい商品でした。
m(_ _)m


明日はWS受けに行きます!
間も無くフェスティバル開催よ!!
ワクワク
















TravelarsDaiary Helsinki#1ヘルシンキ到着 

March 07 [Tue], 2017, 10:53
ムーミンも
かもめ食堂も
ウィンタースポーツにも興味ないけど
フィンランドは
ヘルシンキに行って来ました☆

結論!
また行きたい!!!
(≧∀≦)
早速来年のホテル調べたりして
ヤダもう満室?
なんて、
びっくりしているところ。笑

ああ、
色々あり過ぎて
何から書いていいか分からないのです
(≧∀≦)

ヘルシンキに行く事になった最大の理由は
HelsinkBurlesqueFestivalを観るため!!
10年目の今年閉幕するこちらのイベントは、
世界中多々ある同種のイベントの中でも
主催者の愛が深く
ホスピタリティが高く
演者もバラエティに富んでいて
面白い、
と訊いていましたが
本当に本当にそうでした!!!
ステージを観て、
こんな満たされた気持ちになったのは
いつ以来だろか…。





先ずはヘルシンキまでの飛行機一緒だった
ババールさんと!
ババールさんは
旦那様の待つイギリスへ向かわれましたm(_ _)m
他にも
ババールさんのお知り合いが
乗っておられたり、
なんだかご縁を深く感じ始める
旅の予感…


私たちは
イベント開催日より数日早く現地入り。
今回の旅のお供は
『黒猫バーレスク』のメンバー
MECAVちゃん!
方向音痴な私も
彼女と一緒だから凄く心強かったわ!

フィンランド着いて最初に空港で。


直行便で10時間くらい。
パリやロンドン行くより実は近い北欧!

『世の中には知らない事が沢山ある』

二人ともあまり下調べせずに来たから
先ずはどの交通機関で移動するか
Wi-Fi繋ぐ繋ぐ!(メカブちゃんがね)
いい時代になりました。。。
私なんてガイドブックすら買ってない!
いや、買おうと思ってたんだけど
書いそびれちゃったのです。
だから
空港でお金両替する時初めて
フィンランドが今はユーロ圏だ
と言う事知ったくらい
いい加減な私。。



最初に乗った鉄道
VRは
近鉄特急みたいな感じ!
この写真北欧感ゼロ!!

窓から見える景色はまだそんなに特別
北欧に来た感じもしなく
馴染みのある
北国な感じ… ?
赤土の岩が多かったかな〜〜。
岩多いねーなんて会話しました。


どっち行きに乗っていいか分からなくて
電車3本くらい見送りながら、
ようやくコレが環状線みたいになっている事を突き止めて乗れたのよ(≧∀≦)


今度は切符の買い方が分からなくて
『聞いてみよう』作戦で車掌さんに
いくらなん?
て話しかけたら、
手売りしてくれて一件落着だった切符。



思い切って話しかける、
これ大事ね〜〜。







夕方、
お天気は曇り。
冴えない天気に
少し街が沈んで見えるけど、
高い建物が少なくて
歴史を感じさせる
煉瓦や石造りが多いから
やっぱり落ち着くヨーロッパ。
行き交う人も車も
みんな穏やかです。




私たちが滞在するホテルは
ユースホステルみたいな所。
まるで学生寮!笑
今回は低予算旅行だったから、
いいのですm(_ _)mこれで!
また泊まりたいって思うくらい
居心地の良いホテルでしたよ!



持参した着物をシワにならないように
お部屋に干してる所。
メカブちゃんの振り袖
素敵ね〜〜!


お部屋作り終わってお腹空いたので
夕食を食べに
一階食堂へ。



可愛いお兄ちゃんのアテンドに
少し胸がキュンキュンしながら
一番安いメニューにしたら
サラダ、
でした…。
これで9ユーロ。
1000円ちょっとかな。
私のはスモークサーモン載せ。
これ、美味しかった。
そして、
なんて事ない食堂でさえ
インテリアは可愛かった。






いわゆる時差ボケって
私しないので、
普通に長時間
乗り物に乗って疲れた感じ?
もちろんぐっすり眠りましたよ
m(_ _)m


明日は街を散策する日。
共同キッチンがあるから
食材を買って自炊します。
日本では
ほとんどしないくせに!


お休みなさい。























P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Eliana
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1974年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:京都府
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ