☆セールスバトン☆ 

February 27 [Wed], 2008, 16:40
あなたに一通の電話がかかってきた。それはセールス電話だった。
あなたはそのしつこいセールスをあきらめさせてやってください。





(^−^) ←あなた





(・∀・)←しつこいセールス
ではがんばってください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





ぷるるるる←電話の音





(^-^)『もしも〜しw』





(・∀・)『こんにちわぁ!わたし○○会社の○子と申します。』





(^-^)『・・・はぃ?』




(・∀・)『○×香水と言うのを嗅ぐとやせられるんですよ!』





(^-^)『そんなんで痩せたら皆苦労しなぃですよw』





がちゃ!!!←電話を切る音





ぷうるるるる←電話の音





(・∀・)『かってにきらないでもらえます?』





(^-^)『切ってないですw切れたんですww』





(・∀・)『まあ〓聞いてくださいよ。こちらの商品がね?』





(^-^)『ぅん。』





(・∀・)『〜〜〜〜←説明している』





(^-^)『。。。。』





(・∀・)『〜〜〜〜説明している』





(^-^)『。。。。。。』





(・∀・)『もうちょっとだけ聞いてください!!』





(^-^) 『聞いてるよ。』





(・∀・)『あの!すみません!』





ブチッ電話を切った
もう電話はかかってこなかった。





(^-^)『やった♪』
プルるるるるー





(^-^)『・・・なんだ?((←いい加減せぇ』





ぷるるるるー
がちゃっ
(^-^)『もしもしw』





(・∀・)『だから勝手に切るなって言っていますでしょ?』





(^-^)『だから、切れたんですってww』





(・∀・)『この商品はいいですよ?好きな人に告られるんです!』





(^-^)『私の好きな人知ってて言ってるの?』





(・∀・)『それでね?〜〜〜〜〜商品の説明』





(^-^)『私の質問に答えろって・・』





(・∀・)『〜〜〜』





(^-^) 『ぅぜぇ・・・』





もう電話はかかってこなかった。





何か楽しかった〜〜wwぁりがとー♪

作ってもらったぁ❤ 

February 16 [Sat], 2008, 6:39
丸ちゃんちはぅ㋠が好きな人の名前です❤(くわしくは、☆日記☆をみてね♪)

クルギロ 「少年の恋は終わらない」 

February 11 [Mon], 2008, 16:06
気づいたら、森の中にいた。



爽やかな風が吹いて、

樹木の間から零れる眩しい日差しに目を眇めると、

誰かの手を握っていることに気付く。

小さい手だけれど、そこにはちゃんとした体温があり、汗ばんだかのように湿っているのがわかった。


__誰の手を握っているのだろう?


記憶の糸を辿るが、どうしてここに居るのか

誰と共に居るのか

それに答えは見出せない。

まして、誰かの手を握るなど…

己がするようなタマではないこと位、自分が一番分かっていた。


__確か、軍の研究所にいたはずだったのに…


現実も曖昧なら、過去はなおさら曖昧なカーテンに包まれていた。

見上げた空は、樹木に彩られ、あくまでも青い。

こんな空、見上げたのはいつが最後なのだろう…?

誰かと、外出したのは…?

誰かと…?

そうして、意識は握られた手に戻る。

この手の先には誰が居るのか…

見下ろした腕は、子供の腕だった。

ガキのころの、病的に痩せた、生白い腕。

握られた手よりも

握った己の手のほうが小さい。

己とは正反対に

健康そうに日に焼けた相手の手首から、

細い腕

柔らかそうな、半袖に隠された二の腕

華奢さを衣服に隠された肩

伸びやかな首筋まで見つめ、

髪の色に目を留めた瞬間、息が止まるかと思った。

「…ギロロ先輩!!」

目の前には、

出会ったばかりの頃のギロロがいた。

意思の強そうな

まっすぐな瞳。

左目には、まだなんの傷跡もなく。

柔らかく吹く風に、

ざんばらな紅い髪をそよがせて

ガキの頃

教室の窓から幾度となく眺めた

ギロロが

そこに立っていた。

あろうことか、

己と手をつないで。



「…なんだ?クルル?」

呼ばれて答えた声も、記憶のそこに大切に閉まってあるギロロの声、そのままだった。

不覚にも、

懐かしさに涙がでそうになる。


__なんだよこれ。


「疲れたのか?変な顔して」

幼い顔の、眉間を心配そうに寄せてギロロが自分を見やる。

その瞬間

遠い昔に感じた、甘い胸の疼きが蘇って

苦しさに眩暈がする。

すると、余計ギロロの顔が心配気にゆがむから、

慌てて首を振って、否の返事の変わりにした。

「そうか」

子供らしく単純に信じるギロロ。

「疲れたら、言えよ?」

優しさは、昔から変わらない。

この答えにも、首を縦に振ることで答える。

よし!と、

満足そうな顔をすると

「約束した秘密基地、見せてやるよ」

と、悪戯めいた表情で顔を寄せ

己の耳元にささやいて来た。

「…秘密基地?」

震えた声を絞り出すと、ギロロは得意げな顔で頬を紅潮させた。

「そうだ!」

なんて、よく表情が変わるのだろう…

「俺達だけの秘密だからな?誰にも内緒にしろよ?」

一転、共犯者の顔でギロロは囁くと

繋いだ手を離し

「こっちだ!」

日のあたる、一層眩しいところに向かって

駆け出してしまった。

「待ってよ!」

離された手を伸ばし、追いすがろうとするのに、足が動かない。

動いてくれない。

「ねぇ、ギロロ先輩!待って!!」

もうギロロの姿は見えない。

「秘密だからなーー」

光の中から、声だけがクルルを呼ぶのだ。

__誰にも言わない。言わないから…

動かない。

気持ちは逸るのに

「動かないんだよ!ねぇ、だから」






行かないで!!!





______________________________________________________________________








終幕は

お決まりのように

突然の

覚醒から。




ベッドの上、

目の前には

コールを告げるモニターの

忙しなく点滅する人工的な光に照らされた、

あの夢の中とそれだけは変わりない

生白い自分の裸の体。


握っているのは、

寝台の中、ただ一つ身に着けている

白いシーツの端。


何もかも人造物で囲まれた、

自分の臨んだ世界。

あの森とは

なんて程遠い…




「夢か…」

あっけなく呟くのは、オトナの男の声。

そんなの、わかってる。

わかってたさ。

わかってたけれど

「…………なんだよこれ…」

こんなの望んでいない。

こんな甘ったるい夢なんていらない

「………なんで、こんな夢」

「………畜生」

ポタポタと音を立てて

生温かい液体が、頬を通り顎を伝い

シーツに染みを作っては消えていく

涙なんて

何年ぶりだ?

そんな感情も

こんな感傷も

畜生!

ちくしょう…!!

「なんで、夢なんだよ……っ!!」

欲しいものは手に入れてきた。

でも

心のそこから欲したものは

いつだって手に入らない。

本当に欲しいものは


「先輩……ギロロ…先輩っっ」







あの

儚い手の温もり




















あれ?何書きたかったんだっけ?クルルがベッドの中ではマッパだって事だっけ?(違)
小説て書けないYO…と確信。正味2時間くらいで書いたので読み返しなし。突っ込みもなしの方向で。
タママ以外はみんな幼年学校が一緒設定でひとつよろしくたのんます。

親父とゴルフ 

January 21 [Mon], 2008, 10:29
今日は、親父とゴルフ。

朝早すぎです・・・。5時に出発しました。

7時過ぎにはスタートです。


前日の夜、いつもお世話になっているN先生と食事をして、

遅くまで飲んでいたので、早朝からウコンと液キャべです・・・。


私は1ラウンドで体力の限界・・・。

親父とその仲間達は、60歳を超えているのに、

まだまだといった感じで1.5ラウンドに行ってしまいました(^_^)


待っていても仕方がないので、一人で帰宅しました!



運動は大事ですね。



では、髪切りに行ってきますv(^_^)v

 クーちゃんのかぼちゃ♪ 

January 16 [Wed], 2008, 22:25
パンヤはキャンディー集めで大忙しクーちゃんの頭にのってるかぼちゃの帽子がキャンディーで作れるのです。他のみんなもがんばろう ! ! !

ゴーストミニーべんとう&10/25晩ごはん♪ 

January 09 [Wed], 2008, 21:35
★ゴーストミニー(塩おにぎり、のり)

★しゅうまい(市販の冷食)

★グラタン(自家製冷食)

★玉子焼き

★ウィンナー

★プチトマト

★ハムチーズ巻き

10/25晩ごはん♪

★餃子(昨日と一緒)

★れんこんのバターしょうゆ炒め(昨日と一緒)

★枝豆サラダ(昨日と一緒)

★かつおのたたき

★自家製きゅうりの漬物

ほとんど前の日と同じ晩ごはんで〜す(^_^;)

甘いものは好きですが… 

December 29 [Sat], 2007, 4:29
まだ、お取引もない

会社の社長から、

この前の日曜日に

娘が結婚してねぇ〜

っといって、

手渡されました。


お〜紅白饅頭!


ありがとぉ〜



箱なしで頂いたのは、

はじめてじゃぁ〜

賞味期限も明日までだし…


ま、赤福のことを考えたら、当分もつなぁ〜


伊勢の名物トマト

ワシントン州で祭り準備☆ 

December 18 [Tue], 2007, 6:23
うちの近くの大学のJapan Clubが主催して、

Japanese Cultural Festival(通称Matsuri)が文化の日(11月3日)に開催されます。

幽霊会員の私ですが、この祭りだけは協力したいと思って、準備に参加しています。

さっそく習字を20枚ほど書きました。

大丈夫だろうと高をくくっていたら、、

甘かった。。。10年振りにやる習字、いろいろ忘れていました。
いろいろ思い出したことは思い出したのですが、一瞬??と思うことが多かったです。

小学生か中学生かに戻った気分でした。何を忘れていたかというと、、、

1.黒いフェルト布の使い方(あー、そうだ、これを下に敷くんだった!)
2.硯があるということ(アメリカで習字をするときはインクの入れ物から直接使うことが多かったため)
3.筆を洗わないとカチカチになって後々ものすごいことになる。
4.書いたものを乾かすために多量の新聞が必要(これ完璧に忘れてました。)
5.ドバッと墨をつけると、「にじむ」ということ。(この「にじむ」という言葉がなつかしかった。。)
6.漢字を大きく書くと、一瞬漢字を忘れてしまう。(情けないっす。)

でも久々の習字は本当なんだか、懐かしかったです。昔が蘇りました。

ところで、ところで、この祭り、すごい準備があるんです。


それは、




なんと、









550人分のお弁当を






学生やメンバーの私達が






「その日」に






こしらえるということです。




メニューはお米やから揚げ、ゆで卵などなどお弁当の中身の一般的なものなんですが、


550人とはすごい!



開催時刻は夕方5時です。

ちなみに


私の担当は「ゆで卵^^」


簡単でよかった。。。


この「まつり」の弁当、どうなることやら。。。

お父さんと一緒に☆ 

December 13 [Thu], 2007, 7:20
今日の午前は入院するお母さんのために
お父さんと二人で買い物行った。

ヤマダ電機行ってお父さんはお母さんのために
電動歯ブラシを買ってた!
サンプルがあって指で体感したけど
電動歯ブラシの肌触りは気持ちよかった!

お父さんは気にいって
キモチーー・・・と言いながら歯ブラシを
顔にあててた。。。

あとはボディーソープやら何やらいっぱい買った。

お母さんは美容院行って髪をきってもらった。
送り迎えしたお父さんもついでにきって
もらったらしく。

お父さんがヨーコに
「キレイになったやろ〜〜?」
って頭見せてきたけど・・・

ハゲてるから毛量少ないし
キレイか?と聞かれてもすっきりしたな。としか言えない・・・


昨日の夜、お母さんが検査のつらさを
話してた。

大腸の検査の時はくすりの入った水を
800ml飲まなあかんらしくて
あと100mlがほんまに
飲まれへんかったらしい。
でもこれ飲まへんくって
また悪い結果でてもう一回やり直しって
言われたら、今まで頑張ってきた検査も
無駄になってしまう。。。と頑張って飲んだみたいで
ほんとにそれが辛かったらしい。

あとはMRIの検査で腰もしばられてるし、
手には気分悪くなったらすぐに押せるボタンを
にぎりしめてて
ほんとにすごい狭い空間に30分も身動きできずに寝たままで
平常心を保つんが必死やったみたいで。


お母さんがそんなけこの短期間で頑張ったから
来週結果も確実に出る。

先生から受けた話しを聞いてても
リンパ腫ではないという可能性が高い。
すい臓あたりがあやしいらしくて

すい臓癌と言われたらほとんど末期が多いと
前にお姉ちゃんに言われたことがある。


でも8日には内視鏡手術をして
それで取り除けなかったら
お腹を開く。。と先生は言ってるらしい。


お姉ちゃんは結果もまだはっきり出てないのに
なんで手術の日取りが決まるの??って
疑問に思ってたけど。

それはヨーコも思うけど
でも前みたいに
お腹を開いて手術ができるかどうかを見るかもしれない・・
無理だった時はお腹を閉じるだけになります
と言われた事よりかは

内視鏡って聞いて、少しは安心してる。


今日もまた実家に帰る☆

お母さんは痛み止めをのんでるから
今まだ元気。
でも痛み止めが切れた時は
前よりも痛みが増してるって言ってた。


でも、お父さんが毎晩ご飯作ってくれたり
家事全般をしてくれるから
お母さんの体重は前聞いた−5キロからまだ減ってない。
絶食とかの検査も多かったけど
体重減ってないっていぃ事や☆☆

あと足はすごく細くなってるけど
お腹はあいかわらずボヨボヨのお母さん。
聞くと、足は筋肉がついてるから
減りやすかったみたい☆

治ったらお腹も筋肉つけなあかんな!

Cats'n'roll 072 

December 08 [Sat], 2007, 4:38
224 池上にあるお寺にて

225 恵比寿にて

どちらも模様が個性的。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:elg2wa1815
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» ☆セールスバトン☆ (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» ☆セールスバトン☆ (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» ☆セールスバトン☆ (2008年10月10日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» ☆セールスバトン☆ (2008年10月07日)
アイコン画像RAOSU
» ☆セールスバトン☆ (2008年10月05日)
アイコン画像はにまる
» ☆セールスバトン☆ (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» ☆セールスバトン☆ (2008年10月03日)
アイコン画像ハム太郎
» ☆セールスバトン☆ (2008年09月24日)
アイコン画像ゆりり
» ☆セールスバトン☆ (2008年09月23日)
アイコン画像やっくん
» ☆セールスバトン☆ (2008年04月05日)
Yapme!一覧
読者になる