向かいのマンション 

September 24 [Mon], 2012, 0:31
こんばんは。
前回の続きを書き込みたいと思います。

私が引っ越して来た時、我が家は契約して三ヶ月目で、主人が一人で住んでいました。
途中、二週間ほど従姉妹親子が泊りに来ていたようです。
そして、私が来た時は主人と主人の父が二人で住んでいました。

私が引っ越してきてしばらくした後・・・確か二週間目ほどだったと思います。
義母が遊びに来ました。
それまでも何度か遊びに来たことはあるのですが、義母と義父は主人が小学生の時に離婚していて、なんとなく顔を合わせ辛かったようで、義母も長いせずに帰ることが多かったのですが、その日は夕飯も家で食べて行くことになり、初めて主人、主人の両親、私、子供の五人で食卓を囲みました。
その時は夏真っ盛りの七月だったので、七時でも明るく、私は夕飯づくりの間、夜だというのにカーテンを閉めずに作業をしていました。
すると、七時過ぎに主人が帰宅。
「ただいま〜」
というと、真っ先にカーテンを閉めました。
私は田舎育ちで、カーテンを閉めなくても人通りが少ないところで育ったため、電気をつける時間になったらカーテンをすぐに閉めなきゃ!という感覚があまりなく、その日も「あ、ごめ〜ん。」ぐらいの気持ちでした。
そして、夕飯を食べ終えてしばらく経ったころ・・・八時過ぎくらいだったかな。
お義母さんが「・・・何か聞こえるね。」
と言いました。
私は、お隣の子供か、斜め向かいの子供かと思い、「ここ、子供が多いから、よく聞こえますよ。」と言ったら、
「そんな声じゃないよ。とっても良くない声だよ。呼んでるね・・・」
え?え?何が・・・???
私には意味が分からず、不思議な顔をしてたんだと思います。
主人が「向かいからだよ。あのマンション。ベランダによく誰かいるよ。」って・・・

後で聞いたら、たまに向かいのマンションのベランダに女がいて、こちらに向かって何かを話しているそうです(汗)
今まで、その日まで主人は私が怖がるといけないと思って、黙っていたそうです。
だから、いつも帰ってきたらすぐにカーテンを閉めてたのね・・・
その日から、私もすぐにカーテン閉めるようになりました。

だって怖いんだもん!

でも、その日から徐々に家の中で怖いことが起こり始めました。
続きは次回にします。さっきから、キッチンで変な音がするから、怖いので今日はもう寝ます。
おやすみなさい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:喜世
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1976年8月14日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:沖縄県
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる