【 更新情報 】

スポンサード リンク

能登半島ランプの宿の青く光るプール

能登半島ランプの宿の青く光るプール

能登半島ランプの宿を見てパッと目に映るのが幅20m、縦70mで別館と
つながっている青いプールです。

このプールは海側にプールサイドがありません。
それは、陸から見た時にプールが海と切れ目なく繋がり、プールが海の
一部に見えるように設計したからなのです。

流石、ランプの宿一番人気、細部にこだわってますネ。

能登半島ランプの宿に夕日が落ちると、プールサイドにはオレンジの色
のランプが灯され、プールには内側からブルーのライトが点灯し、それ
がプールの水面に反射し、青の洞窟のような淡いブルーに光るプールが
出現します。

とても幻想的な光のイリュージョンです。プールサイドに座って
この青く揺れ動くプールの光る水面を見ているとなにか催眠にかかっ
たように時を忘れてしまいます。

そして、このランプの宿に月でもでてた日にゃ、月明かりに照らさ
れる日本海の波と岩肌、白波、潮騒、ブルーに光るプール、控えめな
オレンジ色のプールサイドのランプ、うっすらと浮かび上がるランプ
の宿の輪郭と中から洩れるランプの光で、ノックアウト間違い無しです。


グルメ・特産品市場.com【訳あり】【アウトレット】

芸能人の裏話.com

資格試験情報バンク

脳を鍛える100の方法

能登半島ランプの宿、ニューフェース露天風呂付き客室

能登半島ランプの宿、ニューフェース露天風呂付き客室

能登半島ランプの宿に露天風呂付き客室ができました。現在数室のみです
が、どんどん増やしていくそうです。

これで、完全にプライベートな空間で絵画のような日本海の絶景を楽し
めるようになりました。

能登半島ランプの宿に露天風呂付き客室にロフト付き(電動式階段設置)で
楽しさが増しました。

バスタブはオーバルの近代的なもの(ブルーやグリーンのライトが内部より
照らし、バスタブの湯に反射して幽玄さを醸し出すます)やヒノキ造りの
純和風のものも、ランプの宿にしてうれしいオプションです。

この能登半島ランプの宿に露天風呂付き客室からの眺めは眼前の大小の岩
に砕けて散る白波と音、視線を上にずらすと、青い海、水平線、空と続き
ます。

能登半島ランプの宿の景色を楽しむ時間帯は夕暮れから陽が落ちるて月が
出たあたりが一番神秘的です。

夕日が海面を照らし、岩も白波も照らしだします。宇宙の神秘を感じる
瞬間でもあります。

そして、日が沈んだあと、主役交代し月が出てきますとそのお月さまも
また神秘的なものですが、その月明かりに照らし出されて浮かび上がる
昼間見ていた、岩肌や白波、海面など、いつまでも見ていたい風景です。

能登半島ランプの宿、貸切露天「波の湯」から見る絶景

能登半島ランプの宿、貸切露天「波の湯」から見る絶景

能登半島「よしが浦温泉ランプの宿」で一番のラグジュアリーな
スパが貸切露天「波の湯」です。

このランプの宿の「波の湯」は日本でも日本海側にしかない舟屋形式で、
最近見られなくなった珍しい文化的に価値の高い建物です。

「波の湯」はこのランプの宿の海に面した、全長100mのブルーのプールの
中央に建てられています。

このランプの宿「波の湯」は「夢のような、天国のような」をコンセプト
に設計され、3年の歳月を費やして建てられました。

入ってすぐ目の前には日本海の荒波と大岩に砕けて散る白波と空。
その景色を切り取った絵のように、余計なものが目に入ってこない
ように設計されて、まさに夢であり天国です。

心行くまで絶景を堪能できます。

このランプの宿「波の湯」の2階は望楼空間(展望台)を設け、枠に邪
魔されず最高の眺望を楽しむことができます。

日が暮れてから「波の湯」や2階の望楼空間(展望台)から見るプール
は青く照らし出され、幽玄さを醸し出し、また、能登ランプの宿本館、
別館のランプの灯りに浮かんだその景色はうっとりするほどの美しさ
です。なんといっても、ライトアップされたブルーオーシャンはどこの
オーシャンビューよりも感動を覚える美しさです。

能登半島「よしが浦温泉ランプの宿」四百年の歴史

能登半島「よしが浦温泉ランプの宿」四百年の歴史

能登半島「よしが浦温泉ランプの宿」は四百年の歴史を持つ一軒宿で、
浜辺スレスレに宿が建てられているので昔は入り江を周り込んでいま
したが、現在は、山道を降りて歩いて入るようになっています。

まさに能登半島秘湯のランプの宿という趣です。

能登半島「よしが浦温泉ランプの宿」の入り江の真ん中の男風呂は、
波の強い日には波しぶきがかかり本当に自然のままの温泉を実感でき
ます。

大いなる日本海を眺めながら日本海に浸っているようなそんなダイナ
ミックな景色を見ながらの能登半島「よしが浦温泉ランプの宿」の温
泉浴は世の雑事を忘れさせてくれます。

この能登半島ランプの宿、晴れた日には佐渡島が見えます。また、
3月〜10月の間、天気が良ければ、朝日が見えます。露天風呂につかり
ながら朝日を見るのも素晴らしい体験です。朝日を見ることができれば
一生の思い出になるでしょう。

この能登半島「よしが浦温泉ランプの宿」、人気の理由は光のイリュ
ージョンにあります。

夜になると、海を照らすライトアップがなされます。ランプの宿だけ
に余計な光はありません。暗闇に照らしだされる、日本海の荒波は見
る者を感動に包みこみます。

温泉に浸かりながら、この海のライトアップをながめていると、時間
がすぎるのを忘れてしまいます。

なかなかあがってこない客がおおいのだとか・・(*^_^*)

ランプの宿NO.1の「よしが浦温泉ランプの宿」

ランプの宿NO.1の「よしが浦温泉ランプの宿」

今大人気の「ランプの宿」で人気実力NO.1が能登半島最先端の一軒宿
「よしが浦温泉ランプの宿」です。

隠れ里の宿といってもいいほど、突然目の前にひっそりと現れるの
が、部屋数13室の小さな一軒宿の「よしが浦温泉ランプの宿」。

そのランプの宿は海辺ギリギリに建てられており、露天風呂からは
日本海の素晴らしい景色が広がっています。

余計なものが目に入ってこない設計になっているのがうれしい。

佐渡島も眺望できるのがこのランプの宿。

部屋にはテレビも時計もない。このレトロで、超エコな宿が今人気の
ランプの宿です。

テレビがないとダメな人は行かない方がいいと思いますヨ。(*^_^*)

さて、こんな不便とともおもわれるランプの宿がなぜ人気があるのか?

現代人、相当疲れている証拠でしょうか?(*^_^*)

都会の雑踏を逃れ、自然と一体になれる宿。温泉街の賑やな音も
ありません。ただ、日本海の波、音、空があるだけ。

海と青い空、透きとおった星空、静寂さを存分に堪能したければ
能登半島最先端「よしが浦温泉ランプの宿」一押しです。
P R
カテゴリアーカイブ