結果は、意外とうまくいきました

August 05 [Fri], 2016, 23:00

妊娠の初期に葉酸が不足しがちになると、赤ちゃんの成長への影響があることは多くの方が知っていると思います。







ですが、取りすぎてしまった場合のことはあんまり知れ渡っていないように思います。







どうやら蕁麻疹や発熱などを起こす原因となったり、子供が将来、喘息で苦しく辛い思いをする確率を高くする可能性があるようです。







これからは葉酸の取り過ぎにも、気をつけておくことが大切だと思います葉酸を摂取するのが一番欠かせない時期は妊娠して最初の3ヶ月です。







なので、妊娠したのに気づいてから、「葉酸とっておけばよかったな。







」と後悔する母親も多くいます。







そんな風にならないために、妊娠を望んでいる方は日ごろの食事でも葉酸を意識した献立にすることを心がけることが大切です。







実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。







葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。







もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。







ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。







流産を経験しています。







ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、だいたい一年位たってから、やっぱり子供が欲しいと思い、妊活を始めました。







妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は運動することを思いつきました。







結果は、意外とうまくいきました。







新陳代謝が上がったため、基礎体温が高くなったので、冷え性が改善したんです。







不妊治療にはいろいろなやり方があり、そのようになった訳によってその内治療法もまったく異なってきます。







排卵日を確実に調べ、自然妊娠を狙うタイミング法。







年齢の高い方や対外受精でも妊娠がむずかしい人が挑戦する最高のレベルと言われている顕微授精など、その人にそった治療をすすめることができます。







冷え性は不妊を招くと言われています。







体が冷えて血のめぐりが悪化すると、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。







最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。







お灸は緊張をほぐして血行を良くして自律神経の働きを促し、体全体をリラックスさせる効果があります。







冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。







私は現在、病院に通って、不妊治療を続けている最中です。







でも、それがかなりストレスになっているのが現状です。







こうまでやらないと、子供が望めない事が私からすればかなりのストレスをためる原因になっています。







できれば、全てやめてしまいたいです。







なのに、そうできないのが、ストレスや精神的に追い詰められている理由だと思うんです。







なんとなく不妊を疑いはじめたら、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。







簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見ればホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。







基礎体温表は5分もあればつけられますが、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意事項もありますから、それに従って毎日続けるのが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。







何よりも妊娠、出産待ちをしている方にとって必ず摂らなければならない栄養素が葉酸です。







葉酸は赤ん坊の脳や神経を作るのに必要だからです。







葉酸はほうれん草などの野菜に多く入っています。







ほうれん草一束を毎日摂ることが必要となります。







しかし、これは大変なことなので、サプリメントを摂ることをオススメします。







一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。







できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言い出しにくい感じがしたので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。







1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。







私の場合はそれが良かったのでしょう。







ほどなくして下の子を授かりました。







妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取する量には気を配ってください。







特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が配合されています。







ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。







葉酸が過剰に体に蓄積されることで、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。







胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。







妊娠した後、いつも葉酸サプリを利用するのを勧められましたが、副作用のことがすごく不安だったんです。







産まれてくる子供のために飲もうと思っているのに、子供に悪影響なら、逆効果です。







色々と調べたのですが、質の良い葉酸サプリであるなら、過剰に摂取しなければ副作用はないとのことだったので、葉酸サプリを今でも続けています。







葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも食べ物から摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も大勢居ます。







ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。







そのため加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。







一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。







やっぱり生まれる子供の性別はどっちか気になることですよね。







妊活の中でできる産み分け方法があるのです。







これは、タイミングを計るなど自身で出来るようなやり方から、病院に相談するような方法まであり、男女の産み分けがうまくできた人もいます。







とはいっても、赤ちゃんは授かり物です。







希望する性別の赤ちゃんが必ず授かるとは限りませんが、産み分けに挑んでみるのもいいと思います。







妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。







食事内容はもちろん、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。







妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。







これらはノンカフェインなので、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。







中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという事ですので、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。







我が家は夫婦になり七年経ちますがなかなか子どもに恵まれません。







けれども、赤ちゃんができない原因がありません。







色々と不妊チェックをしてみてもはっきりとした理由がわからないため、効果的な改善方法が見つかりません。







排卵誘発剤を使用した不妊の治療はしていたのですが、そろそろ人工的に授精してもらおうかと主人と話し合っています。







葉酸の摂取が一番必要とされる時期は妊娠して最初の3ヶ月です。







そのため、子供ができたとわかってから、「葉酸・・・!」と後悔するお母さんも多くいます。







そんなことにならないために、妊娠を希望している女性は日ごろの食事でも葉酸を摂取することを推奨します。







不妊症対策にはいくつもの治療法があり、どうして子供ができないかによって内容もずいぶん異なってきます。







排卵日を細かく調査し、自然妊娠を狙うタイミング法。







高齢の方や体外受精でも妊娠が確認できない人が目指してみる一番むずかしいとされている顕微授精など、その人にあった治し方をすすめることができます。







友達の話ですが、妊活中によく漢方を飲んでいたと思います。







彼女の話では、体質から変えたい、と考えているようでした。







漢方なら、妊活中でも飲むことに抵抗がありませんね。







彼女は漢方を続けていたようです。







その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを妊娠しましたので、みんなでお祝いを計画しています。







葉酸は妊婦さんたちの間では、つわりにも効能を発揮すると話題にあがります。







これはいろんな説があるのですが、葉酸を摂取できている安心感のために、妊娠中の女性のストレスが減り、つわりが軽くなるのではないかという考えもあるようです。







なんにしても、妊娠初期はいつもの二倍の量を摂取するのがいいと思います。








http://www.voiceblog.jp/ev9le0n/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:elb7rrq
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/elb7rrq/index1_0.rdf