「チャップアップ定期便解約」のアンケート結果。yuiの育毛の仕組みぶろぐ

August 27 [Sat], 2016, 1:40
今回は、医薬部外品として分類されている育毛剤を取り上げて比較してみます。こうした育毛剤は、副作用が少なめなことで知られています。医薬部外品の育毛剤というと、CHAP UP、BUBKA、IQOSの3種類が有名どころかと思います。しかし、育毛剤というとリアップという商品をイメージする人が多いと思います。リアップは第一類医薬品なので薬剤師がいるお店でしか購入が出来ません。今回は医薬部外品育毛剤の中でも人気の高い3つの商品、『BUBKA(ブブカ)』 『CHAP UP(チャップアップ)』 『IQOS(イクオス)』の3つに注目して、各商品の成分や特徴を比較していきたいと思います。3製品の医薬部外品指定の有効成分は同じものです。今からそれぞれについて簡単に解説いたします。まずはじめに、グリチルリチン酸ジカリウムとは、肌の炎症を抑えてくれる成分で、ニキビケア商品などにも含まれているものです。ですので、頭皮トラブルの改善が期待できます。もう一つは、塩酸ジフェンヒドラミンで、アレルギーを抑える抗ヒスタミン剤が含まれています。血流を改善し、かゆみや炎症に効果があります。3つ目は毛髪育成を促進する効果があるとされる、センブリエキスです。アマロゲンチン、アマロスウェリンという成分が含まれ、それらが毛乳頭細胞を活性化するため、そのような効果が得られます。比べてみると有効成分が共通していることに気づく医薬部外品の育毛剤ですが、選ぶ際はその他の配合成分や口コミなどに注目して、自分好みのを選んでみてはどうでしょうか?医薬部外品に分類されている育毛剤の長所は、副作用が少なめで、使用者があまり限定されないことです。この点は、女性の場合は使うことのできないプロペシア等とは異なります。髪の薄さや抜けが心配になり始めたら、まずは医薬部外品の育毛剤を検討してみることをおすすめします。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ela8mkahrsptfl/index1_0.rdf