久しぶりになります。

October 28 [Wed], 2009, 2:36
更新を忘れていました。
さて、忘れている間にもいくつか映画を見たりしたので感想をそのうち書きます。

まずは、先日DVDで見たミュージカルテニスの王子様の感想から。
全国大会の氷帝戦、氷帝の東京凱旋公演、四天宝寺(Aキャスト)を見ました。
結構な量ですね、テニミュ祭りです。
見た順で四天→氷帝の順で書きますが、長くなると思われるので先に断っておきますね。


四天宝寺はギャグ担当と思っていますし、そういう演出だったのでよかったし、楽しみましたが。
詰め込みすぎている気がしたのは私だけでしょうかね?
途中で疲れて集中力が切れてしまうというか…飽きるというか。

全員分の感想を書くと長いので、印象に残ったことだけ。

キャラクターの印象がマンガと随分違って感じられました、特に謙也君が(良い意味で)
さすが植原君というべきなのでしょうか、随分と存在感の有る謙也君でした。
タカさんと銀さんの試合は壮絶で、凄く印象に残っています。
熱演ですよね、少し怖いと感じてしまいました(タカさん血まみれですし)
「モーホーペア」は散々笑いました。
…やっぱり大阪を取り違えてる気がしますが、原作どおりだから仕方ないですね(笑)


まとまりが無いですが、四天はこのくらいにして氷帝に行きたいと思います。


一番のポイントは「三人の跡部」だと思うので、跡部の感想から(笑)
といっても、井上さんは見てないので省きます。
カッコいいというか逞しい跡部ですね、加藤さんだと。
久保田さんの跡部は、少しクールな印象を受けてそれはそれで好きです。
…歌が残念なので「ちょっと…」と思ってしまいますが。
とはいえ、やはり加藤さんを見ると「あぁ、跡部だな」と思ってしまいます。

氷帝はやはりカッコいいですね、曲も演出も。
そこが好きなのですが、四天宝寺の後に見ると、ギャグの少なさに驚きます。
氷帝でギャグ押しされても、という話ですけどね。
それにしても、氷帝(特に凱旋キャスト)は声が低いですね。
加藤さんと斎藤さんが入るだけ随分と低くなった印象を受けました。

それにしても、舞台で見ると一層謎ですね「シンクロ」って。

プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:エルゼ
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
通称:だいすけ

由来には大した意味はあるけれども、私自身には全く関係のない由来なので、説明を省くことにする。

関西在住
たまにトランペットを持ち出して演奏してみたりする。
勿論、他人に聞かせるためにではない。
カテゴリアーカイブ
P R
2009年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/el-d-se/index1_0.rdf