写真家のお仕事 

2007年06月28日(木) 18時53分

ちょっと前に撮った友達ミュージシャンの
宣伝写真?いわゆるアー写??
がやっと送られてきた。

音楽ばっかやってて!
と思ってた人もいらっしゃると思いますが
ちゃんと写真も撮ってるんです!
ウェブに上げるつもりだけどまずはここで先行発表!!
がしかし本人
私は4,5本撮ったのに数枚しか焼いてないとのこと!
やっぱり私が現像出せばよかった・・・
でも増感も間違えていなかったようで安心です。

ライブ写真だとか沢山撮ってきているけど
ギャラもらって撮ったのは初めてなので初仕事です!
ここまで長かった・・・

最近は他人の撮った写真を観る機会が結構あって
私だったらこう撮るのになぁ、などと思うことが結構あります。
やっぱり、人を撮るって最高。
セットとか組んで撮ったりしてみたいなー。
でもスタジオ知識がない!
写真専攻でしたけど。
アート寄りな感じだったのであまりスタジオ撮影とかしなかったなぁ。


私はカメラマンじゃなくてフォトグラファー。なのだ。
撮った写真はすべて作品だから、
とりあえず写っていればいいのではなくて
そこに何かを感じさせなくてはいけない。
何かを感じてシャッターを押さなければいけない。
音楽、音と同じだ。

もっと仕事したいなぁ。
もちろんお金目当てじゃない。
自分の撮ったものが人目に触れるというのは快感なのだ。
営業しないとダメかしら?
でも数が満足出来る程ないんだ。


ライブ写真もウェブに上げないと。
最近はなんでもホームページだからなぁ。
頑張らないとダメだ。

なんでもやりたいことやって中途半端な私だけど
いつかはすべて実になってほしい。
そう願う。

九龍城跡 

2007年06月28日(木) 17時59分
今さっきテレビで九龍城の跡地にできた公園が映っていた。
「九竜」になっていたけど
どっちが正しいんだろう??

思い起こせば10年以上前。
プレイステーションの
「クーロンズゲート」
をやったっけ。
あれは最初で最後の傑作ゲームだと思う。

九龍城を知ったのは
そのゲームがきっかけだったけど
ちょうど取り壊されるのが決定した頃だったのかな。
写真集とかが出ていて今でも持っている。

テレビには
芝生が青々とした公園が映っていた。

もちろん
本物を体験したことはない。
だがしかし
まぎれもなくそこにあった事実。
私には想像出来ないような日常。
それが消えてしまったのかと思うとなんだか
もったいない、と思ってしまう。

アンダーグラウンドに憧れてるだけ?
そういわれてしまえば何も言えないけれど
実際自分がそこへ置き去りにされたら
ただ恐怖だけしかないのだろうけど
生きて出て来れないのかもしれないけれど
誰からもみえないヒトになって
すべてをみてみたかった。
きっとあの砦を観ただけで人生観変わりそうだ。

テレビを見ながら
「もったいなかったのに」
とつぶやいたら
父親に
「何アホな事言ってんだ、悪の巣窟なだけじゃないか、あんなもん」
と一喝された。
父の言うことは正しいのかもしれない。

あなたに会いたいのです 

2007年06月27日(水) 1時56分
ステキなあなたに

ステキなあなたに

会いたいのです


ゆっくりお話したいな

いつか会えるよね


double!
そのおヒゲを触りたい!

愛に溢れててクール
最高!


ほんとは
すごく
自暴自棄

あとちょっとで30歳。
青春っていう20代を何事もなく
終わってしまうのかと思うとかなりショック。


夜になると寂しくなるんだ。
胸が苦しくて苦しくて
どうしようもなくなるんだ。


今を生きている私は
たまに
このまま一人でいつまで生きていればいいんだろう

未来を心配してしまう。

週末終末論 

2007年06月24日(日) 6時32分
家族はいる、幸せだ。
がしかし
恋人はいないし。(ずっとな!)
10年来の親友は結婚してしまったし。
他の友達もそれぞれの友達がいる。
一緒に音楽をやっていた仲間は
自信過小で去っていったし。

ということで
相変わらず予定のない週末。
ただひたすらに
お魚の水換えが執り行われる。
そしてトランペットの練習をする。
週末だけのことじゃないけど(笑)!

でも今度の週末は仕事仲間とお遊び音楽会!
久々の集まり。


あと1ヵ月ちょっとで30歳ですか?
10年前と何ら変わらず
15年前からも変わってないなぁ
サミシいやつだのう
変態扱いされるからイヤだ



あたまはパンク
治しようがないから放置


みんな週末になると
途端にメールが来なくなる

で月曜の夜なんかに
「週末は…でした!」って日記を
必ず書くのだ
イヤミなのかよ!うー

いいもんね!
私は自分のことがんばるもん!
すげーイイカンジの人間になるから
マッテロヨ☆


そして
活動を始めた街の音を聴き
これから眠りにつくのです

スタイル躁鬱 

2007年06月23日(土) 18時22分
※躁鬱じゃないです。多分。
やー
昨日は興奮してたわ。
またおかしなこと書いてないかい?
って今まさに冷静そのもの。
でも昨日書いたことは昨日感じたことってことで
あえて手は加えないけどさ。
なんか「夜手紙を書くな」ってのに似てる(笑)
夜は理性が先に寝てしまうのかね。
それもいいと思うけど!

給与支払申告漏れだよー、コンニャロ、コンニャク。
てことで
これから新宿区役所の住所書いてFAX送らないといけない。
そんなの会社で調べられるでしょ!!って感じですわ。
まー、そんな会社が好きなんですけど。
本気で嫌ならとっくに辞めてるはずだしなぁ。
住民税が倍ぐらいになるって聞いたけど
そもそも去年働いた額で今年支払い決められても困るである。
はてさて、恒例のひとりぼっちの週末(笑)
今日もバリブリ練習すっぞー

スパーク!!

イベント!頭蓋骨外と頭蓋骨内的な感想 02 

2007年06月23日(土) 6時22分
頭蓋骨内的感想

そもそもこのバンドに出会ったのは。
私が中学のときよく行っていた管楽器やの教室に通おうとパンフレットを見たら
「趣味UFOをみること、でもまだみたことない」といったことが紹介の紙に書かれた人がいた。
それが今の先生。私はその一文で、「この人しかいない!」と思った。
最初は何をやってるのかも何をやってたのかも全然知らずに。
この先生に会ってなかったらこのバンドの存在すら知らずにいたと思う。
日々の優しくするどくユルいけど厳しい?レッスンで私の中で信頼レベルが急上昇していく。
全然ダメな私にいつまでもしっかり教えてくれる先生。
これ以上失望?させてはいけない!と今猛練習中。(当社比)
先生は今、心から信頼出来る人5本の指に入る。他は家族かな。父、母、兄。
そう、そういう訳で前回は行かなかったライブも(遠かったし・・・)
今回は2度行って、今日。
すっかりフツーにファンになってきている自分・・・
しかしね、観てるとやっぱ何よりも
「ステージに上がりたい、あらゆる可能性を表現したい」
「表現する可能性は無限にあるんだから」
と色々思ってしまうのです。

以下私のMIXI日記から引用

「なんか
いいものを
つくりたいなぁ
そんな日々

いい風が吹いてる
そんな気がするよ

・・・・・・・・・・・・・・

やなこと考えてる時間があったら
そんな時間
もっといっぱい楽しいことに使えると思うと
すごい前向きな気分になるよー!!」

って書いた日があったんだけど
これも、この感覚もこのバンドを観てから思うようになったんだよね。

ライブでケリーさんはいつも「愛」を話す。
普通「愛」って言うとキリスト教的な隣人愛、なんだか納得いかない聖書のお話
そんな感じがして嫌いなんだけど
この人が放つ言葉っていうのは、何て言うんだろう
素直に聞ける言葉なんだよね。
わかりやすい、現実的な例えで話をする。
自分が考えていた事、それを認めてもらえる感覚、って感じ。
なんか大物ミュージシャンが話す「いい話」って
すごく「ショービジネス」を感じるのだけど、それを感じない。
こういった大きなライブってものはビジネスであるには間違いないが
楽しんでいるのが伝わってくるというのは何とも言いがたく気持ちがいい。


なんかちょうどタイミングのいい話があって、人に裏切られることの話をしてた。
私がミクシである人から散々一方的に罵倒され逃げられた事。

「なんか朝起きたらマイミクが減ってた。(数は覚えてる)
すげー探しまくって判明したけど 何か逆ギレしてて
お気に入りの人だけ残してあとは切ったみたい。てことで
嫌われたならどーでもいいや。
しかし何かとお世話になった。色々勉強させてもらった。
でも一度ついたキズはパッと見は直せてもそれは偽物なんだよね、ってことで。
仕方がないことです。
裏表なしの楽しい事が大好きです。」

ってその時の日記。

「要するに
私が
たくさんの
愛すべき人たちから
教わっているのは
人と人との
関わりと
愛情

それは
友情でも
なんにでも
変化するけれど

その
気持ちを
素直に持てること
それが
大切なこと
だと

他人を
思いやること
自分を
大切にすること
自分を
思いやってくれる人を
大切にすること

そう
普通に
生きてく 」

その後に書いた日記。

あの「愛」だとかの話を聞いてなかったら
私はもっと怒り狂っていただろう。
これは本当に感謝すること。
まだまだ素敵な出会いの方が多い。

でも今日一番驚いたのが
水の話。

ついこないだ、20日に書いたこと

「長袖着用の現場から解放されて
ノースリーブで
バイク走らせて心地よい帰り道
寄るのはプール
じゃばじゃばと水と戯れて芯から解放される感じ
水と一体化する
きもちいいんだこれが 」

このとき考えてた事を今日話してた。

あー!記憶力がよければ良いのに!
感動したこともすぐ忘れる!!
もっと書きたいことあったのに思い出せない。

ほんと
不思議な縁で人って支えられてるんだな、って
最近よく思う。
だから自分が望むこと、そこへ向かうのに
きっと何かしらの縁がたくさんはたらいていくのだと思う。

ただねぇ
みえない愛をかたちにする事が物理的にできねぃ私は
時々寂しくなるね(笑)
まぁ
色んな愛があるけどさー
家族愛とかさー
でも家族で一緒にお風呂入んないもんなぁー

私の今の夢は素敵な人と手をつないで
寝そべって夜空を観ること。
ああ、なんて低いレベルなんだろ・・・

月とか星とか宇宙が好き。
私が前に好きだった人もそうだったなぁ。
私は宇宙人地球人論を熱く語ったっけな。

あ、話が感想からそれた。

もっと上手く文章書けるようになりたいなぁ・・・
ぐちゃぐちゃだ。

イベント!頭蓋骨外と頭蓋骨内的な感想 01 

2007年06月23日(土) 4時14分
今日、我がトランペットの師匠がラッパ吹いてるENDLICHERI☆ENDLICHERIという
堂本剛さん、ここではケリーさんと呼ばれていますバンドのイベントに行ってきました。

昨日の夜先生から電話を頂いて、急遽仕事を休みにしてハイテンション。
今日のイベントは普段のライブと違い、2回きりの特別イベントだったみたいです。

ゆりかもめに揺られてお台場へ向かう。
お台場って複雑なんだ、気持ちが。
小さい頃から憧れてた立体的なSF風街並がよかったりするんだけど
なんか、人々の貪欲さが造り上げた感じがしてならない。
勝どきの高層からみた東京湾は
すごくきれいで
さわやかで
少し苦しそうだった。
でもあの工場地帯だとかコンビナートみたいのとかみるのが好きだったり
どうも矛盾した私の湾岸論。



普段から黒い服装かカラフルな服装か極端な私。
つい蛍光ピンクのノースリーブを着てったら、ロビーとかですごい光ってて恥ずかしいの。
あー!スタイルがよければ目立ってカッコいいのに!っていう。

お取り置きいただいた席はとても良い席で嬉しかった!前から6番目でした。
しかも私の席有りライブを楽しむ条件、通路側だった!(トイレ近いんだもん)
でもホーン隊がちょっと遠くて残念。といっても近いんだけど。
こんなに近いと今まで2回観たライブの中ではわからなかったものがよく見えます。
ケリーさんは痩せたんじゃないでしょうか??なんとなく。

イベントはギターの人がDJやってたりVJがいたりライブペインティングがあったり
竜のきこりのひととセッションする女の人がいたり
オノヨーコさんの言葉があったり
ファッションショーとライブヘアカット?セット??があったり
もう盛りだくさんでめちゃくちゃでした。
こういう混沌感大好き。ダラダラしてないし。
とにかく今日のこればかりは人に説明出来ないな、と思った。
そこにいた人にしか感じられない空気。
ライブそのものは普段より短かったからなんか「もっと!」って感じだった(笑)

先生のラッパの音はとてもきれいで優しく凛々しくて鳥肌がたった。
いつもレッスンでこの音を聴いてる。贅沢ものだなぁ。
そして最初にきてた黒服が似合ってた!カッコよかった!

コリドラス 

2007年06月20日(水) 1時07分
高温に弱いナマズくん
コリドラスくんたちが心配。
ちび白コリたちは病気になるし
とにかく一日中エアコン+扇風機です。
電気代を親に払わないと!ひー
ベタちんの病気は治りました!!
一時はデメキン状態で死んじゃう・・・って思ったけど
ケナゲな介護の結果無事生還。
ごはんもよく食べる!!
しかし
「さかなが病気なんで」って出張断れる会社って。
当分辞めらんないなぁ。

ブログお引っ越しです! 

2007年06月19日(火) 23時17分
えーっと
しばらくなんとなく使ってたブログですが
これ←リンク
引っ越すことにしました。
色々とあるんだけど
ただ単に機能面とかであったりするし
これからもっと身辺整理していこうというのもあるし
でもmixiはそのまま続けていく。
あれが一番広い人間の繋がりなんです。
でも人が増え過ぎて素直なことを言えなくなると気付いたのです。
素直な意見で人を傷つけたと言われたくはない。

正直、自分の周りの近すぎないけど近い人たち
そういったところのほんの一部の人から納得のいかない裏切りを受けた訳で
それは別にいじめでもなく私が悪いことをした訳でもなく
その相手の気分だった訳です。
私の考え方が気に入らなかった、ただそれだけ。
何度ももめ事を起こすその人を私はただ不器用な人なんだと
他と平等に接していました。
しかしこちらの誠意は届かず、私の考えに、しかも全くその人とは関係のないことに
腹を立て、匿名というしかし内容ですぐ私とわかる文章で私をさんざん非難し去っていきました。
これはmixi上の出来事ですが、実際何度も会っている人で、一緒にライブに出たり
ギターを教えてくれたり面白い楽器を色々触らせてくれたりと随分お世話になりました。
その人と知り合ってから約1年、私が知っているだけで4人もの人と絶縁宣言をしていました。
ちょっとそれはなぁ、と思うこともあって、今回ちょうどよかったんじゃないかと思います。

ということで
前のブログを誰にお知らせしたか忘れてしまったので
これからこのブログをメインに

信頼出来る、そう思える多くの人たちに読んでもらい何か感じてもらったり
コメントを残していってもらえると嬉しいと思います。
そこからその人達からまた人の輪が広がっていくといいなと思っています。

ヨロシコ!!
eko's profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eko 
  • アイコン画像 誕生日:1977年8月4日
  • アイコン画像 血液型:AB型
読者になる
武蔵野美術大学映像学科卒
現在フリーで活動中
音楽、映像、写真、絵
好きなこと楽しいこと
何でもやります

トランペットを吹きます

音というものが好きです
色んな楽器集めてます


熱帯魚と暮らしています
特にナマズ系とベタが
大好きです

send mail to me!!

TITLE


MESSAGE

thanks for comments