ビタミンB12と動脈硬化(その2) 

2005年02月20日(日) 11時40分
こんにちは!pikoです♪
   
最近、「新陳代謝」が落ちてきたせいか、徐々に体重が増えてきました。

しかも、肌荒れがひどくて、ダブルショック!
   
そこで、ソフトピーリング効果のある洗顔料を試してみようかと思ったんですけど、
使った経験のある方、いらっしゃいますか?

使用感等、ぜひpikoに教えてくださいね。

それでは今日も、ハリキリモードでまいりまーす♪

    

昨日は、ビタミンB12が葉酸と一緒にホモシステインの代謝に役立っている、というお話でした。

今日は、ビタミンB12が不足しやすい人をご紹介しますね。

ビタミンB12が不足しやすい人とは、

ずばり!

お酒をたくさん飲む人」でーす♪

ビタミンB12は、悪酔い物質「アセトアルデヒド」の代謝にかかわっているので、お酒を大量に飲むと、体の中のビタミンB12がドンドン消費されちゃうんですよ

また、ビタミンB12が不足すると、「アセトアルデヒド」がなかなか体から抜けませんから、悪酔いも助長されます。
 
普段、お酒を飲みすぎてるな〜と思う方はどうぞご注意下さい。

では今日はこの辺で。
明日またお会いしましょう!pikoでした♪

ビタミンB12と動脈硬化(その1) 

2005年02月19日(土) 11時37分
こんにちは!pikoです
   
今日って、プロレスの日なんだそうですね〜。

1954(昭和29)年に日本ではじめて「力道山・木村×シャープ兄弟」という本格的なプロレスの国際試合が開催されたことにちなんだ記念日なんだそうです。

pikoは、プロレスを生で見たことがあるんですけど、結構迫力があって、面白いですよね。

今特にみたいと思っているのが、「ゴージャス松野」の試合(笑。
今でもプロレスやってるのかなぁ〜。

それでは今日も、ハリキリモードでまいりまーす♪

    

昨日は、葉酸は血中のホモシステイン濃度を下げて、動脈硬化を予防するというお話をしました。

今日は、葉酸と一緒に働くもうひとつのビタミンについてご紹介したいと思います。

「ホモシステイン」が「メチオニン」という物質になるために必要なビタミンとは、ビタミンB12です。

ビタミンB12は、「コバラミン」とも呼ばれていて、赤血球を作ったり、細胞の新陳代謝を助けたりする働きがあります。

お肉やたまご、乳製品に含まれているビタミンなので、普通はビタミンB12が不足することはなさそうです。

ただ、菜食主義者の方などでは不足しがちなので、注意が必要。

なお、このほかにも不足がちになる方がいるんですが…。

これについては、また明日ご紹介しますね。

では今日はこの辺で。
明日またお会いしましょう!pikoでした

葉酸と血圧について(その3) 

2005年02月18日(金) 11時33分
こんにちは!pikoです。
   
この前、コロラド州のあるおばあさんが、高校生だった47年前にカンニングした事実を告白し、不正を謝罪する手紙を出身校へ郵送した、というニュースをみました。

きっと、ずっと気になっていたんでしょうね〜。

自分の不正を告白するのって、勇気が要りますよね。

pikoも、良心を大切にしていきたいなぁ〜と思いました。

それでは今日も、ハリキリモードでまいりまーす♪

    

昨日は、葉酸は血中のホモシステイン濃度を下げて、動脈硬化を予防するというお話をしました。

今日も、動脈硬化と葉酸についてご紹介したいと思います♪

葉酸は、どのように「ホモシステイン」の濃度を下げるんでしょうか?

実は、ホモシステインは代謝されて「メチオニン」という物質にかわるんですけど、この代謝にかかわっているのが「葉酸」なんです。

つまり、葉酸によるホモシステイン代謝促進が、結果として動脈硬化予防につながるわけです。

ただ、この代謝にかかわっているビタミンがもうひとつ、あります。

そのビタミンとは…?

これについては、また明日ご紹介しますね。

では今日はこの辺で。
明日またお会いしましょう!pikoでした

葉酸と血圧について(その2) 

2005年02月17日(木) 11時23分
こんにちは!pikoです
   
今日は、なぜかpikoだけ花粉に反応していました。
結構、感度がいいのかも。

マスクは全然効かないので、観念して病院にいってこようかな、と思っています。

ところで、NPO法人「統合医療と健康を考える会」では、粉症に関する情報を無料でくれるそうです。

興味のある方は、是非〜♪

http://tinyurl.com/5s7z3

それでは今日も、ハリキリモードでまいりまーす♪

  

昨日は、葉酸は高血圧のリスクを低下する、というお話でした。

今日は、動脈硬化と葉酸についてご紹介したいと思います♪

葉酸は、ビタミンBの1種で、血液中の「ホモシステイン」濃度を下げる働きがあります。

この「ホモシステイン」、コレステロールを血管壁にどんどん沈着させるので、血液中の濃度が高まると、動脈硬化が進行してしまう可能性があるんです!

だから、「ホモシステイン」の濃度を下げる葉酸は、動脈硬化を予防するためにとっても大事なビタミンなんですよ。

野菜不足かな?と思った方は、動脈硬化予備軍かも。

これを機会に是非!野菜を積極的にとってくださいね!

では今日はこの辺で。
明日またお会いしましょう!pikoでした♪

葉酸と血圧について(その1) 

2005年02月16日(水) 11時30分
こんにちは!pikoです。
   
とうとう、花粉が飛び始めましたね〜。
花粉症2年目のpikoにとって、今年の大量飛散にはクビクしています。

みなさんは花粉、大丈夫ですか?

それでは今日も、ハリキリモードでまいりまーす♪

    

昨日は、糖尿病の人は、たまごを控えめにした方が良い、というお話でした。

今日からは、「葉酸」に焦点をあてていきたいと思います。

葉酸は、文字のとおり、葉物野菜に多く含まれているもので、血管を若々しくしてくれる働きがあります。

最近では、葉酸を積極的にとった人の場合では、高血圧のリスクが低下したという結果も報告されているんですよ。

このほかにも、血管に対して良い働きを持っているのですが、これについては、明日以降ご紹介していきたいと思います。

     
では今日はこの辺で。
明日またお会いしましょう!pikoでした♪

カロリーが気になって、卵が食べられない?!―その6― 

2005年02月15日(火) 22時36分
こんにちは!pikoです

pikoは三連休中にレンタルショップからDVDを借りて、
アイ、ロボットをみました〜♪(パソコンで)

内容はわかりやすくて、面白かったですよ。
結構お勧めなので、皆さんも是非!

…と、ここまでは良かったんですが。
映画が終わる直前になって大ハプニング!

実は、盗難防止用シールが回転中にはがれてしまって、パソコンのDVDドライブの中に
残ってしまったんです〜(号泣

DVDドライブの入り口から何とか取り出そうとしたんですけど、シールが中でくっついてしまってこれが取れない!

そこで、DVDドライブを分解しようとしたんですが、分解すること自体がDVDドライブ故障の原因にもなるため、断念。

しかたなく、また最初の方法に戻って入り口から何とか取り出そうと格闘すること「2日間」←ありえない…Σ(゚д゚;)

なんとかDVDドライブからシールを取り出すことが出来ました〜(泣。

一時は数万円がパァ?!とドキドキしましたよ。
皆さんも、DVDを見るときはシールがはがれかけていないか、念のためみてくださいね。

こんなことで連休をパァにしたpikoですが、
今日も、ハリキリモードでまいりまーす♪

    

昨日は、たまごの黄身の乳化作用についてご紹介しました。

今日は、「たまご」をあまり食べちゃいけない人をご紹介しますね。

その人とはズバリ!糖尿病の方です。

国際脳卒中学会でQureshiさんたちが報告した調査結果によると、糖尿病を発症していた人たちの心筋梗塞発症のリスクを、たまごを食べる量で比較したところ、
 
たまごを1日に1〜2個食べる人の方が、1日1個未満しか食べない人に比べて1.7倍心筋梗塞なる危険性が高かったそうです!

たまごと糖尿病と心筋梗塞の関係については、まだまだ調査が必要ということなんですが、念のため、糖尿病の方はたまごを控えめに食べた方がよさそうですね。

では今日はこの辺で。
明日またお会いしましょう!pikoでした

カロリーが気になって、卵が食べられない?!―その5― 

2005年02月14日(月) 17時34分
こんにちは!pikoです

今日はバレンタインデーですね

バレンタインデー当日は月曜日ということもあり、前日の13日にチョコレートを渡した方も多いのでは?

結果はいかがでしたか?

これからチョコレートをわたす方は、いい結果がもらえるといいですね(*^▽^*)。

…え?pikoは、ですか?

pikoは「カプリコ」で済ませてしまいました(汗
だっておいしいんだもん(コソッ

それでは今日も、はりきってまいりまーす♪
  
    

12日は、たまごの白身は風邪薬になるというお話でした。

今日は、「たまご」の「黄身」についてご紹介しますね。

卵の黄身は、ビタミン豊富、栄養満点です!
気になる黄身のコレステロールは、卵黄の1.6%程度。
全卵1つあたり(中1個:50g)200〜250mg程度なんだそうです。

また、黄身の特性としてあげられるのが、「乳化作用」。

水と油は、普通は混ざりませんよね?
でも、乳化作用を持つ物質を使うと、水と油を混ぜることが出来るんです。
この水と油が混ざった状態を「乳化」とよんでいます。

たまごの黄身には「レシチン」という乳化作用を持つ成分が含まれています。
卵黄と水に溶けやすい成分と油を混ぜ合わせるとマヨネーズが出来あがるのも、この「レシチン」のおかげです。

最近は、「レシチン」の乳化作用が血液中の脂質にも働きかけ、血液をサラサラにしてくれるようだ、とのことで注目されていますよね。

ただ、カロリーはやっぱり高めですので(100gあたり約390kcal)血液がサラサラになるから、といって食べ過ぎることのないように、どうぞご注意下さいね。
     
それでは今日はこの辺で。
また明日をお楽しみに!pikoでした

まぐまぐメンテナンスのためメルマガはお休み:たまごの黄身クイズ 

2005年02月13日(日) 17時25分
みなさんこんにちは!pikoです♪

突然ですが、2月13日0時〜24時まで「まぐまぐ」のシステムメンテナンスがおこなわれるため、pikoのメルマガ「100までいきるにゃ、この酒を飲め!食べ物を食え!」の2月13日号を臨時休刊することになりました。

そこで今日のブログでは、たまごの黄身に関するクイズをだしたいと思いまーす

これは、メルマガの編集後記で取り上げたものです。

それでは皆さん、準備はOKですか?

では早速。問題!チャッチャン♪(ウルトラクイズ風)

卵の黄身の色は濃い方が栄養価が高い。○か×か?!

気になる正解は・・・?

カロリーが気になって、卵が食べられない?!―その4― 

2005年02月12日(土) 17時17分
こんにちは!pikoです♪

連休第1日目。みなさんはどのようにすごしましたか?
pikoはといえば、昔なつかしの「巨人の星」を読んでいました〜。

読み進めていくうちに、とてもいい言葉を見つけたので、皆さんにも教えますね♪

これは、星飛雄馬がある先輩をかばうため、自分の負傷を公にしなかったことに対して、父一徹が言った言葉です。

「自分かわいさを…よくをほんのいっしゅんでも他人のためにすてたとき 人間は最高に美しい。」

pikoは「自分かわいさ」や「欲」を捨てきれない未熟者なので、この言葉が痛かったです。

そんなわけで、pikoも何かいいことをしようと思って、募金をすることにしました!

といっても、pikoがお金を払うんじゃなくて、スポンサー企業が払うというもの。
その名もクリック募金

スポンサー企業のHPを見るだけなので、お手軽に募金活動が出来るんですよ♪

皆さんも是非、クリックしてみてください。

★クリック募金のHP★
http://www.dff.jp/index.php


では今日も早速!ハリキリモードでまいりまぁ〜す♪

       

昨日は、たまごの殻は胃薬になるというお話でした。

今日は、「たまご」の「白身」についてご紹介しますね。


カロリーが気になって、卵が食べられない?!―その3― 

2005年02月11日(金) 17時10分
こんにちは!pikoです♪

今月の日経トレンディは、「コンビニ春の陣」と題して、大手コンビニエンスストア各社の新作お弁当やデザートなどを紹介する企画を掲載しています。

pikoはもちろん、デザートのページに直行
即コンビニにダーッシュ!(笑
買って来ました!「モンブランシュー」330円(税込)。

で、いまこのモンブランシューを食べつつ記事を書いているところでーす♪

お味はというと、ちょっと甘めかな?
下のカスタードクリームの味が強いので、マロンクリームとカスタードは別々に味わった方がいい感じですよ♪

皆さんも是非、おためしあれ。

では、モンブランシューも食べ終わったことだし、(笑
今日も早速!ハリキリモードでまいりまぁ〜す♪

    

昨日は、1日1個程度のたまごなら食べてもOK!というお話をしました。

今日から、「たまご」栄養素についてご紹介していきますね。

まずはたまごの「殻」から。

たまごの殻は、そのほとんどが「カルシウム」からできています。
      
実はこの「カルシウム」が胃酸を中和するので、たまごの殻は胃腸病に効くんですよ〜!

実際、シーボルトは卵殻を収酸剤(吸酸剤、胃散を中和する薬)に分類していたそうです。

そういえば、ぬか床の酸を中和するのに、たまごの殻をつかったりしますよね。

もちろん、カルシウム補給のために、たまごから精製したカルシウム(卵殻カルシウム)を利用したサプリメントや食材(ふりかけなど)も各種販売されています。

普段は「ゴミ」にしてしまう卵の殻ですけど、実はとっても役立っているんですね!
pikoも勉強になりました♪

それでは今日はこの辺で。
また明日をお楽しみに!pikoでした
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

■pikoのメルマガ■

 

メルマガ登録はこちら♪

メールアドレス:

メルマガ解除はこちら(泣

メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

■ご利用にあたって■

(ブログやメルマガをお読みになる前に必ずご確認下さい)

このブログや同内容のメルマガでは、医学情報にもどつき健康と食べ物、お酒に関する情報を提供しています。しかし、ご承知の通り医学は日々進歩しており、また、疫学調査では、対象が異なることで調査間で結果が異なることも少なからずあります。したがって、ここで取り上げた情報以外にも、他のさまざまな医学情報を入手し、最終的な判断を行ってください。また、ご利用にあたっては、このブログや同内容のメルマガで得た情報により生じた一切の不利益に対して、pikoはいかなる責任を負わないことをご了承下さい。なお、このブログや同内容のメルマガ内に間違い等がございましたら、お手数ですがその内容についてご教授くださいますよう、お願い申し上げます。

http://yaplog.jp/ekigaku/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ekigaku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる