平原がParker

May 07 [Sat], 2016, 16:52
ダイエットを長い間していると、いつの日か、カロリーを計算しなくても、おおまかな摂取カロリーが予想できるようになっちゃうもんです。
主食と主菜、副菜をこのくらい摂取したので、本日のランチはこれくらいのカロリーをとったという具合に計算できるのです。
太っていた時があるので、どうしようもないのですが、少しへこみます。



ダイエットをやってると結構、厳しい食事制限を課してしまう人もいるみたいですが、断食のような無理なダイエットは禁物です。



というのも、食べ物を制限していても胃がカラになってしまったら無理せずに食事をとるようにしましょう。その時は低いカロリーの物をたべるようにすれば体重が急増したり、することもございません。

体重を落とそうとするのに食事を摂取しないのはダメです。

長時間続かないし、健康を損なってしまいます。



正しく、食事を得ながら、食事の1食をカロリーの小さいものに置き換えると良いです。運動を併用する方は、筋肉をつけて脂肪を減らす効果を高めるため、多たんぱく質で低カロリーが、お勧めです。


ダイエットを行うときの心構えとしてまずまず基礎代謝量を計算して知っておくことが実は大切なんです。

基礎代謝とは、活動してない状況において消費されるエネルギーのことをいい、その数値が大きいほど、あまり太らない体質だといえるのです。
今では気軽に基礎代謝量が計算できるツールがネット上にありますので、一度確認してみるといいとお勧めしたいのです。

基礎代謝の一般的な平均値は20歳を過ぎたころから徐々に減っていくものです。
これが示すことは、成長期の終わりとともに代謝量が一定の数値に安定したことと、運動量が減ったことにより筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。30代以降になるにつれて太りやすくなってしまうのはこういう理由があったのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優衣
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ek10cm0peutnal/index1_0.rdf