大西のクオン

December 09 [Fri], 2016, 11:32
看護師の転職を成功させるには、将来のことを考慮して早めに行動を起こすことが大切です。

それに、どのような条件を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めるようにしましょう。

給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もピックアップしておきましょう。

昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。それに、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しております。
こういった場合には、社員としてその会社や企業に入社することもあるでしょう。
看護師になるための国家試験は、1年に1回あります。看護師不足が深刻になっている日本のためには良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保ち続けています。



看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができればパスできる試験です。看護師の資格を手にするには、何通りかのパターンが挙げられます。看護師免許を手にするためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
試験を受けるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習することが必要なのです。

高校進学時点で衛生看護科に入学すると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。


でも、在学中に進路を変更したくなっても変更は困難です。
また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、短い準備期間のために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。
全国において、看護師の年収は平均437万円程度です。



しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円ほどになります。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。


準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。

産業看護師とは一般企業に勤務する看護師のことをいいます。
看護師と聞くと病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の内容や役目は勤務会社により多様ですが、社員の健康を守り、そして、管理するというのはどの企業でも行う仕事と思ってください。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとれることになっています。

月に8回までと国の指針では定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
勤め先の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が長続きしない理由のひとつと考えられます。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても変わります。仕事場においては一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。

約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、かなり3交代制の病院が多いですね。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。


産業看護師は働く人の健康のために保健について指導したり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。


産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、職業紹介所で見つけるのはほとんど不可能です。興味を持たれた方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。

そういったサイトでは、産業看護師の求人も掲載されることが多いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる