脂質異常症献立 

2009年12月25日(金) 10時14分
脂質異常症とは、どんな病気なのでしょうか?
脂質異常症とは、血液中の脂質が異常値を示す状態をいいます。
自覚症状がほとんどない場合が多いのですが、放置すると動脈硬化が進行し、
心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気を起こしやすくなります。
今回は、食事療法の第一段階の献立を作ってみました。

脂質異常症第一段階の人のための一日の食事例
                   (3食の合計)

    【栄養素適正量】      
エネルギー・・・・・・・1600kcal              
炭水化物・・・・・・・・・・・60%              
   〃  ・・・・・・・・・ 240g                 
タンパク質・・・・・・・15〜20%           
   〃  ・・・・・・・60〜80g             
脂質・・・・・・・・・・・・20〜25%           
   〃・・・・・・・・・・35〜45g            
コレステロール・・・・300mg以下
食物繊維・・・・・・・・・25g以上            
アルコール・・・・・・・25g以下            
果物・・・・・80〜100kcal以内が望ましい     

    【ここに紹介する献立】
エネルギー・・・・・・・・1606kcal
炭水化物・・・・・・・・・・・・61%
 〃  ・・・・・・・・・・・・ 246g
タンパク質・・・・・・・・・・・17%
  〃  ・・・・・・・・・・・・69g
脂質・・・・・・・・・・・・・・・22%
   〃 ・・・・・・・・・・・・39g
コレステロール・・・・・・201mg
食物繊維・・・・・・・・・・・27g
アルコール・・・・・・・・・・0g
果物・・・・・・・・・・・・・・ 98kcal


【朝食】 (分量・g)

*パン(ライ麦パン60・ソフトタイプマーガリン4・いちごジャム5)
*ひよこまめのグリーンサラダ
 (サラダ菜5・レタス20・きゅうり30・赤たまねぎ10・ひよこまめ15・
  ノンオイルドレッシング10)
*キウイのヨーグルト添え(キウイ50・ヨーグルト100)
*カフェオレ(牛乳150・コーヒー100)
 

【昼食】

*もち入り雑炊
 (ご飯45・もち50・卵25・にら15・まいたけ20・だし汁200・酒5・
  薄口しょうゆ3・塩0.6)
*ほたてとグリーン野菜のバター炒め
 (ほたて貝柱40・アスパラガス40・小松菜60・有塩バター7・
  こしょう0.03)
*豆腐サラダ
 (絹ごし豆腐70・ミニトマト10・きゅうり10・穀物酢7・ごま油3・
  こいくちしょうゆ6・にんにく1)

おもちと残り物のご飯でボリューム満点です


【間食】

*干し柿20
*干し芋30
*日本茶

干し芋は、軽くトースターで焼くと甘みがでます


【夕食】

*玄米ごはん(こめ・玄米70)
*納豆汁(挽きわり納豆20・えのきたけ30・甘みそ10・
  かつお昆布だし150)
*筑前煮(鶏もも肉30・ごぼう40・れんこん20・人参15・乾燥しいたけ3・
  さやえんどう5・こんにゃく25・植物油4・かつお昆布だし65・
  砂糖5・しょうゆ12・みりん6)
*まぐろのやまかけ(まぐろ30・山芋60・しそ1・わさび1・しょうゆ3・
  かつお昆布だし20・のり0.1)
*果物(りんご30)


作り方

[ひよこまめのグリーンサラダ]
 @きゅうりは斜め薄切りにする。
 Aレタスは小さくちぎり、赤たまねぎは薄くスライスする。
 BひよこまめとAをドレッシングであえる。
 Cサラダ菜、きゅうりを添えBを盛り付ける。

もち入り雑炊
 @ご飯はさっと洗い、餅はこんがり焼く。
 Aにら、まいたけは食べやすい大きさにきる。
 Bだしを温めて調味し、ご飯を入れる。
  ひと煮立ちしたら、もち、にら、まいたけを入れ溶き卵をまわし入れる。

豆腐サラダ
 @豆腐は角切りにし、軽く水けをきる。 
 Aきゅうりは斜めせん切りに切る。
 B酢、ごま油、しょうゆ、みじん切りのにんにくを混ぜ
  ドレッシングを作る。
 C器に@、A、ミニトマトを盛りつけ、ドレッシングをかける。

筑前煮
 @鶏肉は一口大のそぎ切りにする。
 Aごぼう、れんこんは乱切りにして水にさらし、水けを切る。
 B人参は乱切りにし、干ししいたけはもどしてそぎ切りにする。
 Cさやえんどうは、塩を加えた湯で色よく茹でる。
 D鍋に油を熱し鶏肉と野菜を炒め、油が回ったらだしを加えて5分煮る。
 E砂糖、しょうゆを入れ15分煮たら、みりんを加え
  汁けがなくなるまで煮る。
 F器に盛り、さやえんどうを散らす。 

 はーちゃんのひとりごと
今回の献立は、コレステロール・脂質を抑え食物繊維を多く摂りました。
脂質異常症の食事療法は、一日に摂取するエネルギーを適正にし、バランスのとれた食事に改善します。
食事の他にも、日常生活で注意する点があります。
 適度な運動をしましょう
 運動は、体脂肪を燃焼させ肥満や中性脂肪値の改善に効果的です。
 タバコはやめましょう
 タバコは、HDLコレステロール(善玉)を減少させ、動脈硬化を早めます。
最新コメント
アイコン画像
» 脂質異常症献立 (2010年02月05日)