脂質異常症献立 

2009年12月25日(金) 9時40分
脂質異常症献立

脂質異常症第一段階の人のための1日の食事例(3食の合計)

総摂取エネルギー  1633cal
炭水化物      66%  268g
蛋白質      16%  67g
脂質        20%  36g
コレステロール      262 mg
食物繊維    22g
              

[朝食](分量・g)
ご飯(120)
焼き魚 白鮭60、大根おろし 大根30、
ほうれん草のお浸し ほうれん草60、しらす5 調合油2、みりん2、濃口醤油2
茄子の味噌汁 茄子25、葉葱5、鰹昆布だし10、えのき25、味噌9、
バナナヨーグルト バナナ60、ヨーグルト100













[昼食] (分量・g)
オープンブレット 食パン(60)マーガリン2、鶏卵20、豚ロースハム25、こしょう0.2、
野菜サラダ レタス40、トマト40、胡瓜20、マヨネーズ2
飲み物 牛乳200、
デザートフルーツ キウイフルーツ50、オレンジ50















[夕食] (分量・g)
ご飯(120)
白菜のお浸し 白菜20、もやし20、穀物酢2
糸引き納豆30、
椎茸のお吸い物 椎茸15、わかめ25、人参10、鶏卵20、鰹だし5















作り方
[茄子の味噌汁]
1 茄子は薄く輪切りにする。葉葱も薄切りにする。ねぎは水さらしする。
2 えのきは石づきをとって3センチくらいに切る。
3 なべに鰹昆布だしを入れ、全ての具を入れる。
4 味噌を煮溶かせば出来上がり。


[オープンブレット]
1 食パンにマーガリンを塗って焼いておく。
2 鶏卵は目玉焼きにする。豚ロースハムはそのまま食パンにのせる。
3 食パンに具を全部乗せてこしょうをかける。

[椎茸のお吸い物]
1 椎茸は薄切りに切る。石づきは薄く裂いて使用する。
2 わかめは水に戻しておく。人参は薄く銀杏切りにする。
3 鶏卵は割り解しておく。
4 鍋に鰹だしを入れ、切った具を入れる。
5 鶏卵は割り解した鶏卵は菜箸を伝わせて、混ぜながら入れていく。

最新記事