結婚報告会のこと 

2005年11月30日(水) 13時33分
下鴨神社での挙式も決まり、次は結婚報告会のお店選定に入る。
職場の博学Hさんにすすめてもらった、2つのお店が候補。
百万遍の「ル・ヴェサンヴェール」か京大時計台の「ラトゥール」。
昨日、「このあたりどうかな?」と尋ねたとき、にぎやかしい宴を
拒否していたコバちゃんも、納得のご様子。
お昼休みに「ル・ヴェサンヴェール」に連絡を入れたところ、
3月25日(土)は今のところ空いているとのこと
値段も手ごろだし、対応もよさそう。


ミラノ展とヨン様の胸板〜!−ダ・ヴィンチと四月の雪− 

2005年10月04日(火) 21時37分
昨夜は宇治のおばやいとこの子供たちと(はとこ?)と一緒に
大久保のく○寿司へ。
おばのすすめでお言葉に甘え、瓶ビールを1本いただいてしまう
そのせいか、夜中は蚊にさされまくりですっかり寝不足になってしまった。
お約束通り、朝起きれなかった・・・(笑)。

ずる休みして、雨の中を天王寺・大阪市美術館で「ミラノ展」を鑑賞する。
名づけて『ずる休み満喫パート1』。

ダ・ヴィンチがミラノで過ごした25年間の影響力ってほんと多大。
完璧なまでの遠近法、彼が得意としたテンペラ画を弟子たちがしっかり
受け継いでいる。
ミラノにおいてもダ・ヴィンチは、多才ぶりを発揮していたらしく、芸術家
のほか、発明家・軍事技師としても活躍。本当の天才(奇才)だと思う。
彼の作品を前に、追随を許さない迫力を感じてしまった。

5時前には住んでいる町に戻って『ずる休み満喫パート2』、
今度は映画を楽しむ。
いやぁ!芸術の秋をしっかり満喫してるじゃない?私
本当は『奥様な魔女』を見たかったのだけど、上演終了のため
ヨン様の『四月の雪』を見る。
内容は・・・どうなんだろう?率直に言うと、「そこ、最後にくっつけ
ちゃだめだろ!」って感じだった。
悲恋だからこそ、秘められた恋はいつまでも輝くのに・・・
しかし私もヨン様の胸板に抱かれたい・・・

ポータブルDVDプレーヤー!!!! 

2005年06月16日(木) 10時56分
関西が梅雨入りしてはや2週間。今日は一日中どよよーんとしてお天気。
あまりの倦怠感とだるだるさに気分転換しようと、午後から仕事を
休んで、いきつけの美容室「P」へ。
2時に予約をしていたので、その前に三条通りのオーガニックレストラン
「びお亭」でおひとりさまランチ

今日のランチは
1.わかめときゅうり、たまねぎのポン酢サラダ
2.トマト風味の豆腐ステーキ
3.お味噌汁
4.まめご飯

家庭料理っぽい素朴さが好きなお店のひとつ。相変わらず美味で大満足

いつもいっぱいの「P」さんも、今日はお天気があまりよくない平日の午後と
あって、お客は当初わたしひとり。お店のひとはみんな仲良しなので、一人
ひとりとゆっくりおしゃべり
担当で店長のHさんが「よかったら、今日は特別にポータブルDVDプレイヤー
で映画ご覧になられます?誰もいないから音声もかけられるし・・・」とHさん
おすすめの『スウィング ガールズ』をかけてもらった。
これが超おもしろい!! っていうか、ポータブルDVDってすごい☆

感動して、思わず「いくらですか?!」とたずねてしまった。
内容は、大好きなジャズがテーマ。
東北弁で準主役をさらっていたおかっぱ頭の子がイケてたのと、
優等生の「セキグチ」が、朝の連ドラ「ファイト!」に出ている主人公だった
とか、いろんな話でスタッフのみんなと盛り上がった。

早速帰りにソフマップでポータブルDVDを購入。
その前は弟に見せてもらった凄腕「i pod シャッフル」を買ってしまうし。
どちらも「便利すぎてどうしましょ?!」って感動する位気に入っている。

スタイリストで仲良しのあいちゃーん!
私も資生堂の「BODY CREATOR」 買ったからねー♪この夏は美白とスリムを
目指しましょ。

合同研修会 

2005年05月08日(日) 12時16分
昨日は系列校の合同研修会。
「黄金週間」の真っ只中というのに・・・
文句を言われるのはいつも総務だわ
うちの大学が当番校だったので、総務な私たちは何かと準備や進行に
追われていた。午後からの分科会では若い人たちからの率直な意見が
飛び交っており、「みんな話す機会がないだけで、いろんなこと考えて
いるんだなー」と感心して耳を傾けていた。
うちのHくんもMちゃんもとってもいい意見を出してくれて、「ふたりとも
しらないうちにしっかりしてきたねー」といたく感動してしまった。

この職場に勤め始めて4年を過ぎたが、働けば働くほどいい職場だなー
と思うようになった。愚痴がめっきり減った
カトリックを身近に感じる日常や雰囲気は、もっと働きやすい職場に
したいなーと自分に与えられた運命と使命を感じるまでになった。

研修会で資料としていただいた中高の広報誌の中に素敵な文章
を見つけた。
「人からできるだけ多くの愛をもらった人は、きっと優しい人になれる」
すごくいい言葉。大切にしまっておこうと思う。

宋家の三姉妹 

2005年04月07日(木) 15時30分
年度末の代休消化で今日はお休み。
念願の「宋家の三姉妹」をDVDで観た!
台湾フリークの友人Nぽんから「よかったよー」と前評判を
以前から聞いていて興味しんしんだった私。

いやー!! ほんとよかった〜!!! やっぱりDVD買っちゃおっかな(笑)
三人もいたら特に誰がよかった、とか無意識に
決まりそうなものだが、どの姉妹も個性があってとても素敵
強い=キツイのではなく、みな優しい強さがある。
自分をきちんと持っているからこそ、頭の回転が速く、負かさない
強さが生まれるんだ。
私も三姉妹のようになりたいと心から思った。


△元学長に贈られるはずだった、理事長からの花束。
朝秘書さんが生け込む前にパチリ
このバラの色、最高にキレイ。

「任せる」ということ 

2005年03月23日(水) 22時54分
人に任せるのが苦手で「人に説明しながらやるより自分でやったほうがマシ」
という気持ちで長い間仕事をしてきてしまった。
なんとなく、仕事を「取られた」感じがして、任せられなかった。

ところが最近、後輩のHくんやMちゃんに「任せる」ということの大切さを教えて
もらってすごく自分が成長できた気がする。
私が仕事を覚えられたのも、きっと諸先輩たちが仕事を「任せる」「流す」という
ことをあえてしてくださっていたんだなーと思い、いまさらながら・・・感謝です。

自分がもう一度できるようになったことは、人に教えながら自己哲学にしていって
次のステップに進むほうがすごく仕事は楽しい。

明日からもがんばろうー!!

大塚国際美術館 

2005年03月21日(月) 11時10分
昨日は親友のT君と明石鳴門方面へ遊びに行く。
大山崎インターを出発したのは正午前。途中中国道で渋滞にあうも
鳴門に到着したのが14時。春の陽気が気持ちいいー!!!!

お昼過ぎての到着だったから、十分にお腹が空いて大塚国際美術館の
手前にあった料理旅館で定食を食べる。(お刺身・てんぷら・もずく・ひじき
ごはん・お味噌汁がついて1,900円安いっ!!)



おなかいっぱい食べたところで、大塚国際美術館へ。
美術館入り口から駐車場までは、徒歩8分のところにあった。
大塚製薬のバスが車を停めたところまで迎えに来てくれるらしいが、
要領の得ないサービスだった 一箇所のところに集めりゃいいのにね、
とT君。田舎のおじちゃまの笑顔に許しちゃおう。

大人ひとり3,150円を支払い、中へ入ってみると建物がとりあえずデカイ!!
山1個分。5階建てで、1,074点もの陶板名画が系統だててかけられまくって
いる。(まくっているという表現が一番正しいと思う)あっちゃこっちゃ見るの
で少し疲れた。
失恋して以来、1年も不幸のヒーローを演じている(ごめん)T君はめずらしく
「めっちゃええなー」を連発。少し元気になってくれてよかったよかった



私はやはり、ルネサンス・バロック系統が大好き。聖母マリアとイエス様の
宗教画を前にすると、ポーっとなるほどシアワセな気分になってしまう。
その向こうにシアワセがあふれているような絵が大好き。暗闇を感じる絵は
怖くてすぐに目をそらしてしまう。
T君と「本当の暗闇を知らないから、その意味がわからないんだろうな」と話す。

結局2時間近くかけて見てまわり、パンフレット内に書かれてあった言葉を
思い出す。
「・・・・色々な学生に美術を教える、ということを基本に考えて古今の西洋名画
の中から選んだ作品を展示してあります。(中略)学生の時に此処の絵を鑑賞
していただいて、将来新婚旅行先の海外で実物の絵を見ていただければ・・・」
・・・うーん。なるほど
「絵」とは?という興味を持ってもらうにはすばらしい場所でした。大塚美術館。

冷静沈着に・・・ 

2005年02月20日(日) 22時28分
今日は元カレであり、今は大親友のT君を伊丹空港まで迎えにゆく。
カレとは付き合っていた期間より親友として付き合っている期間の
ほうが圧倒的に長い!!! なんとも因果な相性なのだが・・・。
今回の失恋もT君にいろいろ聞いてもらうことで救われていた。

車中、私がルネサンス美術の勉強をしたいので、夏休みを利用して
フィレンツェに行ってみる!リセットしに行く!と息巻いて話したら、
「今のお前に必要なのは、冷静沈着やぞ」といわれた。
冷静にじっくり考えて自然とやりたい!と思えるものならそれは
運命だしやったらいいけど、無理はあかん。とりあえずゆっくり
考えてみ、自分らしくいるが一番やでと・・・。

冷静なT君らしいやさしさ。いつも感謝しています。
やさしい自分が自信のなさの裏返しだからこれからは強くなりたい
と言って少し無理して変えようとした自分を見透かされて思わず
泣いてしまったけど、冷静なアドバイスをありがとう。
ゆっくり考えてみるね。
T君ずっと親友でいてね。

落ち着いてみて 

2005年02月14日(月) 17時42分
ブログから久しく遠のいてしまった。

大切な人のことを考えると毎日が感動で楽しくて、
これからの私には彼との幸福だけがやってくるとばかり
信じていた半年。

映画を観にでかけた楽しい時間を過ごした次の週
大切な人から 「東京に転職するので、君とは距離をおきたい」
「自分の気持ちに正直になりたいから(君のことは好きになれない)」
と一方的に告げられて失恋してしまった。

今日ブログをつけられるまで、気持ちの整理に本当に本当に
時間がかかってしまった。 
「私がもう少し盲目にならずに、冷静さをもって彼の気持ちを見守って
いれば(好転したかもしれない)」とばかり後悔した。

彼のことを本当に好きだったのかな?
結婚にあこがれていただけなのかな?
来ないメールを待ってみたり、オモイ自分に自己嫌悪したり。
むちゃくちゃ彼を批判してみたり。浮き沈みの半月だった。

彼のことが早く懐かしい思い出に変わりますように・・・。
彼の転職がうまくいきますように。
きっと私もシアワセになれますように。


お茶にする? 

2005年01月21日(金) 12時24分
おとつい、フラダンスの練習前に立ち寄った
ファーストフード店の紙トレイに書かれていたコピーが
気に入って書き留めてみた。

お茶にする?って、
ちょっとしゃべる?
ってことかもしれないね。
ちょっといいな。

ひとりでお茶をのんでても
じぶんの気持ちとしゃべってるのかもしれないね

お茶をゆっくりのむ時間って
なにかが見えてくる時間なのかもしれないね


2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eiya1225
読者になる
Yapme!一覧
読者になる