戸沢とはーちゃん

February 29 [Mon], 2016, 11:39
実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、勤務先を国公立の病院にすることです。実際、看護師の職業は専門的な知識や経験が求められ、安定した仕事だということで高い人気がありますが、さらに加えて、公務員の待遇もあればもっと安定性が高まりますよね。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点はなによりも嬉しいメリットですよね。看護師として勤務していくうちに当然のようにやめたいと思うことも少なくないでしょう。仕事そのものの失敗のみならず時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。ですが、それだけではなく、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと実感することも多々あるのです。時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によっていろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分の心身の健康についても状態を自覚したりできるようになります。看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。いわゆる課長職でも、その年収は勤める企業の規模で全く違ってくるように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。例えば、公立病院の場合、おおよそ750万円前後だと言われているようです。以前は看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、ここ最近になって徐々に男性看護師も増加しています。実際の看護の場面においては、患者の移動、入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。女性と年収に関しては同じですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職することを決めたのでした。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。そういうサイトを見たり、本を探したりしながらこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、といやでも思い知らされた出来事でした。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、とにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、慎重に行動してください。それから、薬についてですが妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、注意するべきでしょう。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。転職の際には、看護師であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けるべきことが存在します。何だと思いますか?それは、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をどのように記入するかです。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、「ステップアップすることが出来そうだから」とか身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。看護師という仕事に就いている方の中では、勤務する時間が不規則な上に労働環境の大変さによって他の仕事に移る人も結構いるということですが、案外、看護師資格は看護師以外の職業でも有利な方向に働くことが多いでしょう。例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。社会に出たばかりの新卒看護師や、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がきちんともらえないケースがあります。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、労働者が新人かどうかは別の話で法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、労働した時間分はきっちり、給金という形で手に入るのが当然なのです。学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。かつての看護師はほとんどが女性の職業でした。ですが、近年はどこでも看護師の名称が使われ、男性の看護師も多いです。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。母性的な優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。国外で助けを求めている人に、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方もいると思います。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、看護師は常に求められているのです。海外においては医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語を話せることが絶対条件になります。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で体の健康を害してしまうのであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、忘れてはいけないのが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が少なくなることが多いようです。例え年収が下がったとしても、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。看護師の中には、向学心から新しい職場を探す、という人も少なくありません。規模の大きい病院に移って看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。階級のトップからいえば、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長や総看護師長がトップにあたります。どういう人が出世するのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要でしょう。階級が高くなるほどにより多くの給料を受け取れるはずです。ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、業務時間以外にも仕事が多くあり、残って仕事をしなければならないことがよくあります。けれども、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。さっきまで愚痴っていた人がぱっと笑顔を作れるのですから看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。皆さん想像がつくと思いますが、看護師は多くが女性ですので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。それから、勤務する時間が不規則だったり、キツい仕事だということも原因となり、離婚率についても高くなっているようです。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。これに参加を申し込む看護師は多数います。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、どうにも男性に出会うことが難しく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。しかし、たとえカップルが成立しても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、破局をむかえることが多いと言われています。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実をいうと夜勤の分の手当てによって総額が上がっている場合が多いです。たとえば良い給料で看護師をしたいというのならどこで働くか考える時、日勤のみではなくてできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。この夜勤があるかどうかによってどのくらい稼げるかが変わってきます。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、難点を補って余りある良い点がたくさんあるということなのでしょう。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そうこうしているうちに大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知り、実行しているかということも、看護師であり続けるためには重要視した方が良いようです。病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師は夜勤を避けられない職業の一つです。具体的な勤務時間でいうと、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。また、3交代勤務の場合、勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。就職しようとしている病院がどちらの交代勤務で動いているのかを前もって知っておいた方が良いでしょう。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、どうしても転職率も高い数値になります。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが多くあります。看護師の求人に特化した転職サイトであれば、時間をかけずに希望通りの求人を探すことが出来るので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に求人が途切れるようなことはありません。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、少し念入りに求職活動を試みれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなども思った以上に多数存在しますし、そういったところを利用して優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。看護師の資格を持っていれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。ですが、本業で勤めている病院で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。資格取得の難しさですが、看護師資格の場合はどれほどの難しさなのでしょうか。調べてみると、看護師国家試験の合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。内容もそれまでの学校生活で勉強しておけば十分に合格できるものですので、それほど高難度な資格ではありません。以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、実行している病院がほとんどのようです。ちゃんと個人個人の能力について測定し、評価をつけられるよう、指標をはじめから作っていったところもあります。能力評価は、月々に行なう所や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。看護師は、こうして定期的な評価を受けることで、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。看護師としての勤務は、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。それが理由なのかはわかりませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。ですが、とにかく忙しいです。ほとんど休めない様な病院もあって、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというのは珍しくありません。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのがベストな形だと思います。他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均年収という点では明らかに看護師の方が多いです。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く需要が途切れることなくあります。そのため、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という点も、人気職である所以かもしれません。ところが、高給を得られる職業ではありますが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Itsuki
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eivteyrakrefne/index1_0.rdf