あゆみの静御前

December 23 [Fri], 2016, 16:00
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるそうです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。自分も沿うかも、と思った方は、放っておかずに診察をうけて頂戴。

普通、インプラント埋入手術は入院なしです。



部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意して頂戴。

もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ずもとめられます。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かも知れません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。見た目からしても、自分の歯のように結構自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れ立と気づかれることはまずないと思って良いでしょう。



義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる