二児の母です。妊活をしていた時本を買って

January 25 [Wed], 2017, 6:22
二児の母です。妊活をしていた時、本を買って「産み分け」について学びました。上の子が男の子でしたし、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。


皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は主に女性がするものだと考えていませんか?持ちろん、女性がおこなうべき妊活も沢山あります。


しかし、実は、男性にもぜひ御勧めしたい妊活があるんです。
それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。


不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。


男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があるんです。


ですから、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてちょうだい。妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」のもつはたらきに注目が集まっています。
ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)B群に属する葉酸は水溶性で、適切に摂取を続けることで、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減され立という報告があるのです。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、1日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に葉酸を摂るよう、意識してみて下さい。

妊娠を願望する方や計画している方が、影響があるものと言えば、食事ですよね。
妊活とは、夫婦生活をふくめて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。妊活中の女性はすぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではないでしょうので、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきて下さい。
この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。
妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前からお腹の中に新しい命を授かっています。
いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。
いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてちょうだい。
不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、子宮や卵巣の機能が低下することがあるんです。

妊娠を望む家族の声や、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療中のストレスとなることも少なくなく、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではないでしょう。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが不妊治療にはおおいに助けになると思います。

クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親戚にコドモができたことを聞かされたりすると、やりきれない気分でした。病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

原因がわからないときは早めに受診したほうがいいと言うことでしょう。妊婦にとって葉酸は最も大切な成分ですが、この大切な葉酸を適切に摂取できなかっ立としたら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。葉酸には、細胞分裂を促すはたらきがある事が分かっていますから、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害などを発症するリスクが高まるというデータがあるのです。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を心がけてちょうだい。
ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)Bの一種である葉酸は、いろいろな食べ物に含有しています。例えば、フルーツで言うと、イチゴやライチに含有量が多いと発表されています。それ以外では、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、元来ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)の豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。

葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても問題ありません。葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、あなたがたご存知かと思います。



しかし、どれだけ大切な栄養素でも、摂取すればするほど良いなんてことはないでしょうから、適切な摂取量を守るようにしてちょうだい。特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含有していますから、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてちょうだい。

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)があらわれることがあるんです。
それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。
葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。


ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しいということもあるでしょう。

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

そうした時にはサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。


サプリメントであれば簡単に摂取できます。
葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。とくに胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は忘れてはいけません。
ですから、妊娠を計画をしている方は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることが大切だと思います。
ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。



葉酸のサプリであれば計算や摂取も難しくないですからぜひサプリを活用してみてちょうだい。



近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。一般的な食事では、ナカナカ理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリで補給するのが簡単でしょう。



葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも売られていますので、このようなサプリを飲めば適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)B群の一種です。

野菜の中では主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。

また、流産といった危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。手軽に摂るならばサプリメントを活用するのも賢い方法だと言えます。

妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。

ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。
ヨガをおこなう事で自律神経を正常にはたらかせる作用があるので、ホルモンバランスの改善に繋がるというりゆうですね。
「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことにつながります。こうした運動はこころとからだのバランスを整えると言われていますので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。
葉酸は、胎児の正常な発達に働聞かけるため、妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素のひとつであると知られています。

普段の食事で摂取出来るのであればば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しい時もありますよね。そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、葉酸サプリメントに切り替えることで適切な量の葉酸を補給することが出来ます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shizuku
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる