道さんが晶(あきら)

June 03 [Fri], 2016, 13:51
結婚相手として男性から人気が高い介護士が、なぜ結婚できない介護士が多いのでしょうか。

具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が分かりました。晩婚の理由として多いものは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、出世を第一にすることで結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。介護士として働いて、もう数年になります。

それで、気付いたことは、介護士はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。

ただ、健康には気をつけてほしいです。
介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と接しなければいけないので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに気を配っておきましょう。
介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大切です。
職場の環境によっては、ルールがそれぞれ異なるケースがあると知っておいた方が良いでしょう。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。



食事をとってきます、と他の勤務中の介護士に伝えるための暗号として普段から使用されているようです。そもそもエッセンとは、というと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。



この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、それが今まで細々と生き残ってよく使われ、親しまれている用語です。どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。


することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。
面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところもテストされていると思ってください。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。


皆さん想像がつくと思いますが、介護士は女の人が多いので、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。

加えて、勤務時間が一定でないこと、厳しい労働環境であることなどが影響して結果的に離婚してしまう方も多いようです。

自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。

では、退職金についてはどうなっているかといえば、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。個人介護施設はどうなっているかというと、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。
他はそうとも言えない、ということになるでしょう。

医師、そして、介護士。この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。


はっきりした違いは、医師は患者さんの診察と治療、予防指導を行ったり、薬を処方することが仕事とされています。他方、介護士の場合は、医師の指導に則って、医師が診療を行う際に、その補助をすることや介護面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。
昔の話ですが、かつての介護士といったら大多数が女性でした。ですが、ここ最近の傾向として介護士の名称が認知されていることからも分かるように、男性の介護士も珍しくなくなりました。
現場で求められる介護士の能力を考えた場合、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。


母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。
介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。

子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。



それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。
夜勤もありません。



外来勤務が忙しくなるかどうかは、介護施設による部分もありますが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあるとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。
勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどういった介護施設か、診療科はどこかによって違ってきます。

介護士の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割と定められています。介護士の介護行為というものは実は認められていないのですが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますただ、患者さんの状態によって、差し迫った状態になったときは、キャリアのある介護士には部分的に介護行為も認められる必要もあるのではないかと考えます。
日夜、介護施設で働く介護士は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際にはクリニックや介護施設の勤務形態によってそれぞれ異なるようです。
とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日や出勤日が変則的なことも普通です。



一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、介護士はその外見に問題がないのか気を付けておくことが重要です。メイクをする女性の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが相応しいと思います。
素顔の時ともまた違っているので、周囲の人が感じる印象もまた違ったものになるでしょう。卒業を控えているのに、介護士の就職先が見つからずに失敗が続くという場合、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人広告や求人サイトには特に年齢制限の記載がなくても、介護施設側の事情で年齢を理由にした不採用を決められていることも、珍しくないのです。
具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、難しくなります。
他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点ではなんなく介護士が上回りました。


介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく一定数以上の需要が常に見込まれるので、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという大きなメリットがあるといえます。
ところが、高給を得られる職業ではありますが、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。

収入面において、介護士という仕事は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、相当高めの給料をもらうことできます。

責任の重い、介護現場を職場にしていることに加え、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。
身体的にきつい夜勤が人より多い場合や勤務終了でクタクタのところ更に残業をするというような介護士ですと、給料はもちろん、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。



介護士と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。
肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。


それらを承知の上でなお、介護士になろうと志望する人が引きも切らないというのはやはり、良くない点を打ち消せる程にメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。

転職活動を行う時には、ご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、注意すべきことがあります。



何に気を付けるべきかと言いますと、特に履歴書の中の志望の理由の書き方です。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、成長に繋がるといったことや、身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。オン、オフの期間を調整できて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などをかなり自由に選択可能、というのが派遣の介護士として働く上でのメリットでしょうか。



単発の仕事あり、短期のものもあり、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職活動をしてみてはいかがでしょうか。

私がなぜ介護士になりたいと思ったのかというと、中学の時の職場体験で、体験先の介護施設の介護士の方に感動したのがきっかけです。

大人になったら、こういった職業で働いていきたいと考えたことが端緒となり看護学校に入学することを決め、今は介護士として働いています。

確かにつらいこともあります。しかし、毎日が充実しています。
働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。


よく聞くのは休日や出勤日が不規則な事だと思います。
折角休みになっても友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みをよく聞きます。
または、労働環境が過酷で休みが取れないということも珍しくありません。
規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な介護施設の求人を探してみるなど、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。

そこそこ昔のことではあるものの、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入ると世間的に認知されていた節があります。しかし、昨今、介護士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るということを知る人は多くなってきています。


何しろ介護士の給料といえば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯の維持が可能なほどなのです。


要するに介護士は高給取りである、というのは間違いありません。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される介護士は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。



なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、丁寧に探してみれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。幸い、ネット上を少し見てみると介護士の転職をサポートする専門の求人サイトなどがたくさんありますから、会員登録して上手く活用しながら条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。

病気になって気落ちしていると介護士の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。

覚える必要のある仕事やチェックを繰り返し、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。


そのため、うつ病を患う介護士も珍しくないのです。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、これといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。
介護士は良い給料をもらってはいますが、詳しく見てみると夜勤の分の手当てによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。あなたがもしも、より高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、職場選びの際、日勤だけではなくハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。

夜勤帯に働くかどうかでどのくらい稼げるかが変わってきます。

職場において、仕事のできる介護士を目指すには、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなシンプルな仕事でもないため、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を考え始める人もいるようです。最先端により近い、高度な介護行為を行なう介護施設でさらに能力をアップさせたいと願う、大変に積極的な仕事の選び方です。


働き方を色々と変えることも可能な介護士ですが、そのほとんどはやはり、介護施設で勤務しています。介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く介護士は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。こうして、介護施設に限らず介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる介護士の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは元気になって退院していった患者さんが、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。それから、患者さんの家族の人たちにとても喜んでもらえた時など、しみじみとやりがいを感じられます。
夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、仕事からやりがいを得られない場合は、辞めてしまおうと願ってしまうでしょう。


看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、申し送りを行なうことにしている介護施設は多いです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護の業務に必要な諸々について直接、顔を合わせて話します。
患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話すようにします。
申し送りは、素早くスムーズに行うことも当たり前のように期待されます。介護士という仕事は特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、とはいえ、労働組合がないとちゃんとした雇用条件で働けず、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。
職業柄、ストライキをすることも介護士にとっては困難で、雇用する側が、適切に配慮することが重要だということは言うまでもありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuzuki
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eism6rmbeerxm7/index1_0.rdf