車の下取りで注意しなければいけない事は自動車税

May 04 [Wed], 2016, 1:05

車の下取りで注意しなければいけない事は、自動車税の還付に関することです。





これについては、販売業者により違うようです。



普通はきちっと説明してくれます。



排気量が多めの車では、数万円となりますので、軽視しないべきです。




逆に、軽だとすれば数千円の話であるため、あまり気にすることもないでしょう。


車を買い取ってもらう時に用心しておかなくてはいけないのは、悪徳業者との取引を行わないことです。



一般的に名の通った会社なら問題ないですが、他に支店のないようなお店は、注意をした方がよいです。


一度、悪徳業者と売買してしまうと、車を渡したのにもかかわらず、代金はもらえないという場合もあります。


事故で壊れた車は廃車にするより査定を受けた方が明らかにお得です。



事故を起こした車には価値がないと推測するかもしれません。



でも、事故を起こした車であっても、使える部品はたくさんあり、国外での需要が見込めるのです。


さらに、事故で壊れた車でも専門業者が修理すれば再度乗れるようになるケースもあり、思ったより、高額で売れるできるケースもあります。



事故車でも査定は受けられますが、査定の額は低くなるでしょう。とは言っても、事故車であるということを隠そうとしても査定する人にはバレてしまうので、マイナスになってしまいます。事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故車専門の買取業者に査定を申し込むといいでしょう。





その方が高い金額をつけてもらえることも多いです。


改造車は買取であまり良い評価を受けません。手広くやっている買取店なら、メーカーやディーラーの正規のオプションなら査定においてプラスになります。



サンルーフ、マルチの純正ナビ、革シートなどは査定額にプラスに影響しますが、一方、車高調整していたり、アルミやエアロを非純正パーツに変えていると査定で有利にはなりません。売りたい車がスポーツカーなら、買取額の点では確実に専門店が良いでしょう。