こんちわぁ04 

March 31 [Sat], 2007, 22:07
こんちわぁ
なかなかないっすねぇ・・・
さすがにそうか。
今日は、「生きているかちなんてないと思っている人へ」というお題(?)でいきましょうかぁ。

「自殺したい」こういうことを『考える』、『考えさせる』ということは、一番悪いです。
私も、『自殺』ということを考えたこともありました。
しかし、『自殺』をしたら、誰が『苦しむ』、『悲しむ』か考えました。
『親』もそうです。『自分』もそうです。『地球』もそうです。
『親』は分かるかも知れませんが、分からないのは『自分』と『地球』ですよね。
『自分』が苦しむのは、死ぬときです。体が痛いです。心も痛いです。
親が泣いているのを聞いています。そのときが一番つらいです。
一部の仲いい友達も泣いています。このときもつらいです。
考えてみてください。
まず、高いところから落ちます。
頭から血が流れます。
見るのも痛いです。見なくても痛いです。
病院に運ばれます。救急車の中に親がいます。
「○○!死なないで!」といわれながらなかれます。
このときどうですか?
「うっせえな・・・黙ってろよ」と思う人はいない・・・か少ないと思います。
その前に声が出ないんですから。
次に病院です。
「○○!なんで自殺なんか・・・」
と仲のいい友達が駆け寄ってきます。
そうすると、親と友達が少し話したあと、一緒に泣かれます。
このときの気持ちは、さっきの救急車の中より、頭を打ったより痛いと思います。
これで命が助かれば、「ごめんね」といえますが、助からなかったらどうしますか?
幽霊になって化けますか?
幽霊になって化けたら、逆に逃げられますよ。
遺書でもすみませんよ。この罪は。
誰かに泣かれるより、今の世界で生きるほうがいいと思いませんか?
今は、『お悩み解決ダイヤル』があるんですから。
『恥ずかしい』と思っていたら、なかなか前に進みませんよ。
『地球』が悲しむは、まず、『自分』が悲しみます。
『友達』が悲しみます。何もできなかった人達が悲しみます。
これがずっと続いていたら、そのうち地球には、『日本人』なんていなくなります。
それよりか、『地球人』がいなくなる可能性だってあるんです。
もし、地球がなくなったら、悲しむのは、私達ではありません。
『宇宙』です。
(あ、『悲しむ』に『宇宙』追加しといてください。)
人類の惑星がいなくなって、すごく寂しくなります。
そう思いませんかね?
「つい、この間まで、にぎやかだった家族が、外国に引っ越す。連絡が取れない。郵便物も送れない。」
ことと一緒です。
ていうか、その倍です。
水星や土星が探しますよね。『地球』を。
太陽も探しますよね。『地球』を。
そして、どこにも見当たりません。
一人かけてしまいました。
どうしましょう。
これを、家族に変えてみてください。
水星や土星を友達に変えてください。
太陽を親に変えてください。
どうしますか?
水星、土星、太陽が悲しみますよ。
光を失いますよ。
貴方ならどうしますか?
これは私からの宿題です。

連載4回。
長々と失礼しました。
小学生で、えらそうにしてごめんなさい。
それでわまた明日。

お悩み相談室 

March 30 [Fri], 2007, 23:58
今から、コメントのところで、お悩み相談室作ります。

お悩みの場合は、最初に何かマークを書いてください。(★、◆、Qなど・・・)
感想などは普通に書いてください。

それでわ。

こんちわぁ03 

March 30 [Fri], 2007, 23:10
こんちわぁ
今日は遅くなった。
まぁ見てる人いないからいいけど。
じゃぁ今日は、「将来の夢を馬鹿にしている人へ」というお題(?)でいこうかな。

私は、将来の夢がないときは、「なんで将来の夢なんて持ってるんだろ。かなうわけないじゃん」と思ってました。
だけど、自分に将来の夢ができたとき、「あ、今までなんであんなこと思ってたんだろ」と気持ちが変わってきました。
だって、「絶対にかなえたい!」っていう思いがいっぱいなんですもん。
「いつか、このキャラクターの声の人と共演したいな」や、「このモデルさんの服をコーディネートしたいな」という気持ちがたくさん出てきました。
「友達の漫画がアニメ化になったら、アニメの中の誰かの声を担当したいな」という気持ちも出てきました。
私はいままで、『かなうわけない』といってきたけれど、実際に夢ができると、『かなえたい』という気持ちがどんどん出てきました。
どの人にも将来の夢はあるはずです。
これは前にもいったけど、PC向かっている人も、お金がない人も。
私には、父親がいません。
母が小3から今まで仕事をして育ててくれました。
その母に恩返しをしたいと思います。
これも一つの夢です。
これを馬鹿にしている人。
私には分かります。
馬鹿にしたい理由分かります。
けれども、こんなことで馬鹿にしてはいけません。
素朴でも、大きくても、夢は馬鹿にしてはいけません。
「夢は大きくもて」こういう言葉を聴いたことはありませんか?
このとおりに生きている人・・・たくさんいます。
私を含め、世界中の人達です。
・・・馬鹿にしている人を抜いて。
「いつかガンダムに乗って地球の平和を守る!」こういう無謀な夢も馬鹿にしてはいけません。
私だって、昔はセーラームーンに憧れてました。
まぁ、実感がわいてきたころはとても恥ずかしかったですけどねw
そういっても親は、「もし、セーラームーンになれたら、お母さん達を守ってね」といっていました。
これだけは、しっかりと覚えてます。
・・・これを母に見られたら、とても恥ずかしい・・・\\\
けれども、小さいころは誰にでもこういうことはあります。
電王(仮面ライダー)になりたい子だっているし、ゲキレンジャーになりたい子だっている。(詳しくは、テレ朝:AM7:30〜)
それを馬鹿にできますか?
これを見ているお母さん、自分の子供がこういっていたら、「絶対になれないよ」といえますか?
彼氏のいる人、自分の彼氏が、「将来、自衛官になる!」といって、「絶対になれないし」といえますか?
中にはいえるひともいるだろうけど、人の将来なんて誰かが決めていいもんじゃありません。
人の将来なんて誰かが馬鹿にするためにあるんじゃありません。
自分の未来に向かって、進むための道、楽しく人生が送れるためにあるんです。
明日の希望をしょって、一日々違う道を進むのです。
毎日、同じ道を進むわけじゃありません。
今日、夢に向かってがんばったのなら、明日の道は輝いています。
今日、何もせずに一日終わったのなら、明日より今日の方が輝いています。
たまにはどん底に落ちて、自分の進むべき道が分からなくなったりします。
そういう時は、立ち止まって、確認してから進むんです。
もし、進むのが怖いのだったら戻ればいいじゃないですか。
必ず明日の道があるんですから。
友達がどん底に落ちていたとき、貴方はどうしますか?
そのまま馬鹿にしますか?「だからいったじゃん」と声をかけますか?
放っておきますか?励ましてあげますか?
このときは、励ましてあげるが正解ですね。
まぁクイズじゃないですけど。
友達を放っておいたりしたら、今度は自分がどん底に落ちます。
その友達に無視されて、自分の周りに友達がたくさんいたのに、次第に減っていきます。
それでもいいんですか?
それがいやなら、馬鹿にしないことですね。
また小学生が偉そうにごめんなさい。
では、今日はこれぐらいにしときます。

連載3回目。
長々と失礼しました。
それではまた明日。

こんちわぁ02 

March 29 [Thu], 2007, 17:06
こんにちわぁ。
さて、今日のお題(?)何にしよっかな・・・
あ、今日も将来の夢の話しようか。(マタカヨ
世の中には将来より、今のことで精一杯って言う人が多くなってきましたよね。
その点、私たち、小学生(子供)には将来があります。
中にはないひともいるだろうけど。
このブログ(今はみてないと思うけど)後々みるようになってきたら、自分の夢を考えて見てください。
「自分には将来の夢なんてない!」っていっている人も中にはいるだろうけども。
絶対にあるんです。
誰にでも。
だって、今テレビに出ている人だって、私たちの年代のころはあったと思います。
そのころからテレビに出ていたって、高校生くらいから出ていたって、必ずあったと思います。
看護士さんとか学校の先生とか。
もちろん夢があるならば、憧れの人もいると思います。
師匠とかいるはずです。
そういう人がいなくてどうやって夢を作ればいいんですかね?
「この人みたいになれればいいな」とか思って初めて夢ができるんですよ。
私だって、「好きなアニメの声優さんでいいなぁ」と思ったからこうなったんです。
スタイリストだって、母に「服のコーディネートのセンスあるね」といわれたから夢ができたんです。
誰かの支えがなくては夢をかなえることはできません。作ることもできません。
私はそう思います。
小学生なのに偉そうにいってごめんなさい。
けれど、それがブログなんです。PCなんです。
リアルの世界でいえないからこそ、この場を借りて言っているんです。
なので、私はこのブログをつくったんです。
友達だって夢がない人はいません。
みんな漫画家や女優やモデルになりたいといっています。
親の支えがあるから、友達の応援があるから、憧れている人がいるからみんながんばっているんです。
それを「馬鹿々しい」と思っている人が一番馬鹿なんです。
夢があると、毎日が楽しいです。
夢をかなえられなかった。それだけで落ち込んでる人もめげずにがんばれば、必ずかなうんです。
夢があり、かなった先には、みんなにはわからない、自分だけの世界が待っているのです。
その自分だけの世界が見えて、初めて、『夢がかなった』というのです。
PCだけの世界で生きている人も、必ず夢はあるはずです。
『私のお母さんみたいなお母さんになりたい』これでも夢なのです。
『私(僕)の好きな人と結婚したい』これも夢なのです。
夢にもいろいろな形があります。
それを馬鹿にしてはいけません。
その夢を応援してあげる、支えてあげるのが周りにいる私たちの役目なんじゃないのでしょうか。
夢を馬鹿にされる気持ちがその人たちには分からないのです。
自分の夢を馬鹿にされて、「別にいいよ」と表では言っていても、本当は悲しいのです。寂しいのです。
私もそんな経験がありました。
そういう人の気持ちがよく分かります。
『悲しい、寂しい』より強い思いがこみ上げてきます。
『悔しい』という思いです。
自分の夢がかなわないより、馬鹿にされるのが一番『悔しい』のだと思います。
もし、友達、自分の子供の夢を聞いたら、応援してあげてください。
『がんばれ』の一言だけでも大きな支えになります。
どうか、馬鹿にしないでください。笑わないでください。
小学生の私が言うのもなんですが、それだけはよろしくお願いします。

連載二回目・・・長々と失礼しました;;
それでは、また明日。

こんちわぁ 

March 28 [Wed], 2007, 15:06
本当は4月1日からやりたかったんだけど、暇なので超中途半端な日にしました。
私は誕生日の所を見てもらえるとわかるんですけど、4月から小6なんですよ。
なので夢はまだまだ遠い・・・
私の親友は漫画家目指してがんばってます。
まぁ・・・頭はいいのに、実際は馬鹿なんですよ・・・・w
どうしたことやら。(ぉぃ
あ、「なにこいつ、小6の癖に『w』とかつかってんの?」とか思ってる人も中にはいるはず。(見てたらね)
私これでもPC暦は長いんですよ。
幼稚園の年中ぐらいからワァプロいじってましたからw
小2辺りからまともに打てるようになりましたねw
あ、話が途中でかわってました;;
でわ戻るとしますか。
えとですね、私の学校は、生徒が少なく、ごくごく普通な小学校なんですけど、
結構才能ある人がいると思うんですね。
野球選手とか、歌手とか、モデルとか。
あとバスケ選手も、漫画家も。
だけど、その人たちはあきらめてるみたいなんです。
私から見て、あきらめるということは、『逃げる』という意味を持っていると思うんですよ。
なので、夢があればあるほど良いと思うんですけどね。
PCに向かってて、夢がなかった半年前ぐらいは「もうどうでもいいし」みたいな感じでした。
だけど、友達の将来の夢の話を聞いていて、少し気持ちが変わってきました。
なので、友達の将来の夢を応援すると決めました。
親友は、「漫画が書き終わったら『ジャンプ』に出す!」といっていました。
私は、このときに声優になろうという夢ができました。
「もし、親友の漫画が、『ジャンプ』で連載されて、アニメになったとき、主人公の声をやりたいな!」と
思ったのです。
親友の夢がかなったら、私の夢もかなうように願いたいと思います。

連載初日にこんなにかいてごめんなさい!
最後まで読んでくれてありがとうございました。
また明日も連載すると思うので(多分)よろしくお願いします。
でわでわ。
プロフ
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春奈
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1995年4月8日
読者になる
皆さん始めましてですね。
私は将来スタイリストか声優になりたいんです。
応援よろしくお願いしますね。
(ぁ、別にどっちでもいいですよ)
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメ
Yapme!一覧
読者になる